ビジネスお役立ち情報 > オフィスでエコロジー

オフィスでエコロジーオフィスでエコロジー CADを利用して設計を行う際に必要なノウハウを紹介。

オフィスでエコロジー のトップへ

省エネラベリング制度は
どれだけエコを表している?

緑色の「省エネラベル」は家電やパソコンなどでよく見かけるが、その制度とはどのようなものだろうか? ここで一度、しっかりとこの制度を知っておこう。

省エネ性能を示すラベル

「省エネラベリング制度」は、2000年8月に日本工業規格(JIS規格)として導入された表示制度で、エネルギー消費機器の省エネ性能を示している。2000年に家庭用電気・電子機器、2003年にガス・石油機器および電気便座のJIS規格が制定されている。

この省エネラベルには、家電製品やガス・石油機器などが国の定める目標値(トップランナー基準=省エネ基準)をどの程度達成しているか、その達成度合い(%)が表示されている。

現在、対象となっている物品は以下の16品目になる。

エアコン

蛍光灯器具

テレビ

電気冷蔵庫

電気冷凍庫

ストーブ

ガス調理機器

ガス温水機器

石油温水機器

電気便座

電子計算機(パソコン)

磁気ディスク装置

変圧器

DVDレコーダー

ジャー炊飯器

電子レンジ


つまり、家庭で使用する電化製品やガス・石油機器のほとんどが、この省エネラベリング制度の対象になっているのだ。

近年、オフィスや家庭で利用されている家電製品やガス・石油機器のエネルギー消費量が増加し、地球温暖化へ大きく影響しているといわれている。省エネ型製品は、こうした環境問題への配慮はもとより、光熱費の減少にもつながる。省エネラベリング制度は、このように環境問題や省エネに対する意識を、一般消費者へ広めるという狙いがある。

省エネラベルの見方

省エネラベルには、機器の省エネルギーの水準について、原則として「省エネ性マーク」「目標年度」「省エネルギー基準達成率」「エネルギー消費効率」が表示される。

省エネラベル

1.省エネ性マーク

省エネ性能を示すマークで、通常はオレンジ色、省エネ基準を達成すると緑色のマークを表示することができる。つまり、緑色のマークが省エネ性能の高い製品を選ぶときの目安となる。

2.目標年度

省エネ基準達成のための目標期間を示している。省エネ法によって製品ごとに設定されている。

3.省エネルギー基準達成率(表示語:省エネ基準達成率)

製品が省エネ基準(目標値)をどれだけクリアしているかを%で示している。目標値は省エネ法に基づいて製品ごとに決められ、この数値が高いほど省エネ性能が高いといえる。ただし、電子計算機(パソコン)と磁気ディスク装置の省エネ基準達成率は、以下のように表示される。

  • 100%以上200%未満:A
  • 200%以上500%未満:AA
  • 500%以上:AAA

4.エネルギー消費効率

製品の年間消費電力量など、製品がどれだけエネルギーを使うかを示す数値。製品ごとに決められた測定方法で計算される。

なお、本体表示として以下のような簡易ラベルが使われる場合もある。

簡易ラベル

省エネラベルの表示について

省エネラベルはメーカーが自主的に表示するものであり、表示する場合の方法はJISで詳細に定められている。一般的には物品のカタログに表示されることが多いが、そのほか製品本体、包装、下げ札や販売店の店頭など見やすいところに表示されることもある。

なお、本年度から設けられた「エコポイント制度」と違い、緑色の省エネ性マークが付いた製品の購入に際しては、補助金などの優遇措置はない。

また、東京都では同名の制度を条例により運用しているが、こちらの表示については全国省エネラベル協議会の基準に基づく「東京都省エネラベル」を採用しており、省エネラベリング制度とは異なるものである。省エネラベルの付いた製品を上手に使い、省エネを心がけたい。

(掲載:2009年7月)

関連リンク

企業のITセキュリティ講座