CAD/設計InfoCAD/設計Info CADを利用して設計を行う際に必要なノウハウを紹介。

CAD/設計Infoのトップへ

つくり手の視点から使う人の視点へ
ユニバーサルデザインを考える

これまでモノづくりは、どちらかというと「つくる人たちの考え」で製品が提供されてきた。しかし現在では、バリアフリーを一例に、さまざまな人たちが、いつでも、どこでも、わけへだてなく安心して使えるモノや建物、街づくりが求められている。「使う人たちの身になってデザインする」ユニバーサルデザインに注目が集まっている。

バリアフリーから発展した
ユニバーサルデザイン

街を歩けば、子供や大人、お年寄り、男と女、右利きの人と左利きの人、力の弱い人や強い人、病人、妊婦、外国人など、さまざまな人に出会う。ところが一部の例外を除いて、今までの商品、建物や街のほとんどは、大人の健常者を対象にデザインされているため、誰でもわけへだてなく安心して利用することができなかった。

「大人で健常者」というパラダイムを転換させたのが、ノースカロライナ州立大学のユニバーサルデザインセンター所長であったロナルド・メイス博士だ。メイス博士は1985年、バリアフリー概念を発展させたユニバーサルデザインというコンセプトを提唱した。バリアフリーはデザイン対象を障がいのある人々などに限定しているが、ユニバーサルデザインはこうした枠を取り払い「できるだけ多くの人が利用可能なデザインにすること」が基本となる。

つまり、ユニバーサルデザインは、お年寄りや障がいのある人々のために、あとからバリアを取り除く(バリアフリー)という考え方から一歩踏み出したものと言える。バリアフリーもユニバーサルデザインも、すべての人による平等な社会参加の実現を目指すが、ユニバーサルデザインはできるだけ多くの人にとってより快適な環境とするため、初めからバリア(障壁)を出さないようにするものであり、バリアフリーを発展させた考え方だ。

具体的には、デザインの最初から「子供やお年寄り、力の弱い人や強い人、病人、妊婦、外国人にも使いやすい」デザインを追求し、誰でも安心して使えることを目指す。使用者の視点で、できるだけ多くの人が利用できるようにデザインすることであり、その対象はハード(製品や建物や街など)からソフト(教育や文化、サービスなど)に至るまで多岐にわたる。

年齢、性別、国籍、個人の能力などの
違いを超える7原則

バリアフリーを超えたユニバーサルデザインをどのように実現するのか、メイス博士らによってそのコンセプトが7原則としてまとめられている。

  1. 公平:誰にでも利用できるようにつくられており、かつ、入手が容易であること
  2. 柔軟:利用者の嗜好や能力に合うようにすること
  3. 簡単:使う人の経験や知識、言語能力に関係なく、使い方が分かりやすいこと
  4. 安全:使い方を間違えても、危険につながらないこと
  5. 明快:使う人の視覚や聴覚に関係なく、必要な情報が効果的に伝わること
  6. 安楽:無理な姿勢をとることなく、気持ちよく、疲れないこと
  7. 快適:体格や姿勢、移動能力に関わりなく、操作しやすい大きさになっていること

この7原則をすべてのデザインに適用すれば、年齢、性別、国籍、個人の能力の違いといった点に関わらず利用することができるはずだ。ただ、どうしてもユニバーサルデザインにできない場合には、多様な選択ができること、付加・調整できること、それでも無理な場合のみバリアフリーにすることも必要となる。また、実際には経済性(コストと効果)や審美性(美しく魅力的であること)も考慮する必要がある。

こんなものもある
実際のユニバーサルデザイン例

ユニバーサルデザインを具体的に展開するためには、多様な人々が参画し連携できる仕組みが大切となる。そこでは、年齢、性別、国籍、個人の能力の違いを超えた利用を念頭に、ニーズや問題を検討し、さまざまな特性を持った使い手とつくり手のコミュニケーションが求められる。現在では文具メーカーや家電メーカー、衛生機器、建設・設備業界などもユニバーサルデザインに取り組んでいる。

例えば文具メーカーのコクヨは、1998年にユニバーサルデザインのガイドラインを制定し、新しく開発する製品だけでなく従来から存在したペンや定規、はさみなどの全製品に対して、じっくりと「多くの人が自由に使えるか」を見直している。2009年7月以降は、すべてのステーショナリー新製品においてユニバーサルデザインを義務付け、いつでも、どこでも、わけへだてなく安心して使える製品を提供している。

ユニバーサルデザインのステープラー「たまほっち」ユニバーサルデザインのステープラー「たまほっち
従来の挟む力によるステープラーと違い、上から押して綴じることができるので、子供の小さい手でも扱いやすい。また、誤って指を挟む心配もない。

そのほか、次のようなユニバーサルデザインの例もある。モノづくりに携わるデザイナーやエンジニアも、今後ますますユニバーサルデザインに注力する必要があるだろう。

  • 「安全」に配慮された自動ドア、エレベータ、ホームドアなど
  • 障がい者向け開発から一般に普及した温水洗浄便座
  • 外国人などのために、文字の代わりに絵文字(ピクトグラム)を使っての各種表示
  • パソコンの操作を、キーボードやマウスだけでなく、他の入力手段に対応させる
  • さまざまな手のサイズや形状に対応したマウス
  • 細かい字が読めなくなった人のために触ることで識別できるよう工夫された道具類

(掲載:2009年9月)

関連リンク

企業のITセキュリティ講座