ビジネスお役立ち情報 > パソコンHowTo

パソコンHowToパソコンHowTo CADを利用して設計を行う際に必要なノウハウを紹介。

パソコンHowTo のトップへ

簡単!快適!
オフィスのWebページ印刷術

Webサイトのページを印刷しようとしたけど、思うようにプリントアウトできなかった。こんな経験をされた方は多いはず。そこで、今回はWebのページを上手に印刷する方法を解説しよう。

WebのページをA4用紙に収まるように印刷する

Internet Explorer(IE)の印刷ボタンをクリックしただけでは、Webページは表示された通りにプリントアウトできない。これはIEには拡大・縮小の印刷機能がないためだ。

IEでWebページ全体を印刷するときは、メニューから[ファイル]−[ページ設定]を選択し、「ページ設定」のダイアログボックスで用紙そのものを大きいサイズに変更する。[印刷プレビュー]を選択してうまく収まっていれば、そのまま大きい用紙に印刷すればよい。

用紙サイズはプリンターの「プロパティ」でも変更できる。プリンターのプロパティを呼び出すには、IE の「印刷」ダイアログボックスの[全般]で使用するプリンターを選択し、[詳細設定]ボタンをクリックする。

また、拡大・縮小印刷に対応したプリンターなら、B4など大きい用紙にWebページ全体を収める設定にしておき、それをA4の用紙に縮小して印刷することも可能だ。プロパティの設定方法はプリンターによって異なるので、詳しくはヘルプや取扱説明書などを確認してほしい。

もう1つは、「ページ設定」ダイアログにある[余白]の設定を変更する方法だ。この余白は、接続されているプリンターによって異なるが、上下左右とも5ミリ程度ならば対応できるものが多いので、余白をなるべく少ない値に変更してみよう。デフォルトでは、20ミリ前後に設定されているので、ここを変更するだけでもWebページを印刷できる範囲はぐっと広がる。もう少し印字範囲が広ければページすべてが印刷できるのに……そんなケースの対処法としてはこれはかなり有効なので、ぜひお試しを。


「ページ設定」ダイアログ
余白の設定を5ミリ程度に変更してみよう

広告だけが印刷されるのを防ぐには

Webページを印刷したときに、広告だけのページが印刷されてしまうことがある。これはWebページに「iframe」(インラインフレーム)いうタグを使って広告を挿入しているためだ。インラインフレームは、通常のフレームとは異なり、Webページ上の好きな場所に広告などの情報を表示できるのが特徴だが、印刷時にはこれが邪魔になる。

これを防ぐには、Webページを印刷するときに[印刷]ボタンをクリックするのではなく、一度テキスト(文字)部分を選択してから印刷する。あるいは、テキスト部分にマウスのポインターを置いた状態で右クリックし、そこに表示されるメニューから印刷するか、印刷プレビューの画面を表示させて確認してから印刷すれば、テキスト部分がきちんと印刷される。

Webページの一部だけを印刷するには

IEで表示されているWebページの一部だけを印刷したいときがある。そんなときは、ページに掲載されているテキスト部分だけをドラッグして選択し、「印刷」ダイアログボックスで[選択した部分]にチェックを付けて、プリントアウトを実行すればよい。

一方、写真や地図などの画像だけを印刷するなら、その画像の上で右クリックし、表示されたメニューから[画像を印刷する]を選択する。


「印刷」ダイアログ
[選択した部分]にチェックを付けて印刷する

(掲載:2006年10月)

企業のITセキュリティ講座