2019年 9月18日

あのトピックの奥行きを知る! ニュースZ軸

進行する、ITシステムの“サービス化”

クラウド Watch特約

オンプレミス環境では利用したいITサービスをパッケージソフトのように購入するのが当たり前だったが、徐々に変わりつつある。オンプレミスでありながら、クラウドのように従量課金で利用できるサービスが注目を集めているのだ。本稿では、その最新状況を説明する。

ハードウェアをサブスクリプションで利用するという考え方

レノボは2019年7月、日本国内で「Lenovo TruScale Infrastructure Services」を発表、サービスを開始した。これは、サーバーなどオンプレミスに設置するデータセンター用ハードウェアを、サブスクリプション(月額課金制)で利用できるサービスであり、契約期間は3年~5年。米国では2019年2月に発表されていたものだが、それが国内でも利用可能になった。

このサービスでは、ビジネスニーズに基づき、必要とする容量のみを段階的に追加できるほか、契約期間中はハードウェアのアップグレードも可能。セットアップもレノボが行ってくれるので、ユーザー企業がITリソースを導入する必要はない。