業務システムを迅速に作成し運用できるクラウドプラットフォーム

サイボウズのkintoneを簡単に説明すると、「業務で利用するWebアプリを簡単に作成できるクラウドサービス」だ。

企業の中には、例えば営業部における案件管理や売上集計、サポート部門における顧客からの問い合わせ管理、マーケティング部門におけるアンケート集計、法務部門における契約書管理など、その部署やチームの業務にあわせてさまざまな業務が存在するが、その全てが必ずしもシステム化されているとは限らず、Microsoft Excelなどのスプレッドシートを利用している場合も多い。

これをシステム化しようとしても、従来のやり方では膨大な工数が発生し、すぐに開発することは難しかったが、kintoneを利用すると比較的手間をかけずにこうした業務アプリを作成できるとのこと。例えば、Excelで管理している契約書情報をクリック操作だけでkintoneに取り込み、アプリにすることが可能という。

Excelでの管理を行っている場合、最新版のファイルがどれか分からなくなってしまったり、二重に更新してしまったり、といったトラブルが発生しがちだが、kintoneを用いていったんシステム化してしまえば、常に最新版のオリジナルなデータを共有できるので、そういったトラブルも防止できる。

もちろん、アプリを一から作成することも可能で、用意されたフォームパーツをドラッグ&ドロップで組み合わせることにより、ノンプログラミングでアプリを自由に作成することが可能。さらにサイボウズでは、さまざまなサンプルアプリ(テンプレート)を提供するWebサイト「kintone アプリストア」を公開しており、自社の業務に適合しそうなものをそのまま利用したり、サンプルアプリを基にカスタマイズして利用したりすることができる。

kintoneが評価される理由は?

もちろん、業務アプリを簡単に作成・運用できるシステムがkintoneしか存在しない、というわけではなく、クラウドサービスであればFileMaker Cloud(クラリス・ジャパン)、Zoho Creator(ゾーホー)といったサービスが提供されているし、開発に専門知識が必要となるが、Salesforceの基盤を利用する企業も多い。

また、Excelの業務をそのままシステム化するシステムとしても、MagicLogic(ウイング)、楽々Webデータベース(住友電工情報システム)、IM-Spreadsheet(NTTデータ イントラマート)、Forguncy(グレープシティ)、CELF(SCSK)などが提供されており、枚挙にいとまがない。

しかし、kintoneがこうした競合製品と一線を画している点がある。それは、エコシステムの広がりだ。前述のように、kintoneを用いれば簡単にアプリを作成できるが、自社の業務に適合させたいと思っても、どうしても足りない部分が出てくる場合がある。

kintoneでは、さまざまなパートナー企業がエコシステムを構築しており、その結果こうした場合の解決策となる選択肢が豊富に存在するのだ。

まず、kintoneではJavaScriptやCSSファイルを設定画面から読み込むことで、カスタマイズを行えるようにしているほか、APIを利用し外部のサービスとデータ連携をすることもできる。こうした、kintoneの機能を拡張するための拡張機能(プラグイン)が既に100種類以上も、さまざまなISV(Independent Software Vendor)から提供されているのだ。

例えば、RepotoneU(ソウルウェア)やプリントクリエイター(トヨクモ)といった帳票機能を提供するプラグイン、krewDashboard(グレープシティ)のように複数アプリのデータをダッシュボードとしてリアルタイム表示するプラグイン、Boxと連携して大容量ファイル管理を実現するためのクラウド連携プラグイン for Box(M-SOLUTIONS)などが挙げられるだろう。

なお、プラグインには単機能のものが多く、それだけでは一部機能を拡張することしかできなかったりもするが、エコシステムの広がりを示す例として、プラグインを提供する企業同士が協業し、ユーザー企業に対してより利便性の高い使い方を提案する、といったことも行われるようになっている。

また、やはり既成のプラグインでは間に合わず、kintoneアプリのカスタマイズをユーザー企業が自ら行わなければならないケースもあるだろう。こうした場合には本来、JavaScriptによるプログラミングが必要になるが、アールスリーインスティテュートのgusuku Customineを利用すると、kintoneのカスタマイズをGUI環境から行えるため、プログラミングの知識がなくとも、kintoneアプリに手を入れ、より自社の業務に適したシステムへと改善することが可能になっている。

一方では、SIの分野でも、kintoneの持つ開発生産性の高さを生かし、「来店型」「その場でモックアップ」「定額料金制」「短納期」といった新しいSIビジネスモデルも生まれているという。

kintoneに特化した企業のサービスとしては、ジョイゾーの「システム39」などが代表例だが、幅広くビジネスを展開している大塚商会のような企業でも、アジャイル型開発支援サービス「お客様の『これが欲しい!』にこたえる訪問開発サービス」を提供している。

従来のような、「工数による見積り」「複数訪問(あるいは常駐)」「高額」なSIが、kintoneによって形を変え、より手軽なものになりつつあるといえよう。

米国向けはAWSを基盤として採用

なお、kintoneはシステム部門でなくとも簡単に業務アプリを作れ、すぐに利用を開始できるといった特徴が評価され、子会社kintone Corporationを通じたkintone.comとして、米国でも展開されるようになっている。

しかし米国向けに関しても国内向けのサービスと同様、日本のクラウド基盤からサービスを提供していたため、現地のデータセンターやオペレーションを求める声が増えてきたという。

日本企業が海外のクラウドサービスを利用するようになると、日本のデータセンターからのサービス提供を求める声が強くなるが、kintoneについても同じようなことが海外で起こった、といえるだろう(立地は逆だが)。

そこでサイボウズでは、米国向けkintoneの基盤としてAmazon Web Services(AWS)を採用。2019年9月9日以降に使用を開始するユーザーには、米国のAWS上で構築した環境を提供するようになった。

サイボウズでは、米国内のAWS環境からサービスを提供することにより、米国ユーザーのセキュリティニーズを満たしつつ、より高いパフォーマンスを実現できるとアピールしている。

こうして、日本のみならず海外でも展開を強化しているkintoneと、その周囲にあるエコシステムは、これからも注目すべきサービスと言えそうだ。