目指せ! モバイルマスター、けれどバッグは超重量。

ビジネスの効率化において、今や欠かすことのできないものとなったモバイル活用。でも、そのモバイル、本当に有効活用できていますか……?

スマホ、タブレット、ノートPC、そしてバッテリーを常に持ち歩く私。もしかしてモバイル活用の仕方、間違ってます…?

私はモバイルマスター(注)を目指す者。いつ、どこで、どのモバイルが必要になるか分からないから、常に全てのデバイスを持ち歩いているの。

だけどバッグが超重いのよね。とは言え、この重量は勲章のようなものだし我慢せねば……。あーあ、初めはモバイルを活用すればもっとスマートに仕事ができると思っていたのに、何だかイメージしていたのと少し違うな…。

  • (注)モバイルマスター/モバイルを巧みに使いこなすことで仕事をスマートに展開し、成果を上げるビジネスマン。

モバイルの特性を知る。適材適所で使い分けるべし!

全てのモバイル端末を使い道もなく常に持ち歩くというのはちょっとムダです。

いつでも、どこでも仕事ができるというのがノートPC、タブレット、スマートフォンなどのモバイル端末を利用するメリットです。でも、いつ、どこで、何のためにモバイル端末を使っているのか、仕事のスタイルをよく見直してみれば、全部のデバイスを持ち歩かなくても、機器の特長を生かして使い分けができるはず。

見極めのポイントは「外出先でモバイルを使ってやらなければいけない仕事は何か?」、「会社に戻ってからでもできるけれども、外出先でこなせれば効率が大幅にアップする仕事は何か?」ということ。

取捨選択。これぞデキるモバイルマスターへの第一歩!

例えば、電車の中などの移動中に、スケジュールやメールを確認するだけなら、軽くて小さな画面のスマートフォンが最適です。しかし、あらかじめ会社のパソコンで作成した資料を使って、顧客にペーパーレスなプレゼンテーションをしたり、電子カタログを見せる場合や、受注票の作成などの、簡単ではあっても入力作業がある場合には、もう少し画面が広くて見やすいタブレットの方が便利でしょう。業務用アプリケーションを使って、単一業務をこなす場合も、タブレットで十分です。

つまり、外出先でのモバイルの使い方が「自分が画面を見ること」だけであれば、スマートフォン1台でもOK。「画面を見ること+見せること」や「簡単な入力」を中心としたものになるなら、ノートパソコンに比べて薄く、軽く、起動が速くて、画面が大きなタブレットと、スマートフォンとの組み合わせが適しています。

一方、出張などが多く、長い文章の入力や修正、複雑なデータの作成といった作業を社外で行うことが頻繁にあるなら、タブレットでは力不足です。オフィスでも外出先でも入力作業が多い場合や、ワープロ、表計算ソフトを使ったりする場合は、入力用のキーボードを備え、マウスも接続できるノートPCの方が適しています。

まとめると、「自分が画面を見る」だけならスマートフォン。「相手に画面を見せる+簡単な入力」ならタブレット。「長文や複雑な入力」ならノートPCが最適ということになります。

最近では、タブレットと高性能な小型ノートPCの特長を兼ね備えた、ハイブリッドPCも登場して、最近注目を集めています。キーボードと本体部分が簡単に取り外しでき、本体部分は指によるマルチタッチ操作ができるタブレットとしても活用できます。

それぞれのモバイルの特性をよく理解し、その日の行動に合わせて、携帯する端末を取捨選択するのが、デキるモバイルマスターへの第一歩なのです。さらに…

リモートアクセスで、さらに広がるモバイル活用!

モバイル活用は、さまざまなサービスと上手に組み合わせることで、さらに便利になり、活用の幅を広げることができます。

例えば、ファイルの同期・共有やグループウェア、業務アプリケーションをクラウドで提供するサービスは、モバイル活用にもピッタリ。スマートフォンやタブレットは軽く持ち運びがしやすい分、複雑な作業のほか、大量のデータを高速で処理することには向いていません。そのような複雑で負荷の大きな処理はクラウドサービスに任せることで、リアルタイムに情報収集ができるスマホやタブレットのメリットを引き出し、ノートPCの重さからも解放してくれます。

また、モバイルを活用する際に大塚商会がおススメするのはリモートアクセス。

機密性の高いデータは社内LANの外には出さず、クラウドサービスではなく社内のシステムを利用している、という会社も多いことでしょう。リモートアクセスサービスを導入すれば、外出先からでも社内システムやネットワークにアクセスして、見積りの作成や在庫確認など、販売・会計・人事給与といった機密性の高いデータにアクセスして、参照・加工することができます。

外出先でもスマートワーク。目指せ、モバイルマスター!

ほかにも、オフィスにある自分の席のパソコンを外出先から遠隔操作する、リモートデスクトップが実現できるサービスがあります。タブレットやノートPCで、オフィスのパソコンと同じ画面を開いて、自席にいるときと同じように操作することができるのです。

リモートアクセスでは、作業するモバイル端末自体にはデータを残さないので、万が一端末を紛失したとしても、情報漏えいが防げて安心。セキュリティを守って外部から安全に社内環境にアクセスできる、さまざまな機能もサービスの中で提供されています。もちろん、ノートPCやハイブリッドPCだけでなく、タブレットやスマートフォンなどのマルチデバイスで接続できるサービスも用意されています。

インターネットに接続できる環境があれば、リモートアクセスを利用して、場所や端末の制限を受けずに、社内でやっていた仕事のほとんどを行えるようになって、とっても便利! 効率的に時間を使えます。

モバイル活用で仕事の幅をさらに広げて、目指せ、モバイルマスター!

さらにモバイル活用に役立つ資料をダウンロードいただけます。

資料では、モバイル活用の幅がさらに広がる、便利で安心・安全なソリューションをご紹介します!

大塚IDでログイン後に、資料ダウンロードができます。

資料をダウンロード(無料)

大塚IDの
ご登録でますます便利に!

大塚IDをご登録いただくと当社サイトで提供している便利なサービスがご利用可能となり、ビジネスに役立つおすすめ情報なども表示されます。

  • * 掲載コンテンツの著作権は、株式会社大塚商会に帰属するものとし、掲載記事については事前の断りなく、掲載予定の中止もしくは記事の削除を行うことがあります。掲載時点の情報であり、その後の法改正、ソフトの変更等により、ご覧いただく時点の内容と異なる場合がございます。