ビジネスお役立ち情報 > ビジネストレンド特集

ビジネストレンド特集ビジネストレンド特集 CADを利用して設計を行う際に必要なノウハウを紹介。

ビジネストレンド特集 のトップへ

「速い・軽い」「使いやすい」「安心・安全」待望のWindows7が日々の業務を改革する!

マイクロソフトの最新OSであるWindows 7が2009年10月22日いよいよ発売開始された。Windows 7には、「速い・軽い」「使いやすい」「安心・安全」という3つの大きな特長がある。ひと言で表現するならば、「Windows XPよりも軽く、Windows Vistaよりも使いやすいOS」なのだ。前評判の良さから、企業ユーザの注目度も高い。実際、Windows XPを導入している企業の大半が、ハードウェアのリプレイスと合わせてWindows 7への移行を検討しているというデータもある。今回の特集では、大きな進化を遂げたWindows 7の優れた特長や特筆すべき新機能などを詳しく紹介しよう。

待望のWindows 7が発売、PCをリプレイスする好機

大塚商会が9月から全国各地で開催しているビジネスソリューションフェア(以下、BSF)でも、Windows 7は最も注目を集めている。とりわけ、仮想環境(バーチャルPC上)でWindows XPを起動し、Windows XP互換のアプリケーションが利用できる「Windows XP Mode」に対する関心が高い。というのも、Windows 7への移行を検討している企業の約9割が、Windows XPからの切り替えを希望しているからだ。前期OSのWindows Vistaは処理スピードが遅くなるといったネガティブなイメージが先行してしまったため、前評判の高いWindows 7に対する期待は大きい。特に2000年問題で導入したハードウェアのリース切れや老朽化の時期と一致するので、ハードウェアのリプレイスと合わせてWindows 7に移行するケースが多いのが実情だろう。言い換えれば、これまで景気の低迷などにより、タイミングを計っていた企業にとっては、Windows 7の登場はハードウェアのリプレイスのきっかけとなる。

とはいえ、Windows 7が必要とするハードウェアのスペックは、Windows Vistaとほぼ同レベルなので、比較的新しいハードウェアを使っている企業であれば、OSをWindows 7へ移行するだけで、そのメリットを十分享受することができる。しかも、大塚商会がBSFで最新のハイスペックマシンと、4年程前に発売されたロースペックマシンでWindows 7動作状況の比較テストを行ったところ、若干のレスポンス差があるものの問題なく快適に稼働した。ハードウェアのスペックに依存することなく、優れたパフォーマンスを発揮することも、Windows 7の特長なのだ。

↑ページの先頭へ戻る

【速い】アプリケーション起動や検索など、業務処理スピードが大幅に向上

Windows 7は、必要最小限のサービスだけを優先的に開始するのでPCの起動時間が、Windows XPに比べて約15%も高速化する※。アプリケーションの起動時間やインターネットへのアクセスも速くなるため、日々の業務がスピーディに行える。

さらに、高い精度ですばやく目的の情報にたどり着けるよう検索機能も強化されている。ローカルディスクやネットワーク内サーバのファイルはもちろん、Webコンテンツに対しても統合的にサーチでき、Windows 7から標準搭載されたWindows Search4.0によって、目的のファイルへのアクセスが格段に速くなった。検索結果はファイル名だけでなく、検索キーワードが一致した部分をハイライト表示した概略も表示される。加えてプレビュー機能を使えば、アプリケーションを立ち上げなくともファイルの内容を確認できるうえ、プレビュー機能で表示された文字列をコピーすることも可能なので、資料作成などの作業が手際よく行えるだろう。

また、顕著な改良が加えられた新しいタスクバーによってファイルへのアクセスの形態も変わってくるだろう。例えば「サムネイルプレビュー機能」によりタスクバーのアイコンにマウスを重ねるだけで、ファイルのサムネイルが画面上に縮小表示され、ファイルの中身もすばやく確認できる。アプリケーションによっては、サムネイル画面でのファイル操作も可能だ。タスクバーに並んだアイコンを右クリックすると〔最近使ったもの〕〔いつも使うもの〕としてファイルの履歴が表示される「ジャンプリスト」も便利だ。

※ 2009年5月マイクロソフト調べ(計測PCのスペック:Core2Duo 2.4GHz、メモリ2GB)

図1 効率的に目的の情報に辿り着く、すばやい検索と使える結果表示

→ 印刷用図版(PDF 2,389KB)

↑ページの先頭へ戻る

【使いやすい】新機能「Aero Snap」などで使いやすさが断然アップ

Windows 7は、使いやすさも考慮されている。BSFのデモで注目を集めたのが、Windows 7に追加された「Aero Snap」と「Aero Shake」だ。「Aero Snap」は、アプリケーション・ウィンドウのタイトル部分をマウスで掴み、そのままデスクトップの右端や左端にドラッグすると、そのウィンドウが自動的に画面の半分の大きさになって全体表示される。例えば、ExcelとWordの文書をデスクトップ上に並べて、資料を作成する時などに重宝する。

一方、「Aero Shake」はアプリケーション・ウィンドウのタイトルバーをマウスで掴み、それを左右に2〜3回振ると、他のアプリケーション・ウィンドウが瞬時に非表示になり、タスクバーに最小化される。再びまとめて表示したい場合は、もう一度タイトルバーをシェイクするだけだ。最近のディスプレイは表示サイズが大きく、ワイド画面も浸透してきたことから、デスクトップに多くのアプリケーション・ウィンドウを立ち上げる傾向にある。Aeroシリーズのようにデスクトップを思い通りにすばやく操作できる機能は、業務進行に大きな効果をもたらす。

さらにWindows 7には、問題ステップ記録ツール「Problem Step Recorder」が新たに実装された。これは実際にユーザが行った操作手順を記録し、レポートを自動的に作成するツール。操作手順に従ってスクリーンショットを順番に並べ、マウスでクリックした場所や作業内容のコメントも記録される。例えば、コンピュータ操作でトラブルが起きて解決できない場合、その操作手順をシステム担当者やサポートベンダーに伝える際に効果を発揮する。従来のように口頭で説明しなくても、具体的にどのような作業を行ったのか一目でわかる。また、社内教育用のマニュアル作成にも役立つだろう。

話題の「Windows XP Mode」では、Windows XPで稼働していたクライアント/サーバシステムやWebアプリケーション、あるいは、Visual Basicなどで独自に構築したシステムなどを継続して活用できるメリットがある。これにより、レガシーのシステムと最新OSのアプリケーションを同時に利用できる環境が整うのだ。その際、アプリケーション・ウィンドウのみがデスクトップ上に表示されるので、エンドユーザは仮想環境を意識することなく、従来のアプリケーションを自然な形で使用できる。しかし、仮想化技術対応のCPUが必要だったり、仮想化環境特有のファイルの保存方法など、「XP Mode」の利用にはいくつか注意事項があるので、詳しくは大塚商会の営業担当にお問い合わせいただきたい。

↑ページの先頭へ戻る

【安全】セキュリティ機能も一段と強化。総合的な対策を実現可能にする

Windows 7には、一般ユーザ向けの《Ultimate》と《Home Premium》、ネットブック向けの《Starter》、企業ユーザ向けの《Enterprise》と《Professional》の5つのエディションが用意されている。このうち、企業ユーザ向けの《Enterprise》は、《Professional》のすべての機能を備えているうえ、高度なセキュリティ機能を実装している。

例えば「BitLocker To Go」ではHDDはもちろん、USBメモリなどのストレージデバイスに保存するデータも手軽に暗号化できる。従来、USBメモリを暗号化するためには、別途セキュリティツールを購入する必要があったが、その機能を標準で備えているのだ。

同じく《Enterprise》ならではの管理ツール「AppLocker」では、特定のアプリケーションの実行をユーザごとに許可・不許可で設定できる。アプリケーションのバージョンや電子署名による利用制限もでき、詳細な設定が可能だ。また市場には指紋リーダを内蔵したPCが増えているが、Windows 7には「Windows生体認証フレームワーク(WBF)」が追加された。これにより、ユーザは指紋認証でログオンするだけで、管理者が設定したユーザアカウント制御に則った認証が行われるので、PCに詳しくないユーザのセキュリティも確保できる。「BitLocker To Go」と「AppLocker」、「WBF」どれもグループポリシーにより企業全体のPCを制御することができ、コンプライアンスの強化に寄与する。

図2 Windows 7 5つのエディション

→ 印刷用図版(PDF 569KB)

↑ページの先頭へ戻る

データ移行作業も含めて支援。MSに強い大塚商会へ

Windows 7は『Windows Server 2008 R2』と連携させることにより、その効果がさらに倍増する。その顕著な例が、「DirectAccess」だ。これにより、VPNを使わずとも企業ネットワークへ安全・ダイレクトにアクセスすることが可能になる。VPNを構築する煩雑さから解放されるので、エンドユーザと管理者双方にプラスになる。特に最近は、パンデミック対策やテレワーク推進として、自宅やモバイル環境から社内ネットワークへアクセスできる環境が求められている。それを容易に実現する「DirectAccess」のメリットは大きい。

さらに「BranchCache」では、離れた拠点にあるデータも一度アクセスすれば、オフィス内のローカルにそのデータが自動的にキャッシュされる。本社と低速なWANで接続されている支店とのネットワークパフォーマンスの課題を解決し、業務効率が大幅に向上する。大塚商会では、このようなサーバ連携によるソリューションにも力を入れている。

現在利用しているPCからWindows 7へ移行する際には、マイクロソフトからもUSMT(ユーザ状態移行ツール)を始め、さまざまな移行ツールが提供されているが、複数のクライアントを一度に移行するには、やはり専門の知識と工数が必要になる。IT部門を抱えている企業ならまだしも、専任のシステム管理者がいない中小企業にとってはこのシステム移行は大きな負担といえるだろう。大塚商会では、データの移行作業も含め、既存のOSをWindows 7へアップグレードするサポートサービスも提供しているので、そうした企業の負担を軽減する。

「Windows XP Mode」による仮想環境では、OSのアップデートなどを個別に行わなければならないので運用管理が煩雑になりやすい。大塚商会では、そうした問題を解消するために、バーチャルOSの管理をサーバで集中管理するソリューションも用意している。

ひとつ注意しておきたいのが、Windows 7には従来まで標準搭載されていた『Outlook Express』や『Windowsメール』が実装されていないので、メーラーソフトを利用するためには、マイクロソフトの「Windows Live」サイトで無償提供している『Windows Live メール』をダウンロードするか、『Microsoft Outlook』などを別途購入する必要がある。大塚商会では、CTOセンターであらかじめ必要なソフトウェアをプレインストールしたPCを提供するサービスもある。

さらにWindows 7導入への総合的なサポート体制として「Windows 7 Deployment Factory」を開設している。

大塚商会では、上記のようにWindows 7導入に関するきめ細かいサービスを提供しているので、ぜひ気軽にご相談していただきたい。

図3 Windows Server 2008 R2との連携機能─DirectAccess─

→ 印刷用図版(PDF 822KB)

(掲載:2009年12月)

↑ページの先頭へ戻る

関連リンク

  • マイクロソフト
  • マイクロソフト製品のライセンス購入から導入前のシステムコンサルティング、導入後の運用支援・教育まで、トータルにサポート


企業のITセキュリティ講座