CAD/設計InfoCAD/設計Info CADを利用して設計を行う際に必要なノウハウを紹介。

CAD/設計Infoのトップへ

BIMをどのように導入したらいいのか?
3つのポイントとステップで理解する

建設生産のライフサイクルを革新すると期待されるBIM(Building Information Modeling)。今までの2D図面から移行するにはハードルが高いが、いつかは導入しなければ建設の世界で生き残ることは難しくなりそうだ。では、実際にどのようにBIMを導入したらいいのか?

初めてのBIM導入を成功させる
3つのポイント

BIM(Building Information Modeling)は、建造物のライフサイクル(意匠、構造、設備、内装・家具調度品を含めた資産管理情報など)をトータルに管理することで生産性を向上するが、それぞれに関わるセクタが情報を共有しなければ最大の効果を発揮することはできない。ライフサイクル全般にわたるセクタが一斉にBIMを導入することが理想だが、現実には難しい問題だろう。

従って、現段階において可能なところから3D CADを始めることがBIM導入の第一歩となる。BIMは3D CAD+データベースであり、3D CADの使用が前提となるからだ。3D CADを導入するだけでもワークフローにおける意思決定が早くなるなど、導入した企業にさまざまなメリットをもたらす。さらに、いち早く導入することでBIMに習熟でき、関連するセクタと連携できるようになった暁には、ビジネスにおいて力を発揮できるはずだ。既に3D CADを活用しているなら、BIMをベースにした情報共有に向けて進んでいくことを計画しよう。

BIMは当初、テクノロジと考えられていたが、実際には、情報の共有と協業を前提とした全体最適化のプロセスだ。一部門の部分最適に留まらず、それは全社を貫く全体最適化への道のりとなる。そのことを念頭に置いてBIMを導入しなければ、失敗する危険性が高くなる。そこでBIM導入のポイントを簡単にまとめると、次のようになる。

  • 3D CADを使用する
    元請けや関連会社が使用している3D CADを導入・利用すれば連携が容易になる。ただし、異なる3D CADとの間でも、BIMモデルのデータ交換をスムーズに行うための規格化などが行われているので、こうしたデータ変換用ソフトウェアを導入すれば問題はない。
  • 3Dデータ中心の思考に切り換える
    BIMを導入すると、プロジェクトメンバーとコンサルタント間のワークフロー、そしてプロジェクトの成果物までがすべて3D CADのデータになる。そのため、経営者はチーム全体をBIMに移行させると同時に、業務担当者は常に3Dのデータ、発想で物事や運用を考える必要がある。
  • 全体最適化の視点で導入する
    社内で設計、施工、メンテナンスなど複数の部門がある場合は、部門の連携を考えた全体最適化を行う。また、設計や施工などの個別部門しか行っていない場合でも、データの受け渡しなどを意識したデータ作成を行うようにすれば、後々の連携がスムーズになる。

生産性を大きく向上させる
BIM推進の3つのステップ

BIMは大きく分けて、形状や機能を考える設計ツール、構造計算や日照などを行うシミュレーションツール、そして、プロジェクトを管理するツールという3つの機能がある。それらの機能を駆使することで、意匠、構造、施工、設備、メンテナンス部門などが連携でき、建造物のライフサイクル全般にわたる生産性を向上することが可能となる。

すべてを連携させるには多くの時間がかかるので、ここでは3つのステップで、最終的な目標である建設業全体の生産性向上に近づく現実的なプランを考えたい。あせらず、着実に取り組みながらBIMの輪を広げることが必要となる。

  • ステップ1
    手書きや2D CADで図面を作成しているところでは、まず3D CADを活用して立体的な図面を作成することが目標となる。1社だけでも取り組めるが、単独利用である限りは効果が限定的になってしまう。もちろん、社内に設計や施工など異なる部門があれば、それらと連携することでかなりの効果は得られる。むしろここでは、自社内で3D CADを定着させる期間と考えた方がいいかもしれない。
  • ステップ2
    意匠設計、構造計算や法規チェック、施工管理など、BIMモデルを複数のセクタ間で共有することが次のステップだ。協業できる企業とコラボレーションを進めることで、セクタ間の無駄や重複作業を避けることができ、リードタイム短縮やコスト低減を実感できる。既に3D CADが定着し、活用している企業では、ここからとりかかればいいだろう。
  • ステップ3
    建設業界の全体において、BIMに基づいた設計・生産手法が定着した段階。現在、ここに向けて歩み始めたばかりだが、建造物のライフサイクル全般にわたって、BIMモデルを中核とした情報の蓄積・流通によってフロントローディングなどが可能になり、さらなる生産性向上が実現していく。

建設業界全体のワークフローを
BIMによって完成させる

せっかくBIMを導入するからには、従来のワークフローを変えるテコとして活用すべきだ。ワークフローの変革こそが、旧態依然とした業界を変革するエンジンとなるだろう。最も大きな変化はデータの可視化であり、そのことによって設計者と施主、元請け会社、下請け会社などのチームメンバーのコラボレーションを実現するワークフローが可能になり、それぞれが納得できるプロジェクトを進めることができる。

次に、意匠情報、構造や配管などの各セクタの情報を統合できるので、部材同士の干渉チェックなど、納得いくまでシミュレーションと解析を行えるようになり、リードタイムの短縮や品質向上に加えて、プロジェクト参加者の一体感を強めることができる。さらに施工段階では、紙の図面を一切使うことなく部材を製作する「デジタル・ファブリケーション」というワークフローも可能になり、コスト低減に大きく貢献する。

BIMを活用することで、すべてのステークホルダーが、建造物の完成前にデザインや性能をデジタル体験できるようになる。その結果、建築家、構造計算者、施工者、施主、メンテナンス業者の業務プロセスが一新され、建設ライフサイクル全般を見渡せるワークフローが完成するだろう。

(掲載:2009年4月)

関連リンク

企業のITセキュリティ講座