ビジネスお役立ち情報 > ITトレンドWatch

ITトレンドWatchITトレンドWatch 私たちの生活の様々な分野で活用されるITについて最新情報をお届けします。

ITトレンドWatch のトップへ

携帯端末向け新プロセッサ「Atom」が
モバイル製品の世界を変える

インテルが開発した携帯端末向けの小型・軽量・低消費電力プロセッサ「Atom」が注目を集めている。既にこのプロセッサを搭載した「WILLCOM D4」が登場するなど、小型のモバイル製品でありながら高性能化が進みそうだ。

インテルの携帯向け新プロセッサ
「Atom」は小粒でもピリリと凄い

パソコンの計算処理を担うプロセッサ(CPU)といえば、インテルの「Pentium(ペンティアム)」や「Core(コア)」シリーズ、AMDの「Athlon(アスロン)」シリーズなどが有名だ。しかし、この2008年4月に、ノートパソコンやモバイル端末向けの新しいプロセッサが発表された。それがインテルの「Atom(アトム)」だ。携帯機器にふさわしいプロセッサとして設計されたAtomが持つ特徴は、大きく次の3点になる。

  1. 小型・軽量
    Atomは誘電率を高めたHi-kメタル・ゲートを採用、集積密度も高めた45nm(ナノメートル)プロセス技術によって製造され、4,700万個のトランジスターを搭載しながらも、その大きさ(ダイサイズ)は約25平方mm(ミリメートル)という小指の爪よりも小さなチップサイズを実現している。
  2. 低消費電力
    小型化よりも大きな特徴といえるのが、消費電力の低さだ。プロセッサの消費電力は、どの回路もフル回転の状態だと想定した場合の最大消費電力量(TDP)で示される。Atomの場合、最も消費電力が低いAtom Z500(800MHz)でTDPが0.65W(ワット)、モバイル端末で注目を集めているWILLCOM D4に搭載されているAtom Z520(1.33GHz)ではTDPが2W、ノートパソコン搭載のモバイル向けCore 2 DuoのTDPが35Wであることを考えると、Atomはきわめて低電力で働くプロセッサであることが分かる。また、消費電力が少ないということは、発熱もまた低いことにもつながる。
  3. 高性能
    小型になっているだけ性能もダウンサイズされていると思われがちだが、Atomは性能の面でも高いレベルを保っている。現在主流であるCore 2 Duoプロセッサの命令セットと互換性を維持しつつ、さらに新しいアーキテクチャがマルチスレッドにも対応(HTテクノロジ)したことで、パフォーマンスの向上とシステムの応答性も高められている。

Atomシリーズの仕様

プロセッサ・ナンバー

Z500

Z510

Z520

Z530

Z540

動作周波数

800MHz

1.1GHz

1.33GHz

1.6GHz

1.86GHz

消費電力

最大消費電力(TDP)

0.65W

2W

2.4W

平均消費電力

160mW

220mW

待機消費電力

80mW

100mW

HTテクノロジ

非対応

対応

ダイサイズ

7.8mm x 3.1mm

Atom搭載の新世代モバイル端末「WILLCOM D4」
小さな機器にノートパソコン級の機能

Atomの特徴を最大限に活かす製品として、ウィルコム、シャープ、マイクロソフト、インテルの4社が共同で開発したのが、2008年7月に発売の「WILLCOM D4(WS016SH)」だ。このWILLCOM D4は、Atom Z520にグラフィックス機能内蔵の低消費電力コンパニオンチップやワイヤレス接続機能が付属したプラットフォーム「Centrino Atom」を搭載している。これによって、携帯端末ながら今までに持ち得なかった機能を搭載することが可能になっている。

  1. Windows VistaとOfficeを搭載
    携帯向けOSではなく、パソコンと同じOSであるWindows Vista Home Premium SP1を搭載、ディスプレイは5インチでタッチパネル対応、1,024×600ドット(WSVGA)の解像度を持ったTFT液晶であり、これに64キーのフルキーボードを採用している。また、アプリケーションもMicrosoft Office Personal 2007 with Microsoft Office PowerPoint 2007をはじめとして、ウイルスバスター2008(90日版)やNAVITIMEなどがプリインストールされている。さらに、データ保存用のハードディスク(約40GB)や、周辺機器と接続するUSB端子も装備されていて、携帯端末機器でありながら、ノートパソコンに劣らぬ能力を持っている。
  2. 多様なデータ通信と通話の手段
    PHS・ワイヤレスLAN・固定回線を自在に切り換えてアクセスできるのがWILLCOM D4の大きな特徴だ。全国99.4%をカバーする広いエリアでPHSデータ通信が利用できるほか、内蔵のワイヤレスLAN(IEEE802.11b/g準拠)や専用クレードルに搭載のLAN端子を使った固定回線も活用できる。また、付属のヘッドセットなどをつないで、本機を操作しながら音声通話を行うことも可能だ。
  3. ワンセグとカメラも搭載
    携帯電話ではおなじみとなったワンセグもピクセラの「StationMobile」が用意され、EPG(電子番組表)からの予約録画やデータ放送の視聴がサポートされている。また、オートフォーカス機能を搭載したカメラ(有効画素数198万画素のCMOS)を内蔵しているので、記念や記録の写真も撮影することができる。

なお、WILLCOM D4の名称が持つ「D4」は“第4のデバイス”という意味で、「電話機」「データ通信カード」「スマートフォン」に続くデバイスという意味が込められているという。

「WILLCOM D4」
ウィルコム、シャープ、マイクロソフト、インテルの4社共同開発による「WILLCOM D4」

新プロセッサ登場と採用で広がる
モバイルツールの多様性

Atomが登場した際、アップルの新型iPhoneにAtomが搭載されるのではないか? という噂が一時流れたが、結局iPhoneには別のプロセッサが採用されることになった。とにかく注目を集めているAtomだが、日本でもiPhoneが発売された今の携帯端末市場において、WILLCOM D4以外に、Atomの小サイズや低消費電力といった利点を活かした製品はどのようなものがあるのだろうか。

これについてインテルは、WILLCOM D4にも採用されたCentrino Atomのロゴを製品に冠する条件として、以下の規定を定めている。

  1. Atom Z5xxプロセッサとSCH(システム・コントローラ・ハブ)を使用していること
  2. インターネットにアクセスできる無線機能を内蔵していること
  3. バッテリで動作し、ポケットに入るようなサイズであること

この条件があるため、例えばCentrino Atomロゴが付いた15インチ液晶ディスプレイ付きノートパソコンという製品は登場しない。では、Centrino Atomを採用したものでは、どのような機器が登場するのだろうか。

プロセッサの性能という面では、超低消費電力版のCore 2 Duoプロセッサを使用したノートパソコンと同じだけの性能までは望めない。しかし、パソコンと同じOSを動かすだけのパワーはあり、通信機能も内蔵しているので、どこからでもインターネットにアクセスでき、Webサービスをフルに使うことができる。ビジネス向けMID(Mobile Internet Device)製品が主力の1つとして出てくるだろう。既に「Moblin(モブリン)」というMID用のLinux OSが開発され、レノボが開発したMID「Ideapad U8」には、このMoblin上にWebブラウザやFlashプレーヤー、PDFリーダーやIP電話ソフトなどが搭載されている。

また一方で、Atomプロセッサだけを搭載したサブノートよりも小さなUMPC(Ultra-Mobile PC)は、今後、数多く登場しそうだ。Atomを超低価格ノートパソコン/デスクトップパソコン向けプロセッサと位置付けてパソコンの開発をしているメーカーは、AsusやAcerなどを始めとして多い。現時点のAtomのプロセッサ性能やハードウェアスペックではモバイルパソコンのパワーユーザにはいささか性能不足といえるため、次世代のAtomである「Moorestown(ムーアズタウン)」まで待つのか、それとも性能面で妥協してAtomを使うのかで、メーカーの対応や登場する製品に違いが出てくるだろう。

「Eee PC 901-X」「Aspire One」
AsusとAcerのUMPC「Eee PC 901-X」「Aspire One」


ユニークな商品としては、パナソニックのAtom版「TOUGHBOOK(タフブック)」が今年10月に発売される。TOUGHBOOKは建設現場など屋外作業用のヘビーデューティーな用途に開発されたマシンで、防水防塵処理などが施された堅牢なパソコンとして全世界で使われてきた。今回はAtomを搭載したバージョンとして、5.6型のタッチスクリーン液晶を備え、10キーモデル/フルキーモデルの2つのキーボードタイプが用意されている。MIDやUMPCだけでなく、このTOUGHBOOKのように、今後さまざまな特徴を持ったAtom搭載製品が登場してくるだろう。

Atom版「TOUGHBOOK」
パナソニックのAtom版「TOUGHBOOK」

(掲載:2008年8月)

関連リンク

企業のITセキュリティ講座