Anthosとは何か?

Anthosは、2018年に発表された「Cloud Services Platform」をリブランディングして一般提供(GA)を開始したものだが、具体的にはどこまでを含むものなのだろうか。GKEやGKE On-Premを管理するツールやサービスのことなのか、GKE On-Premも含むのか、GKEも含むのか。Anthos発表直後、グーグル・クラウド・ジャパンの佐藤聖規氏(カスタマーエンジニア 技術部長)は、この質問に対して、それら全てを含むと回答した。つまり、「GKEを中心とした、コンテナでサービスするところに必要なプロダクトの集合体」だと理解すればいいという。

ベースとなるのは、GKEやGKE On-Prem、他社クラウドを含め、マルチプラットフォームで使えるコンテナ管理機能だが、現在ではAnthosブランドのコンポーネントが広がっており、クラスター管理機能である「GKE Hub」、ポリシー管理を担当する「Anthos Config Management」、フルマネージドサービスメッシュの「Anthos Service Mesh」、サーバーレスコンテナ向けの基盤「Cloud Run for Anthos」などもファミリーに含まれている。

さて、Anthosを利用するメリットは何かというと、クラウド、オンプレミスを問わず、対応するインフラ上にマイクロサービスがデプロイされていれば、Anthosを通じて統合管理を行える点だ。マイクロサービスの状態や通信のレイテンシー(遅延)を確認したり、サービスの相関関係をビジュアルで確認したり、サービスのSLO(Service Level Objective)の確認や設定を行ったりすることができる。

また、Anthosの基盤であるGKEやGKE On-Premは、Google Cloudがマネージドサービスとして提供するため、ユーザーはその部分に気を遣う必要がなくなるという。

こうした特長から、AnthosのライセンスモデルはこれまでのGCP(Google Cloud Platform)のような従量課金のライセンス体系ではなく、Google Cloudからサブスクリプションライセンスを購入する形となった。細かく分けると、ハイブリッドクラウドを対象とした「Anthos Hybrid」と、GCPのみを対象とした「Anthos on GCP」がラインアップされているとのことだ。

ただし、Anthosが開発された理由として「ハイブリッドは正しい姿。企業は多数の既存のシステムがあり、全てクラウドというのは現実的ではないという考え」と説明されているように、そのメリットを最大限に生かすのであれば、オンプレミスを含めた多様なインフラを利用している方が望ましいといえる。

発表時にも、オンプレミスを含むハイブリッドクラウド基盤であるため、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)や、ネットワークセキュリティ、ユーザー企業のシステム構築など、さまざまな分野のパートナーとエコシステムを組むことができると説明されていたが、既に多数のパートナーが参加しているとのこと。

例えばシスコは、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)のHyperFlexや、SDNのCisco ACI、ネットワークセキュリティのCisco Stealthwatch Cloud、SD-WANのCisco SD-WAN などとAnthosを連携させると説明している。

また、VMwareやDell EMC、HPE、Intel、Lenovoは、HCIでAnthosを提供するほか、AccentureやDeloitteなどは、顧客企業へのAnthosの導入を支援するサービスやソリューションを提供するという。

NTTコミュニケーションズが日本のパートナーとして参画

国内でもAnthosのパートナーとして唯一、NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)が挙がっており、NTT Comからもすぐに、GKE On-Premと、同社の企業向けクラウドサービス「Enterprise Cloud」の連携について検証中であるとの発表が行われた。ベアメタルサーバーにGKE On-Premを載せた形でサービスを提供する予定だという。

また、データセンターサービス「Nexcenter」もGKE On-Premを提供し、VPNサービス「Arcstar Universal One」も組み合わせて、フルマネージドサービスを提供する。

さらに、顧客企業のデータセンターに張り出す(延伸する)サービスも考えているという。例えば、工場などの企業エッジにKubernetesを設置する際にGKE On-Premを設置してArcstar Universal Oneで接続し、一括管理するというイメージだ。

そのほか、NTT Comの社内システムにおいても、AnthosのGKE On-Premを採用する予定とした。デジタルトランスフォーメーション(DX)に向けて、開発をウォーターフォールから切り替えるにあたり、コンテナベースのプラットフォームとして利用する。

同社によれば、現在、顧客からコンテナプラットフォームに関しては高い関心が寄せられているものの、コンプライアンスなどの問題もあり、オンプレミスの引き合いが強いという。そこでGKE On-PremとAnthosを利用すれば、セキュアかつGoogleの先進的なプラットフォームをオンプレミスで利用できるというわけだ。

なおNTT Comからのサービス発表はまだだが、既に日本でもAnthosを活用するユーザーが表れている。2020年1月に行われた国内のイベント「Google Cloud Anthos Day」では、Anthosのユーザーとして、株式会社JR東日本情報システムが登壇。同社では採用の理由として、高可用のコンテナ基盤をハイブリッドクラウドやマルチクラウドで利用でき、それらを一元管理できることを挙げている。

具体的な利用方法としては、GCP上のGKEで開発環境とテスト環境、本番環境を、またAnthosのGKE On-Premで技術環境をそれぞれ動かして、四つをAnthos Config Managementで集中管理しているという。また、開発のソースコード管理とCI/CDにはGitLabを利用しているほか、コンテナイメージにはGCPのContainer Registryを用いて、オンプレミスとクラウドはCloud VPNで結んでいるとのことだ。

Anthosはまだまだこれからのサービスといえるが、コンテナ自体は既に、アプリケーションとそれを動かす企業インフラの在り方を大きく変えている。

例えば、ハイパーバイザーで大きなシェアを持つVMwareも、Kubernetesに大きく注力するようになった。2020年3月に国内でもアップデートが発表された「VMware Tanzu Portfolio」は、Kubernetesを中心としたモダンアプリケーション統合基盤だが、同社では、vSphereやvSAN、NSXなど、現在もVMwareを支える技術と同等、あるいはそれ以上にKubernetes/Tanzuの存在感をアピールするようになっている。

一方で、企業が利用するインフラは既にオンプレミスだけでもクラウドだけでもなく、ハイブリッドクラウド/マルチクラウド化しているのはご承知のとおりだ。

こうした潮流はしばらく止まりそうになく、コンテナとハイブリッドクラウド/マルチクラウドという現在の大きな「流れ」を踏まえているAnthosは、今後も大きな注目を集めていくだろう。