CAD/設計InfoCAD/設計Info CADを利用して設計を行う際に必要なノウハウを紹介。

CAD/設計Infoのトップへ

製品の企画から開発、生産から販売、消費から廃棄まで
モノつくりのすべての段階を管理し連携させる「PLM」

消費者ニーズの多様化や急速なグローバル化の進展により、製造業では開発期間の短縮とコスト低減を両立させなければ勝ち残ることが難しくなっている。そこで、このモノつくり分野で注目が集まっているのが、製品のライフサイクルをトータルに管理する「PLM(Product Lifecycle Management)」である。

製品の個別工程ではなくライフサイクル全体を管理
タイムリーな開発・製造・供給でさらなる収益を目指す

市場において製品は、メーカーで生産された後に流通業者の手を通り、小売業者から消費者へと渡って使用され、最後には廃棄される。この課程で、メーカーは消費者からのフィードバックを得て製品の改善・改良を行うと同時に、新たな製品の開発・提供へも投資する。これを繰り返すことでメーカーは消費者を確保し、継続的に収益を上げ、企業を存続することができる。

これらモノつくりの業界で注目されている「PLM(Product Lifecycle Management)」は、こうした製品の誕生から廃棄までをトータルに管理するコンセプトであり、その仕組みのことも指す。具体的には、製品の企画、開発から設計、部材の手配、生産、販売後のサポートやメンテナンス、廃棄にいたるまで、製品のライフサイクルをトータルに管理することで、消費者ニーズに合った製品をタイムリーに市場投入することを可能にしようというものだ。

今までにも、製造業では「PDM(Product Data Management:製品データ管理)」が導入されてきた。これは製品の開発工程でのデータ統合になる。アセンブリメーカーが設計した3D CADデータなどが下請け企業への部品設計でも使用されて部品が製作され、その部品を使ってメーカーが組み立てる。アセンブリメーカーと下請けの部品メーカーのデータをシームレスに結ぶことで、開発リードタイムを短縮し、コスト削減を実現してきた。

しかし、PDMでは製品の開発段階をカバーするまでに過ぎず、製品のライフサイクル全般を網羅してはいない。PLMを実現するにはPDMに加えて、生産管理、人員管理、流通管理、そしてメンテナンスや廃棄までをカバーする必要がある。これによって製品のライフサイクル全般を通じて消費者ニーズが開発元にフィードバックされ、設計部門や生産ラインに反映されて、よりニーズに適応した製品の供給を目標とすることができる。消費者ニーズに合ったタイムリーな製品提供と、それによる持続的な収益が期待されるのだ。

ニーズの多様化と低価格の圧力が引き金となり
開発期間短縮とコスト低減がPLMに求められる

PLMが広まる背景には、消費者ニーズの多様化や急速なグローバル化による価格低減圧力など、製造業を取り巻く環境が年々厳しくなっていることが挙げられる。モノを安く多く提供できた少品種大量生産の時代は終わり、コストのかかる多品種少量生産や変種変量生産によって多様な製品を安価に提供しなければならない時代へと変わった。より安い製品を製造するために、より原価の低い地方や中国などアジアへの生産シフトが進んでいる。

その結果、1つの製品に対して開発・設計拠点と製造拠点が国内外に分散し、これらの密接なコラボレーションが不可欠となっている。また、現地での調達・生産が進むことでステークホルダーが増え、ますます組織間での多様なデータ連携が必要となっている。そしてサプライチェーンとエンジニアリングチェーンがグローバル化したことにより、迅速な設計変更処理や部材調達が求められるなど、満たすべき条件は増え続けている。

何より、成熟した市場では消費者の購買意欲を刺激するために製品寿命が短くなり、次々と新製品を開発・提供できないメーカーは取り残されてしまう。製品ライフサイクルの短命化が加速する中、収益を上げて持続的成長を実現するには付加価値のある新製品をすばやく開発して市場に投入しなければならない。競合他社より先んじて製品を市場に出せれば先行者利得を得ることができ、それによって価格も高い水準を維持できる。

今、製造業が生き残るには開発期間の短縮とコスト低減を両立させなければならない。こうした課題を解決する仕組みとしてPLMに注目が集まっているのだ。開発期間を大幅に短縮できれば、開発に要する資産も効率よく活用でき、コスト低減にも貢献できる。またPLMは製品のライフサイクル全般にわたってデータを共有できるので、サプライチェーンがグローバル化しても開発のスピードアップを実現することが可能となる。その結果、新たな売上拡大、資産効率化を実現し、企業価値向上に貢献できるなど、期待される点は多い。

自動車や航空機、家電や建設、そして製薬まで
さまざまなモノつくり分野に影響を与える

製品ライフサイクル全般にわたってデータを管理するPLMのインパクトは、製品のライフサイクルが短いほど、そしてグローバル化が進んでいる業界ほど効果が大きいことが容易に想像できる。と同時に、製品のライフサイクルが逆に長い業界でもPLMの恩恵は受けることができるため、その影響は広範囲に及ぶ。

製品のライフサイクルが速くなり、そしてグローバル化が進んだ自動車業界でいち早くPLMが導入されているのもうなずける。自動車業界はアセンブリメーカーを頂点にして、その下に数千社にものぼる部品業者が連携した巨大なピラミッド構造をしている。こうした巨大な組織において、開発期間を短縮し消費者ニーズに合った車をすばやく提供するには、PLMの仕組みが大変有効となる。同じく製品ライフサイクルが短い携帯電話やデジタルカメラ、テレビ、パソコンなどの家電業界、電機業界にとっても、PLMはニーズに合った新製品をスピーディに開発することに貢献する。

自動車業界以上に裾野が広い航空機業界もPLMの恩恵は大きい。自動車業界などと異なる点は、航空機はライフサイクルが大変長く、その間のメンテナンスが不可欠で重要なところだ。このメンテナンス期間における顧客からのフィードバックは、品質向上の大変貴重な情報となる。PLMはそれらの情報を統合することで品質の向上だけでなく、要望や苦情も吸い上げることで、よりニーズに合った新たな航空機開発の有効な手段となる。建設業界や製薬業界も製品のライフサイクルが長く、同様の恩恵を受けることができる。

建設業界のPLMとしては「BIM(Building Information Modeling)」が注目されている。BIMは3D CAD+データベースの仕組みであり、建物のライフサイクル(意匠、構造、設備、内装・家具調度品を含めた資産管理情報など)をトータルに管理することで生産性を向上する。また、新薬を開発・製品化するのに平均数十億円の費用と15年の期間がかかるといわれる製薬業界にとっても、こうしたPLMのインパクトの大きさは予想できる。今後のモノつくりにおけるスタンダードが示されているといっていいだろう。

(掲載:2009年2月)

関連リンク

企業のITセキュリティ講座