ビジネスお役立ち情報 > オフィスでエコロジー

オフィスでエコロジーオフィスでエコロジー CADを利用して設計を行う際に必要なノウハウを紹介。

オフィスでエコロジー のトップへ

LED照明に有機EL照明
次世代照明器具はどうなる?

環境問題を機に白熱電球から蛍光灯への移行が加速しているが、その次の世代の照明として注目されている「LED照明」、さらに「有機EL照明」の動向はどうなっているのだろうか。照明のエコ化の流れとともに解説しよう。

電球から蛍光灯へ
照明器具のエコ化の流れ

環境問題が重要視され、省エネが叫ばれる昨今、私たちの一番身近な電化製品である照明器具のエコ化はどうなっているのだろうか。

経済産業省は、安価ではあるがエネルギー効率の悪い白熱電球を2012年までに廃止する方針を示しているが、白熱電球に代わる次世代エコ照明として期待されているのが「電球形蛍光灯」と「LED照明」だ。

特に、家庭での急速な普及が見込まれているのが電球形蛍光灯だ。その最大の特長は、白熱電球とソケットが共通なため、交換が容易なこと。従来のソケットをそのまま使うことができ、形状も白熱電球と同じであるため、工事も不要で、誰でも簡単に取り替えることが可能だ。

電球形蛍光灯は、4〜5年前は1個の値段が白熱電球の約150円に対して2000円近くもしており、また電圧が入ってから全発光するまでにしばらく時間がかかったことなどから、普及が遅れ気味だった。しかし、最近では改良が進み、60Wタイプで消費電力が10W、寿命1万時間、点灯回数3万回を達成し、1個の値段も1000円以下の製品が発売されるなど大きく進化している。また、スイッチオン直後の明るさもかなり明るくなっており、蛍光灯と同様の昼光色・昼白色・電球色の3光色がそろっている。

さて、白熱電球を電球形蛍光灯に替えるとどのくらいエコ化が図られるのだろうか。60Wの白熱電球を1時間点灯したときのCO2排出量は10.6リットルだが、それを12Wの電球形蛍光灯に替えた場合は2.4リットルに減る。1年間に換算すると約80%のエネルギーが節約でき、電気代も5分の1で済む。1灯あたり年間で約1850円の節電ができることになる。

電球形蛍光灯と白熱電球のコスト
電球形蛍光灯と白熱電球のコスト(財団法人 省エネルギーセンター調べ)

ムダな明かりは
「減光」するという動き

人がいないときに照明を消したり暗くする「減光」の動きも、照明のエコ化の流れでは見逃すことができない。

従来はオフィスなどで人がいなくなったときに、こまめに照明の電源を消したり暗くすることで省エネを図ってきたが、センサ技術によってそれを自動的に行おうというものだ。

仕組みはとてもシンプル。通常の点灯は省エネモードの25〜30%の明るさで、人感センサで人を検知すると100%の明るさになる。以前の蛍光灯は調光は難しかったが、インバータタイプの蛍光灯を使った調光可能な器具が開発され、細かな明るさの調整が可能になった。

この照明器具は配置や配線も簡単なため、オフィス、通路、倉庫などの空間照明の省エネ対策として、施設の新築のときだけでなく、改築やリニューアルのときにも採用する企業が増えていると言う。

省エネ「LED照明」
特長と欠点

LEDは「発光ダイオード」と呼ばれる半導体のことで、「Light Emitting Diode」の頭文字をとったもの。従来は信号機や大型のスクリーンなどに使用されてきたが、非常にコンパクトなこと、デザインの自由度が高いことなどから応用範囲の広い照明器具として注目されている。

また、電球形蛍光灯に比べて、点滅の繰り返しに強い、点灯直後からすぐに明るい、発熱量が少ない、水銀を使用していないなどの特長がある。同じ明るさの電球に比べて消費電力が10分の1で、蛍光灯に比べても2分の1ほどなので、非常に省エネ度の高いエコ照明と言える。

そして、寿命の長さも大きな特長だ。LED照明は約4万時間という長寿命を誇っており、これは白熱電球の50倍、蛍光灯の6倍以上だ。

最近は電球形蛍光灯のように白熱電球のソケットにも合う低消費電力の「LED電球」も販売されているが、現状ではまだ販売価格が1個3000〜5000円とかなりの高価格製品となっている。また、40Wの蛍光灯と同じ光量を持ったLED照明も開発されているが、こちらは、蛍光灯の価格が1000円程度なのに対し、その50倍にあたる5万円程度の予定となっており、こちらも割高感は否めない。

また、いまだにLEDの発光効率は蛍光灯より低く、一般照明の光源として用いる場合、現状では明るさに問題があるという点も大きなデメリットとなっている。

LED照明のエコ化
40Wの白熱電球を1店舗で30個使用し、1日12時間点灯した場合、1年間のCO2排出量は2049kg。
LED照明(消費電力8W)に切り替えると、1年間のCO2排出量は409kgとなり、年間1640kgの削減となる

次世代の照明と期待される
「有機EL照明」

有機物に電圧をかけることで、有機物自体が発光する現象を有機ELと言うが、これを照明にも応用しようというのが「有機EL照明」だ。

既に携帯電話のディスプレイで実用化がスタートし、液晶・プラズマに続く次世代薄型テレビの本命としても期待されている有機ELだが、実は照明の分野においても「エジソン以来の発明」とも称されるほど、その革新性の高さに注目が集まっている。

これまでの照明は、電球や蛍光灯のように、点や線の光源で空間を照らすというものだったが、有機EL照明は面全体が均一に光るという新しい発光のスタイル。面の光源であるため、ぎらつきが少ない光で目に優しく、また省スペース化が見込めるなどのメリットがある。また、その光源の面が曲がるという特長のため、さまざまなデザインの照明器具の誕生も期待できる。

省電力においても期待が大きい。白熱灯や蛍光灯の発光効率は、既に発光原理による限界に到達しており、それぞれ10%、20%という値にとどまっている。これに対し有機EL照明は理論上70%以上が可能とされている。また、水銀などの有害物を含まないため、環境汚染の心配もない。

ただし、有機EL照明の器具はまだ開発途中で、実用化のめどは立っていない。生産方式、低コスト化、発光効率向上、寿命などが大きな課題となっているが、次世代の照明として期待が大きいことは確かだ。

(掲載:2009年9月)

関連リンク

企業のITセキュリティ講座