2019年 8月21日

あのトピックの奥行きを知る! ニュースZ軸

クラウド管理型ネットワークは世界を変えるか?

クラウド Watch特約

近年、無線LAN機器向けを中心に、クラウド管理型のネットワークソリューションが提供されるようになってきた。

ネットワークに接続しているさまざまな機器をクラウド上で一元的に管理する仕組みにより、ネットワーク管理者の負担を軽減できるソリューションで、基本的にはWeb GUIからの操作で完結するため、これまでのネットワーク管理のように、オンサイトでPCを接続し、コマンドラインや設定ファイルを操作する必要はない。

その中でも断然高い注目度を持つのが、草分けともいえるソリューション「Cisco Meraki」(以下、Meraki)だ。本稿では、Merakiを中心にクラウド管理型ネットワークソリューションのメリットなどを解説する。

無線LANからスタートしたクラウド管理型ネットワークソリューション

ネットワーク製品の設定といえば、コマンドラインから設定を行うもの。そうしたイメージをお持ちの方はまだまだいらっしゃるだろう。しかし、法人向けの無線LANを導入する場合は、複数台の無線LANアクセスポイントを統合管理するための無線LANスイッチ(無線LANコントローラー)をLAN内に設置し、一括して管理するといったソリューションが当たり前になっている。

これは、複数の無線LANアクセスポイントを同一拠点内に設置する場合、無線のチャンネルや電波強度などを適切に設定しないと最適なパフォーマンスが得られなくなるし、SSIDや暗号化の設定なども管理する必要があるためだ。