ビジネスお役立ち情報 > パソコンHowTo

パソコンHowToパソコンHowTo CADを利用して設計を行う際に必要なノウハウを紹介。

パソコンHowTo のトップへ

大きく変わった「the 2007 Microsoft Office System」

1月30日、「Windows Vista」と同時にマイクロソフトの新しいOffice製品「the 2007 Microsoft Office System」(以降、2007 Office System)が発売になった。今回はこの2007 Office Systemの特徴を紹介しよう。

2007 Office Systemの主な特徴

今回のバージョンアップでは、Microsoft Officeの歴史の中でも最大級のモデルチェンジが行われた。そのなかでも特に大きな要素が「ユーザーインタフェースの刷新」と「新たな文書フォーマットの採用」だ。 ユーザーインタフェース刷新の最大の特徴は、メニューとツールバーまわりのデザインコンセプトが一新されたこと。従来のOfficeはメニューバー内にコマンドがあり、さらにその中からよく使うものがツールバーにボタンとして配置されていたが、2007 Office Systemではこの関係が廃止され、「タブ」と「リボン」というシステムになった。


メニューとツールバーが「タブ」と「リボン」に変更された「Word 2007」の画面


タブは従来のメニューバーに近いものだが、クリックするとドロップダウンメニューが開く代わりに、下に並んでいるボタンのレイアウトが切り替わる。


「挿入」タブをクリックし、リボンを切り替えた画面。ヘッダーやページ番号など、従来ダイアログボックスで行っていた機能が搭載されている


このボタンが並んでいる部分が、リボンと呼ばれる新しいユーザーインタフェースとなる。

リボンには、ボタンをクリックするとオプションをポップアップメニューのように表示されるものもあれば、設定値を直接入力できるようになっているものもある。つまり、ダイアログボックスを開いてから指定していたような部分が、リボン上ですばやく操作できるようになっているのだ。

一方、新しい文書フォーマットとして採用されたのが、従来のバイナリ形式に代わる「Open XML」という形式。「XML」は、Webページの編集に使われるHTMLの発展系ともいえるような文書形式で、データの加工性や再利用性、また汎用性に優れている。Open XMLでは、さらにファイル容量のコンパクト化、ファイルが破損したり改ざんされたりした場合の復元性の向上などが意識され、グループワークやセキュリティの面で必要とされる要件に対応している。

なお、2007 Office Systemに含まれる「Word 2007」など、主要単体ソフトの新機能は以下の通り。

●Word 2007

よく使う文章やヘッダーを事前に登録し、それをパーツとして挿入する「クイックパーツ」機能や、ドキュメントを旧バージョンや他のドキュメントと比較する文章比較機能、ドキュメントをパブリッシュする前の最終処理を確認する機能などを搭載。また、書式やレイアウトの設定をアイコンから選択できるように改善されたほか、文章閲覧用の機能の強化や、ブログへパブリッシュする機能なども追加された。

●Excel 2007

条件付書式によるセルの色分けやアイコン表示が可能になったほか、セルの最大表示数が1024倍と大幅に拡大されている。また、印刷時のページ構成を確認しながら作業できる「ページレイアウト表示」機能が追加された。さらに、セルを高速でスクロールさせているときに、スクロールの行き過ぎを防止する機能も搭載された。

●PowerPoint 2007

PPT形式のファイルをスライド単位で管理する「スライドライブラリ」機能の追加や、「スライドマスタ」のカスタマイズ性の向上が図られた。スライドライブラリは「SharePoint 2007」が提供する機能で、スライドの再利用や変更を容易にし、組織内でのプレゼンテーションを共有することが可能になった。また、グラフィックスエンジンが変更されたことにより、文字やグラフィックスの3D化やグロウ、反射などの多彩な表現効果を実現できるようになった。

●Office IME 2007

日本独自の製品として「Office IME 2007」が搭載された。新しい日本語変換エンジンを搭載して、前後の文章を考慮した変換候補の表示ができるようになった。また、「Outlook 2007」の連絡先やグローバルアドレス帳と連携し、アドレス帳そのままの人物名やアドレスの入力が可能になった。

2007 Office Systemスイート製品の構成

今回の2007 Office Systemは、「Word 2007」「Excel 2007」といった単体のソフト(デスクトッププログラム)や、「Project Server 2007」「SharePoint Server 2007」などのサーバー製品までも含んだ総称であるが、一般的には、Officeといえば単体の製品が複数収められた「スイート製品」を指すことが多いだろう。

この2007 Office Systemのスイート製品のラインナップは以下のようになっている。

■Office Personal 2007

家庭ユーザー向け。見栄えのよい文書やワークシートの作成、電子メールの管理などを迅速かつ容易に行えるようにするための基本的なソフトウェアパッケージ(パッケージ製品のみでの提供)。

■Office Standard 2007

小規模事業所向け。 電子メールの管理と見栄えのする文書、スプレッドシート、そしてプレゼンテーションを作成するための新しい標準スイート製品。

■Office Professional 2007

ビジネスプロフェッショナル向け。主に生産性向上ソフトウェアと情報管理ソフトウェアから構成される完全かつ使いやすい統合パッケージ。情報の整理や管理の時間を節約できるような環境を提供(パッケージ製品のみでの提供)。

■Office Professional Plus 2007

企業ユーザー向け。情報をより効率的に扱えるようにするための強力なツールを提供し、高度なチームワークソリューションを実現するパッケージ(ボリュームライセンスのみでの提供)。

■Office Enterprise 2007

大企業ユーザー向け。場所や組織の境界を越えたチーム間の情報共有を、より安全かつ容易にするための機能を提供する企業向けの最上位統合パッケージ。オンライン、オフラインといった接続状態によらず、個々のユーザーの生産性を高レベルに維持するための仕組みも提供する(ボリュームライセンスのみでの提供)。

■Office Ultimate 2007

新たに提供される「Groove 2007」を含む、Officeアプリケーションの豊富なラインナップをそろえた、家庭で仕事をするユーザーやプロフェッショナル向けの最上位パッケージ(パッケージ製品のみでの提供)。

2007 Office Systemスイート製品のエディション別構成

  Personal Standard Professional Professional Plus Enterprise Ultimate
Word
Excel
Outlook
PowerPoint
Publisher
Access
InfoPath
Communicator
OneNote
Groove
InterConnect

2007 Office Systemの提供方法と参考価格

2007 Office System製品の出荷は、「パッケージ」「プリインストール」「ボリュームライセンス」の3形態で行われる。一般的には、小売店などで販売されるパッケージ版で購入される方が多いだろう。すべてオープン価格になっているが、マイクロソフトからは次のような参考価格が発表された。

2007 Office Systemのパッケージ価格(参考価格・税込)

エディション アップグレード版 通常版 アカデミック版
Personal 2万2890円 4万7040円
Standard 2万9400円 5万5440円
Professional 3万9690円 6万2790円 3万4440円
Ultimate 7万1190円 8万9040円 4万1790円

また、過去のすべてのOffice製品に対応したアップグレード版も用意されている。ビジネスユーザー向けにお勧めな「Office Professional」のアップグレード版は、3万9690円で発売されている。


★次回は「Windows Vista」と「2007 Office System」の活用法、便利な使い方などを紹介する。


(掲載:2007年2月)

企業のITセキュリティ講座