ウイルスの脅威を防ぎ、安全なオフィスにしよう

PCのウイルス対策まで気が回らずに、ついつい後回しにしてしまっていませんか。企業PCがウイルスに感染すると、被害は個人にとどまりません。またウイルスは日々進化を続けているため、一度の対策だけでは不十分です。ウイルスの脅威を防ぐポイントを、オーツカさんと一緒に確認しましょう。

ウイルス対策ソフトの更新が、個人任せになっている?

社長
ウイルス対策ソフトって、かなり頻繁にアップデートのメッセージが表示されるね。
ヨシコ
けっこう面倒なので、忙しいとついつい後でやろうってことも多いですよね。
社長
もしかすると、アップデートしていない社員もいるんじゃないか?
ヨシコ
ウイルス対策に、Windows Update……作業は各スタッフ任せですから、社として把握は……

オーツカさんのアドバイス

ウイルス対策ソフトは、ウイルスに関する最新の情報をデータベースにして、そのデータを基にウイルスのチェックを行います。このデータベースが古いままだと、最新のウイルスを見逃す可能性が高くなります。そのため、ウイルス対策ソフトは常に最新の状態にする必要があるのです。

ワンコイン・ビジネスセキュリティサービス 1カ月間無料体験

大塚商会の「ワンコイン・ビジネスセキュリティサービス」は、対象となる社内のPCとスマートデバイスを一元管理できるSaaS型セキュリティサービスです。個人任せになりがちなウイルス対策ソフトのアップデートや、Windows Updateを自動的に行い、実施漏れの心配がなくなります。

ワンコイン・ビジネスセキュリティサービス

  • * お申し込みには大塚IDが必要です。

PCのウイルスチェックだけで、安心できるの?

社長
ところで、ウイルス対策ソフトがインストールされているからといって、安心していていいのかな?
ヨシコ
最近、大企業でも標的型攻撃メールで大きな被害を受けていますしね……。
社長
標的型攻撃メールには、どんな対策が必要なんだろう?
ヨシコ
ウイルス対策ソフトとは別の仕組みも必要だって聞いたことがあります。

オーツカさんのアドバイス

標的型メールは、ウイルス対策ソフトだけは、防御しきれないといわれています。そこで注目されているのが、UTM(Unified Threat Management:統合脅威管理)です。外部からの不正アクセスを防ぐ入口対策と、不審なサイトへの通信を防ぐ出口対策を兼ね備え、統合的なセキュリティ対策を実施できます。

もしかして、既にウイルスに侵入されているかもしれない……?

社長
ということは、UTMを導入していないわが社は、知らないうちに見えない脅威に感染している可能性もあるってこと?
ヨシコ
こわいです。分からない、というのがなおさら怖いですね。
社長
わが社の現状がどうなっているかを調べる方法はないのかな?
ヨシコ
オーツカさんに聞いてみますね。

オーツカさんのアドバイス

そういう場合には、大塚商会の「標的型攻撃ボットネット簡易検診サービス」がお役に立ちます。これは、お客様のネットワークに調査用サーバーを数日間設置し、ウイルスの活動の有無、外部への不正と思われる通信の有無、疑わしいファイルのダウンロードなどを解析・レポートするものです。自社の現状把握に役立ちます。

ランサムウェアには、どんな対策が必要なの?

社長
ランサムウェアの被害も、ニュースで話題になっているね。
ヨシコ
会社のデータを勝手に暗号化して使えないようにして、「身代金」を要求してくるウイルスですね。
社長
会社のデータを「人質」にするわけだな。確かに、元に戻らなかったら、業務に大きな影響がでるね。
ヨシコ
でも、簡単には元に戻せないみたいですよ。
社長
じゃあ、いったいどうすればいいんだ? 身代金なんて、払えないぞ。

オーツカさんのアドバイス

身代金を払わないためには、たとえランサムウェアに感染しても被害を最小限に抑える仕組みを持っておくことが重要です。そのためには、こまめにデータをバックアップしておき、すぐに感染直前の状態に戻せるよう備えておくことです。ウイルスを侵入させないことはもちろん重要ですが、日々サイバー攻撃が巧妙化している今日においては、万が一侵入されたときの対応も考えておく必要があります。

さらに詳しい資料をご用意しています。

ウイルス対策について、さらに詳しい情報を紹介した資料「セキュリティ担当者がいなくても安心!ウイルスの脅威から会社を守る」はいかがですか? ぜひ、ご一読ください。

大塚IDでログイン後に、資料ダウンロードができます。

資料をダウンロード(無料)

大塚IDの
ご登録でますます便利に!

大塚IDをご登録いただくと当社サイトで提供している便利なサービスがご利用可能となり、ビジネスに役立つおすすめ情報なども表示されます。

  • * 掲載コンテンツの著作権は、株式会社大塚商会に帰属するものとし、掲載記事については事前の断りなく、掲載予定の中止もしくは記事の削除を行うことがあります。掲載時点の情報であり、その後の法改正、ソフトの変更等により、ご覧いただく時点の内容と異なる場合がございます。