ビジネスお役立ち情報 > 実務者のためのCAD読本 > 世界で戦えるエンジニアになるための製図技術【4】 線が交差する組図から形状を見極める

実務者のためのCAD読本実務者のためのCAD読本

実務者のためのCAD読本のトップへ

機械系CAD 講師:山田学

世界で戦えるGLOBALエンジニアになるための製図技術

0(ゼロ)STEP 第4回:線が交差する組図から形状を見極める /全5回

世界で戦えるエンジニアになるための製図技術【4】 線が交差する組図から形状を見極める

組立図ではさまざまな部品が重なって表現されることから、形状線が交錯して部品の形状を見極めることが大変難しくなる。
CADを使う場合、部品ごとに線の色で区別したり、レイヤーによって区別したりすることができるため、簡単に該当する部品の形状だけを抜き出すことができる。
しかし、白黒で紙に印刷した組立図でそれぞれの部品の形状を区別するには、形状を推測する力が必要となる。

今回は、組立図から重なる部品の中から形状を推測し、見極められるように練習しよう。

例題と解答:部品形状を見極める力をつける

レベル4 線が交差する組図から形状を見極める

下記に示す例題を参考にして、演習問題を解いてみよう。

レベル4 例題

(1)ケースの形状を赤色で塗り、形状を浮かび上がらせること。

(1)ケースの形状を赤色で塗り、形状を浮かび上がらせること。

レベル4 例題回答

(1)ケースの注意点は、ねじと中央に開いた角穴である。
ねじについては、正面図からねじの有効深さと下穴の形状を把握しなければいけないまた平面図では、ボルト頭やカバーによってねじ穴が隠れているので、それを想像しなければいけない。
中央の角穴については、正面図のかくれ線から深さがわかる。また平面図では、カバーによって角穴がかくれ線になっているため、ケース単品の状態を想像して、見える形状、つまり実線に変更しなければいけない。

(1)ケースの注意点は、ねじと中央に開いた角穴である。
企業のITセキュリティ講座
企業のITセキュリティ講座