ビジネスお役立ち情報 > パソコンHowTo

パソコンHowToパソコンHowTo CADを利用して設計を行う際に必要なノウハウを紹介。

パソコンHowTo のトップへ

「Windows Vista」と「2007 Office system」いよいよ登場!

「Windows Vista」と「2007 Office system」が、いよいよこの2007年1月30日にリリースされる。このコーナーでは、3回連続でこの新製品について紹介していく。第1回となる今回は、主に「Windows Vista」の特徴について取り上げていく。

「Windows Vista」の主な特徴

Windowsの新しいOS「Windows Vista」と新しくなったオフィスソフト「2007 Office system」が、いよいよ一般ユーザー向けに1月30日にリリースされる。両製品ともすでに昨年11月30日より企業向けライセンスでは提供を始めていたが、WindowsのクライアントPC向けのOS製品リリースとしては、Windows XP以来、5年ぶりとなる。ユーザーインタフェースを一新したほか、検索機能やセキュリティ機能が強化されている。

また、2007 Office systemも新しくなった「Word 2007」「Excel 2007」「PowerPoint 2007」などで構成され、「リボン」などのユーザーインタフェースを一新した上、Excel 2007の高機能なグラフ作成ツールなど、グラフィックス機能も大幅に向上された。

●ユーザーインタフェースの刷新

画面の基本構成はWindows XPと大きく変わらないが、新しいユーザーインタフェース「Windows Aero(エアロ)」の採用によって、大幅に視覚効果が高められ、操作性も改善されている。

Windows Aeroは、ガラスのような光沢と透明感を持った表現が特徴で、複数のウインドウやスタートメニューを重ねると、後ろの画面が透けて見えるのが分かる。また、画面の動作にはアニメーションが多用され、一部には3Dの表現も取り入れられている。アイコンの描写もWindows XPに比べて大きく立体的になっている。

●検索機能の充実

タイトルだけでなく、文書の中身まで全文検索が可能になり、文書に付けられた作成者やキーワードなどの付属情報でも検索ができるようになった。検索条件に一致するデータを自動的に収集する「仮想フォルダ」の機能も搭載されている。

●セキュリティの向上

管理者の権限の考え方がWindows XPと大きく変わり、管理者としてログオンしていても、自動的に制限された状態でアプリケーションが実行される。システムに大きな影響を与える操作を実行するときは、ユーザーに確認を求めるようになっている。これにより、悪質なプログラムが勝手に実行されるのを防止する。

ウイルスやスパイウェアなど不正プログラムへの対策も強化され、スパイウェア対策ソフト「Windows Defender」が搭載される。

●新しいアプリケーション

まずは、「Internet Explorer 7(IE7)」が搭載される。複数のWebページをタブで切り替えながら1つの画面で見られるようになり、RSSリーダー機能やフィッシング詐欺サイトを検出する機能などが付いた。

メールソフトとしては「Windows Mail」がプリインストールされている。今までWindows XPに付属したメールソフト「Outlook Express 6.0」に似た画面で、高機能メールソフト「Outlook 2003」と似た迷惑メール対策機能などが追加されている。

さらに、スケジュール管理ソフトの「Windowsカレンダー」を搭載。予定を入力しておけば、その時刻が近づいた際に警告を発してくれる。 また、「Pictures」「Videos」フォルダ内の画像や動画などを一覧で表示できる「Windowsフォトギャラリー」も加わった。

「Windows Media Player」はバージョン11を搭載。画面表示が改善され、取り込み済みのCDのジャケット写真一覧の表示などが可能になっている。

「Windows Vista」の各バージョン

Windows Vistaには、以下のようなバージョンが用意されている。なお、一般のビジネスユーザーにはWindows XP Professionalの後継バージョンとなる「Windows Vista Business」がお勧めだ。

■Windows Vista Home Basic

Windows XP Home Editionに対応。基本的なホームPCユーザーのニーズに応えるエントリーエディション。(Windows Aeroは搭載されず)

■Windows Vista Home Premium

Windows XP Media Center Editionに対応。Windows Vista Home Basicのすべての機能に加え、Windows Aeroが搭載される。さらにマルチメディア・オーサリング機能、テレビ表示/録画機能、DVDメディアへの書き込み機能などがサポートされる。

■Windows Vista Business

スタンダードなビジネスニーズに対応する企業向けのベースエディションで、Windows XP Professionalに対応する。Active Directoryドメインへの参加が可能で、ドメインをベースとする集中管理用の各種ポリシーが提供されるなど、効率的な集中管理を可能にする各種機能がサポートされる。

■Windows Vista Enterprise

Windows Vista Businessの全機能に加え、UNIXアプリケーションの実行をサポートするサブシステム「UNIX Base Application Subsystem」、システムやドライブ全体をまるごと暗号化し、ノートPC紛失時などの情報漏えいを防止する「BitLocker(ビットロッカー)」機能などが追加された、企業向けの最上位エディション。

■Windows Vista Ultimate

他の4種類のエディション(Home Basic、Home Premium、Business、Enterprise)すべての機能を包含するWindows Vistaの最上位エディション。個人、企業利用を問わず、標準ツールや標準機能を使いこなせるパワーユーザー向けのエディション。


ユーザー別のWindows Vista推奨エディション

「Windows Vista」の提供方法と価格

Windows Vistaは、パッケージ製品のほか、ボリュームライセンス、ソフトウェアアシュアランスなどの形態でも提供される。

なお、パッケージ製品の価格はオープン価格となっているが、マイクロソフトから参考価格が発表になっている。Windows XPの価格をほぼ踏襲した形だが、Windows VistaでもWindows XP/2000からのアップグレード版が用意されている。

Windows Vista 各エディションにおける提供形態

  Windows
Vista
Ultimate
Windows
Vista
Enterprise
Windows
Vista
Business
Windows
Vista
Home Premium
Windows
Vista
Home Basic
パッケージ
製品
 
プレインストール
PC/DSP版製品
 
ボリューム
ライセンス
       
ソフトウェア
アシュアランス
       


Windows Vista パッケージ製品の参考価格(税込)

 エディション  通常版参考価格  アップグレード版参考価格
 Windows Vista Ultimate  5万1240円  3万3390円
 Windows Vista Business  3万9690円  2万7090円
 Windows Vista Home Premium  3万1290円  2万790円
 (アカデミック版アップグレード版は
 1万8690円)
 Windows Vista Home Basic  2万7090円  1万4490円
 ※Windows Vista Enterpriseはソフトウェアアシュアランスで提供


★次回(2007年2月掲載)は「2007 Office system」の特徴や価格などについて紹介する。


(掲載:2007年1月)

企業のITセキュリティ講座