ビジネスお役立ち情報 > ビジネスColumn

ビジネスColumnビジネスColumn CADを利用して設計を行う際に必要なノウハウを紹介。

ビジネスColumnのトップへ

クラウド・コンピューティングは
基幹システムを刷新する可能性を持つか

サーバによる一極集中型ではなく、多数のサーバを配した分散型によって処理向上を目指すクラウド・コンピューティング。ビジネスへの活用が始まっているが、企業の基幹システムとして利用するには、どこまで可能性があるのだろうか。

雲のように実体があるようでない?
クラウド・コンピューティングの仕組み

クラウド・コンピューティングとは、インターネットのネットワーク全体をクラウド(Cloud=雲)と呼ぶことから名付けられたコンピュータの利用環境であり、利用形態だ。つかみどころのないことを「雲をつかむような」と例えるが、このクラウド・コンピューティングも、個々のマシンといったコンピュータリソースがどこにあるか分からない、もしくは問題とせず、全体をリソースとして活用することから由来している。

クラウド・コンピューティングでは、インターネット上に接続されたコンピュータリソース(ハードウェア、ソフトウェア、データ)を、ユーザはそれがどこにあるかを意識することなく利用できる。インターネットに接続できさえすれば、後はアプリケーションなどの多様なサービスをいかに活用するかだけを考えればよい。コンピュータリソースを電気・水道・ガスのような公共インフラとして利用する、という見方もできる。

従来、ネットワークは単にデータやメッセージの流通経路であり、個々のコンピュータこそが、データやメッセージを作成・編集する主役だった。これに対してクラウド・コンピューティングは、インターネットのバックヤードにあらゆるリソースを集約することによって、ネットワークこそがデータやメッセージを作成・編集する主役になる、というパラダイムの転換を行った。これによって、ユーザはマシンの性能や構成といったことを気にせずに、サービスを利用することへ集中できるようになる。

既存のシステムやサービスとの類似と相違
キーワードは「リソースのブラックボックス化」

クラウド・コンピューティングが登場した背景には、急激に増大するITリソースの需要をコンピュータの増設で賄っていては予算が追い付かず、低コストで解決したいというニーズがある。また、めまぐるしく変わる経営環境に対して、社内のIT環境をたびたび変更していては迅速な対応が難しく、競合他社に取り残されてしまうという危機感もある。

こうした課題を解決するには自社のコンピュータリソースを基盤に、グリッド・コンピューティングや仮想化技術、また、SOA(Service Oriented Architecture)の活用によって柔軟に対応することが可能だ。自前でシステムを構築するため、自社の持ち味や強みなどを発揮しやすいものにはなるが、開発やメンテナンスにはベンダーの協力も必要となり、コスト負担も大きい。

そこで自社でシステムを所有せず、システム基盤をアウトソーシングしたりASP(サービスプロバイダからアプリケーションの提供を受ける)を利用してビジネスを遂行することもでき、最近ではインターネットに接続して各種サービスを利用できるSaaS(Software as a Service)も登場している。では、それらとクラウド・コンピューティングとはどう違うのか?

例えば、グリッド・コンピューティングや分散コンピューティング、そしてASPは、「複数のコンピュータを駆使する」「必要に応じてサーバやストレージ(大容量記憶装置)などのリソースを共用する」「ネットワークを介してサービスを利用する」などの点でクラウド・コンピューティングと共通する。しかし1点、「これらリソースがブラックボックス化され、隠匿されている」ことが大きく違うのだ。逆に言えば、グリッド・コンピューティングや分散コンピューティング、ASPもインターネットのバックヤードにしまわれブラックボックス化されれば、クラウド・コンピューティングとして扱うことができる。


クラウド・コンピューティングではリソースがブラックボックス化している

現状は可用性と品質保証が課題
基幹システムへの適用は補完から

企業の基幹システムはビジネスを推進する上で不可欠の基盤であり、システムの停止はビジネスの停止に直結する。システム停止は金銭的に大きな損害を被るだけでなく、社会的な信用失墜にもつながり深刻なダメージが予想される。従って、基幹となるシステムには何よりも高い可用性とバックアップが求められ、同時にビジネスをスムーズに遂行するための高いサービス品質も求められる。

自社システムやアウトソーシングのシステムであれば、システムの二重化を行って冗長化を施したり、負荷分散によってサービス品質をコントロールするなどできる。万一障害が発生した場合でも、原因の究明や復旧に迅速な対応をとることも可能だ。もちろん、コストとの兼ね合いになるが、可用性とサービス品質という点に関して、企業は能動的に行動することができる。

一方、クラウド・コンピューティングは、システムインフラをインターネット上でブラックボックス化することによりメンテナンスなどの手間がかからず、利用が簡単になる反面、障害発生時の原因と復旧の目途もブラックボックスとなってしまう。雲の向こう側に何が存在し、何が起こっているのかはうかがい知ることができない。インターネット接続が遮断されるなど万一の状態を考慮して、現在のところでは、ほとんどのクラウド・コンピューティングのベンダーはシステムの可用性を保証しておらず、サービス品質保証契約(SLA)もほとんどない。

企業の基幹システムとしてクラウド・コンピューティングの採用を検討する場合、可用性とサービス品質の確保を心配する声は多い。今はまだ大規模な基幹システムを完全にクラウド・コンピューティングへ置き換えることはリスクが高いが、電子通販のような一部業務での利用は十分に考えられる。今後は、基幹システムを補完する利用法から、徐々に企業を支える技術へと発展していくのではないだろうか。

(掲載:2008年10月)

企業のITセキュリティ講座