ビジネスお役立ち情報 > パソコンHowTo

パソコンHowToパソコンHowTo CADを利用して設計を行う際に必要なノウハウを紹介。

パソコンHowTo のトップへ

今すぐできる手軽な設定で迷惑メールを減らす方法

アダルトや通販のメールだけでなく、ワンクリック詐欺につながるものもあり、家庭でもビジネスでも大きな問題になっている「迷惑メール」。この迷惑メールの受信を減らす方法を、メーラーで簡易に行えるものなど、誰でも簡単に設定できるものに絞って紹介しよう。

メーラーでの「迷惑メール」対策

ふだん使っている方も多いだろう、Windowsに付属しているメーラー「Outlook Express 6.0」でも、簡単な迷惑メール対策を行うことができる。

これはメールフィルタ機能(振り分け機能)を使った方法で、メールの件名や送信者によって迷惑メールだと判断できるものを、自動的に別のフォルダに振り分けたり、削除したりするというものだ。

この方法は、アダルトや通販関連の迷惑メールで多く使われる言葉を件名で振り分けるというもの。しかし、最近の迷惑メールには件名が一見しただけでは普通のタイトルであるなど、巧みなものも多くなっているため、すべてに対抗できるものではない。あくまでも、簡易的な迷惑メール対策の1つとして考えて欲しい。

このメールフィルタ機能は、用途別にメールを好きなフォルダに振り分けることもできるので、個人的な利用だけでなく、ビジネスユースでも十分に役立つ。設定方法をしっかりと覚えておこう。

なお、Windows Vistaに搭載されているメーラー「Windowsメール」には、迷惑メール対策の機能が標準で装備されている。こちらを使用している方は、この機能を活用しよう。

■メール振り分けの手順


1.メニューの[ツール]から[メッセージ ルール]→[メール]を選択する。



[ツール]から[メッセージ ルール]→[メール]を選択


2.[新規のメール ルール]が表示されるので、上の欄(ルールの条件)の「件名に指定した言葉が含まれる場合」、下の欄(ルールのアクション)の「指定したフォルダに移動する」にそれぞれチェックを入れる。削除したい場合は「削除する」にチェックを入れる。



「件名に指定した言葉が含まれる場合」と「指定したフォルダに移動する」にチェックを入れる


3.[ルールの説明]欄の[指定した言葉が含まれる]というリンクをクリックすると、「単語の入力」が表示される。振り分けたい単語を入力して[追加]をクリック(例:出会い系、未承諾広告など)。これを振り分けたい単語の数だけ繰り返す。



振り分けたい単語を入力


4.同様に[ルールの説明]欄の[指定したフォルダに移動する]というリンクをクリックすると、移動先の画面が表示される。[新規フォルダ]をクリックして、「迷惑メール」などのフォルダ名を入力し[OK]をクリックする。



[新規フォルダ]をクリックしてフォルダ名を入力


件名だけでなく、本文に含まれるキーワードを指定して振り分けてもよいだろう。

ウイルス対策ソフトでの設定

一般に「セキュリティソフト」と呼ばれている市販のウイルス対策ソフトには、迷惑メール対策の機能を搭載したものが多い。

迷惑メールを別のフォルダに振り分けたり、件名に[MEIWAKU]という文字を付けたり、対応方法はそれぞれだが、各メーカーが独自に開発したフィルターによって迷惑メールと思われるメールを選別する。

ただし、受け取りたい通常のメールを迷惑メールと判断する場合も少なからずあるので、すぐに削除するという設定ではなく、いったん「迷惑メール」などと名前を付けたフォルダに振り分けておくようにしよう。

■迷惑メールのフィルタ機能が搭載された主なウイルス対策ソフト

 メーカー  製品名
 トレンドマイクロ  ウイルスバスター2007
 シマンテック  Symantec Norton Internet Security 2007
 ソースネクスト  ウイルスセキュリティ
 マカフィー  インターネットセキュリティスイート2007
 カスペルスキー  Internet Security 6.0
 インターチャネル・ホロン  V3 ウイルスブロック インターネットセキュリティ 2007 プラチナ



「ウイルスバスター2007」迷惑メール設定画面の例。迷惑メールと判断された場合は、件名に[MEIWAKU]という文字が付く

プロバイダーでの設定

メーラーやウイルス対策ソフトによってマシン側で迷惑メール対策を行うのとは別に、インターネットサービスプロバイダーで迷惑メールを防止するという方法もある。

以下の表のように、主要プロバイダーでは迷惑メール対策サービスを実施しているので、ぜひそれぞれのプロバイダーのサービスをチェックしてほしい。

ただし、このプロバイダーの迷惑メール対策も、ウイルス対策ソフトと同様に、通常のメールが迷惑メールと判断されてしまうケースがある。ほとんどのプロバイダーでは、迷惑メールをいったん別フォルダに振り分けておいて、すぐに削除するわけではないので、定期的にそのフォルダを確認し必要なメールが振り分けられていないかどうか確認しよう。

迷惑メールとして判断されたくないメールについては、送信元のメールアドレスを「セーフリスト」などに登録し、以後の受信については通常のメール扱いに設定しておくことも可能なので、利用できるサービスは活用して欲しい。

■主なプロバイダーの迷惑メール対策サービス

 プロバイダー  サービス
 @nifty(アット・ニフティ)  迷惑メール対策
 ASAHIネット  スパムブロック
 AOL  迷惑メールフィルタ
 BIGLOBE  迷惑メールブロック
 DION  迷惑メールフィルター
 OCN  迷惑メール対策
 ODN  セキュアメール
 So-net  迷惑メール振り分けサービス
 ぷらら  迷惑メール対策サービス



「@nifty」迷惑メール設定の例。「セーフリスト」に受信したいメールのアドレスを入力しておく


(掲載:2007年4月)

企業のITセキュリティ講座