この連載について

BIMの新しい使い方の提案と解説を目指して、今回のテーマを「BIMをこう使う」とした。BIMをこう使えば設計時間を短縮できるという実利を求める話ではなく、BIMをこう使えば面白い、という内容にしていきたい。

シリーズ記事

  • *大塚商会では本稿で紹介している全ての製品を取り扱いしているわけではありません。
    お客様のご希望製品の取り扱いがない場合もありますのであらかじめご了承ください。

1.設計意図を伝える

設計図は建物を二次元で表現したものだ。この紙の図面を見て建物を頭の中で作り上げ、理解できるのは建築のプロだけだ。戸建て住宅やマンションの施主=クライアントが紙の図面を見て建物を理解することは難しい。外観やインテリアのきれいな宣伝用CGもいいが、建物の理解という意味では不十分だ。モデルハウスやモデルルームなどで体感してもらうのがいいが、どこでも手軽に体験できるわけではない。

設計者でも二次元の図面を見て頭の中に完全な3Dモデルを作り上げるにはそれなりのトレーニングが必要だ。本連載「設計者のためのリアルタイムレンダリング【BIMでつなぐ/第5回】」では設計者が使うツールとしてEnscapeというアプリケーションを紹介した。

設計者のためのリアルタイムレンダリング【BIMでつなぐ/第5回】

今回は設計者自身が自分のために使うのではなく、クライアントに建物を見せて設計意図を分かりやすく説明するツールとしてBIMxとTwinmotionを取り上げる。BIMxはArchicadの専用ツールだ。TwinmotionはArchicad、Revitとリンクできる。またArchicadユーザーでありVIPservice契約をしていれば、無償でTwinmotion 2020ライセンスを得ることができる。

ArchicadユーザーVIPservice契約者はTwinmotion 2020を無償で利用できる

GRAPHISOFT「Twinmotion and Archicad Direct Link」(GRAPHISOFT社のWebサイトが開きます)

2.BIMxで見せる

Archicadとつないで建物を見せるツールBIMx(ビムエックス)を紹介する。BIMxも本連載で何度か紹介してきたが、タブレットやスマートフォンの画面で3D表示された建物の中を歩くように移動でき、さらにその建物に二次元の図面を重ね合わせて見ることができるという便利ツールだ。Archicadは不要でBIMxアプリケーションをインストールするだけで誰でも使える。

今回は2021年2月にアップデートされたBIMx Desktop ViewerというWindowsやMacで使うことのできるバージョンを紹介する。ダウンロードは下記のWebサイトから行える。

GRAPHISOFT「BIMx Desktop Viewer」(GRAPHISOFT社のWebサイトが開きます)

設計者はArchicadでプロジェクトを作成し、BIMx用の「発行セット」を準備して、「ファイル」メニュー→「BIMx Hyper-modelを発行」を実行し、拡張子bimxのファイルを作成する。クライアントはBIMx Desktop Viewerでこのファイルを開くことができる。マウスやキーボードの操作で建物の中を歩き回り、階段を上がって2階に行き窓からの眺めを体験することもできる。設計意図を見せるという意味では十分だろう。

Archicadで「BIMx Hyper-modelを発行」

BIMx Desktop Viewerで建物内カフェを体験

3.Twinmotionで見せる

Twinmotionというリアルタイムレンダリングアプリケーションがある。ArchicadやRevitと直接リンクするダイレクトリンク機能もあるので、モデリングはArchicadで行い、家具、動く人物、植栽やマテリアルはTwinmotionで仕上げるという使い分けができる。BIMxと違って、二次元の平面図や断面図を表示させることはできないが、光の入り方や反射を再現したレンダリング表示ができ、よりリアルなウォークスルーを体験することができる。上のBIMxの画像と下のTwinmotion画像を比べるとその違いははっきりする。

Twinmotionで建物内カフェを表示

4.動画で見せる

Twinmotionからmp4形式の動画を作ることもできる。mp4形式の動画ファイルならたいていのコンピューターで再生することができる。3分間のテレビコマーシャルのように建築プロジェクトを見せるのもよいだろう。ただし動画にする場合はある程度のテクニックが必要だ。下手な動画にしてしまって、せっかくの建物のいいところを見せられずに逆の評価を受けてしまうという悲劇は避けたい。

まだまだ仕上がった動画ではないが、筆者の属するBIM LABOがサンプル動画を作成した。以下で見ることができる。

「動画サンプル(ガイドラインモデル)ver.3」(YouTubeのWebサイトが開きます)

筆者の考える、動画を作成するときに注意したい七つのポイントを次に挙げてみよう。

1.フライモードとウォークスルーは使い分ける

ドローンが建物の周りを飛んで建物を撮影しているのがフライモードで、地面を人が歩いている視線で撮影するのがウォークスルーだ。この二つのモードが切れ目なく混在すると気持ち悪い。モードが切り替わるところで0.5秒ほどの白や黒のブランクの画面を入れて、切り替わったと知らせる工夫が必要だ。

フライモードとウォークスルーモード

2.カメラは目の高さで

ウォークスルーモードで撮影するときに大事なのはカメラの高さだ。行き交う人物の目の高さとおおむね合わせておかないと、頭の上をカメラが通り過ぎるというおかしな感じになってしまう。筆者はTwinmotionで「視点高さ」を「1.5m」に設定している。

カメラの高さを1.5mにした表示

Twinmotionで「視点高さ」を「1.5m」に設定

3.カメラワークに注意

カメラを動かして建物を撮影する。ズームや左右へのパン、上下方向のチルトといった操作だ。そのときも人がしないような動作、例えば視線を横に向けたまましばらく走るというような画面は避けた方がいい。

またズーム、パン、チルトの動作の前後の間が大事だ。0.5秒でもいいので静止する画を入れて、静止画から動きのある動画、さらに静止画と遷移させることで、ずいぶん落ち着いた動画になる。

カメラを操作するスピードも大事だ。あり得ないほど高速で歩いたり、カメラを振り回したりするのは良くない。酔わないカメラワークは簡単なようでなかなか難しい。

4.場面に応じた登場人物

この画面、日本のカフェに見えるだろうか?多様性を表現するのも大事だが、登場人物の方に目が行ってしまって建物の方には目が向かなくなるのではないかと危惧している。

Twinmotion側で人物だけを全てホワイトモデルにしてしまうこともできる。点景としての人物をどのように動画で使うか、筆者にとってもこれからの研究課題だ。

登場人物は多様だが……

5.説明を仕込む

説明を字幕で入れる方法はオーソドックスだがつまらない。イーゼルに立て掛けたパネルなどの小道具で建物を説明するというように、建築内の小道具をうまく使う方法がスマートだ。

入り口に置いたパネルで説明

6.被写界深度で注目させる

映像表現で重要なのはボケだ。自然なボケで注目してほしい場所を指定することができる。この図ではメニューにピントを合わせて、背景の女性をぼかすように被写界深度を調整している。ここではカフェのメニューのままだが、ここにカフェの設計意図などを記載することで自然と注目させることができる。

Twinmotionで被写界深度の設定、どこにピントを合わせるかの設定ができるようになっているのでこの機能を上手に使いたい。

被写界深度設定でメニューにピントを合わせる

効果を使いすぎない

波打つ水面、風で揺れる葉、季節や天候の切り替え、線画での表示などTwinmotionではさまざまな効果や表現を使うことができる。ついこれらの機能を使おうとすることが多いのだが、使いすぎには注意しないといけない。

本来は建築を説明することが目的なのに、その使いすぎた効果によって背景や点景の方に気を取られて、建物は見ていないということになることもある。

Twinmotionで樹木に与えられる効果

シリーズ記事