2019年12月 4日

あのトピックの奥行きを知る! ニュースZ軸

RPAで実現する業務効率化

クラウド Watch特約

RPA(Robotic Process Automation)とは、ルールエンジンやAI、機械学習などの技術を活用したソフトウェアロボットが、パソコン上のルーティンワークを自動的に代行してくれるソリューションのことだ。まったく同じ意味ではないが、デジタルレイバー(仮想知的労働者)とも呼ばれることがある。

本稿では、このRPAについて解説する。

RPAとは?

日常的に多くのオフィスでは、さまざまなデスクワークが行われている。例えば、営業からExcelファイルで送られてきた商品情報を基幹システムの商品マスターへ登録する、といったように、単純だが日々継続して行われる、かつ業務量の多い定型業務は企業の中にそれこそ山のように存在するだろう。

こうした業務を効率よく自動化することで、労働生産性を向上させようという取り組みの一つとして、今、RPAが注目されている。

協力メディア

クラウド Watch

クラウド関連サービスや製品など、クラウドコンピューティングに関する最新情報を毎日配信。キーマンへのインタビューや海外の技術動向、イベントレポートなども配信します。(http://cloud.watch.impress.co.jp/)

2,000の専門分野に対応! AI自動翻訳を無料でお試し

T-4OO(ティーフォーオーオー)は、医療・医学・医薬・化学・IT・法務など2,000の専門分野のドキュメントを「最大精度95%=プロ翻訳者に匹敵する正確さ」で自動翻訳することができるクラウドサービスです。

T-4OO(Translation For Onsha Only)

※大塚IDとは

大塚IDとは、大塚商会がWebで提供する便利なサービスをご利用いただける無料のIDです。ビジネススキルアップや業務に役立つさまざまなサービスをご用意しています。当社とお取引のないお客様でも気軽にご登録いただけます。

大塚ID新規登録(無料)

ページID:00190998