CAD/設計InfoCAD/設計Info CADを利用して設計を行う際に必要なノウハウを紹介。

CAD/設計Infoのトップへ

今そこにあるビジネスに生かす!
即戦力としてのBIMツール

BIM(Building Information Modeling)導入が困難なのは、意匠設計から構造、施工、設備まで、広汎かつトータルな取り組みが必要だからだ。そこから生まれる具体的なメリットも見えにくく、効果が現れるのに時間がかかるのも問題とされる。だが、業界に先駆けてBIMツールを導入した各社では、その特徴を生かして大きな効果を生み出しているケースも多い。さまざまな事例と共にBIMツール活用のヒントを提案する。

実は一様でない先行各社のBIM活用手法

「BIM元年」と呼ばれた昨年に続いて、2010年もまた「BIM」は建築業界の話題を独占した観がある。大手ゼネコンを中心にその普及は急速に進められ、いまや大手・準大手クラスは既にその大半がBIMツールを導入して水平展開を開始。中には既にBIM案件が全取り扱い案件の半数に達した、というゼネコンすら出現している。

しかし、中小企業レベルへの普及となると話は違う。業界の大半を占めるこの規模の企業では、BIMツールなどを導入しても活用しきれずホコリを被ったままというケースも多々あり、様子見を決め込んでいるところも多いのである。同じ建築業界であっても、明らかに温度差があるのだ。

日本においてBIMはまず、建築プロジェクトのトータルな生産性向上を実現するための手法として紹介された。それは情報共有と幅広い協業を基盤に進む全体最適化のプロセスであり、組織の枠を超えた取り組みが大前提だった。裏返せばこのBIM実現には企画設計に施工や維持管理まで巻き込む必要があり、そのメリットも個々の作業に表れるというより、プロジェクト全体や企業総体から生まれるものとされていた。そうなると、規模の小さな企業が「単独でBIMからメリットを生み出すのは困難」と考えるのは当然だろう。まして設計事務所では、よほどの大手でない限り、興味を示さない処も多かったのである。

だが、今あらためて世界の建築界を見わたしてみると、BIMツールを導入し活用している企業は、必ずしもビッグゼネコンばかりではないことに気づくはずだ。もちろん一足先にBIMの普及が進んだ欧米で、さまざまな企業がこれを活用しているのは当然かもしれない。しかし、実は日本でも、規模が大きいとは言えない設計事務所や建築会社がいち早くBIMツールを導入し、しかも「いわゆるBIMの手法」とは異なる独自のやり方でこれを使い、そこから確実に効果やメリットを引き出しているケースが少なからず存在するのだ。では、それはどのような会社による、どのような活用手法なのだろうか。

BIMツールの用途はBIMだけとは限らない

フランク・ゲーリー氏と言えば、世界の建築界を代表するアーキテクトの1人である。「鳥の巣」と呼ばれる北京オリンピックスタジアムを始め、氏の作品の特徴は、精妙な曲線や曲面が複雑に組み合わされた奔放な立体表現にある。しかし、それだけに氏のデザインは通常の図面では表現し難い。そもそも3Dで発想され展開されるアイデアだけに、アウトプットして他人に伝えるにも3Dで作って見せるしか方法はない。そこで氏は早くから3D CADを導入。これをフルに活用することで、デザインスタイルを確立した。現在では構造や施工管理など、よりBIM的な分野まで応用範囲を広げている。

2D CADや図面などの「不自由な」表現手段は、時にクリエイターの発想を縛る。ならば逆にデザイナー自身が3D CADを使うことで発想を解放し、クリエイティブの幅を広げることも十分可能なのだ。一方、3D CADはパースやアニメーションなどのビジュアライゼーション生成機能を搭載しており、日本ではこのプレゼンを主目的に3D CADを導入するケースもある。地方などではまだパースの活用が一般化していないところも多いので、これをすばやく内制しプレゼンできる3D CADは強力な武器となる。実際、ある事務所では3D CADで内制することでパース制作などの外注費を抑え、同時にコンペ勝率を大きく向上させる一石二鳥に成功した例もある。

BIMツールによるビジュアライゼーションの活用は、コンペ対策だけに限らない。発注元との打ち合わせや各施工業者への指示、現場近隣への工事説明など、それが力を発揮する業務シーンはむしろ非常に多いのである。当然、このようなコミュニケーションツールとしての活用で、メリットを生み出している企業もある。ある地方ゼネコンでは、発注元との打ち合わせに3D CADを利用。細部の色や素材などの検討や、建物内外からの視界の検証など、発注者との細かなやり取りに建築3Dモデルを生かし、“その場で決め込む”ことによって手戻りを減らして工期短縮と顧客満足に関して大きな成果を上げていた。

「まず使えるところから使う」ことから始めるBIM

冒頭でも述べたとおり、我が国のBIM活用で最先端を走っているのは大手ゼネコンである。各社とも5〜10年以内には取り扱い全案件の80〜100%を、BIMを利用したプロジェクトとすることを目標としている。そして、これも前述のとおり既にBIM案件が50%を超えた企業も現実にある。だが、そのことは、それらのプロジェクトにおいて企画設計から積算、施工、維持管理まで、トータルにBIMが使われたということを意味しない。むしろ一気通貫でBIMが行われたプロジェクトはさほど多くはなく、大半は意匠設計や積算など、BIMツールの活用は極めて限定的なものである場合が多い。

あらゆるプロジェクトの上流から下流工程まで、トータルなBIM運用が最終目標であるにせよ、導入最初は個々の案件の内容や各種の条件に合わせて、BIMツールの活用パートを選んで投入する方が合理的である――という判断が、多くのゼネコンにはある。そうすることによって各パートで効率化や品質向上といった効果が得られれば、そのパートへのBIMツールの普及はよりスムーズに進むだろう。そして各パートでBIMツール普及が進めば、共通のツールという基盤をベースに、今度は部門の枠を超えて協業の輪を広げることもやりやすくなる。遠回りのようだが、実は極めて確実なBIM普及の方策なのである。

このように3D CADの活用において、BIMを意識する必要は必ずしもないことが分かる。3D CADはあくまでツールであり、ツールとしての機能を把握して実務で使えばそれでよい。そして、適切な業務シーンで適切に使えれば、それは間違いなく大きな効果を発揮する。そのことは前述のさまざまな事例や、ゼネコンなどの取り組みからも明らかだろう。しかも、そうやって実務で使っておけば、いつか本当にBIM導入の必要が生まれた時もスムーズに移行できるはずだ。まずはBIMということは脇に置き、これを多機能・高機能な新型業務ツールとして、自社に合った活用法を研究してみてはどうだろうか。

(掲載:2011年1月)

関連リンク

  • 大塚商会が提供するBIMナビ、CAD Japanでご紹介しています。
  • BIMは3次元の形だけではなく、その形が壁なのか建具なのか、さらにその壁はどんな構造なのか、といった情報までもっているのです。(形状情報と属性情報)設計が完成すれば、仮想の建物も完成しています。この仮想の建物データをいろいろな場面で活用していこう、という動きが今始まっています!

企業のITセキュリティ講座