ビジネスお役立ち情報 > パソコンHowTo

パソコンHowToパソコンHowTo CADを利用して設計を行う際に必要なノウハウを紹介。

パソコンHowTo のトップへ

Windows XP標準でもいろいろできる
画像の編集方法と保存方法

ビジネスシーンでも文書を作成する際などに画像ファイルを扱うケースは多い。そこで今回は、Windows XPで簡単にできる画像の編集方法と、保存方法を解説する。

サイトやカメラから集めた画像の保存と管理方法

Windows XPでは、Webサイトからダウンロードした画像や、デジタルカメラから取り込んだ画像などは、通常「マイ ドキュメント」内の「マイ ピクチャ」のフォルダに保存される。この「マイ ピクチャ」に、用途/ジャンル/日時ごとなどで新しいフォルダを作成して、その中に画像を保存おくと、あとで目的の画像を探しやすくなるだろう。

もちろん、「マイ ピクチャ」以外のフォルダへも保存できるが、そのときは画像ファイルだけを保存したフォルダを作成しておくことをお勧めする。Windows XPでは画像が入っているフォルダを開くと、通常のエクスプローラの画面ではなく、プレビューが付いた画面で表示される。このプレビュー表示は、画像を簡単に確認できるだけでなく、「スライドショー」形式で画像を連続して表示させたり、また、Webサイトに公開したり、メールで添付して送るといった機能が付いていて、なにかと重宝する。

ただし、画像以外のファイルやPhotoshopなどの特別なアプリケーション形式の画像ファイルが入っているとプレビュー表示がされないので、先述のようにお勧めした。


プレビュー機能。画像が大きく表示されるため、確認がしやすい


簡単な画像編集方法

Windows XPには「ペイント」という簡単な機能が付いた画像作成/編集ソフトが搭載されている。[スタート]−[すべてのプログラム]−[アクセサリ]−[ペイント]で起動することができるが、もっと簡単にこのソフトを使うことができる。

プレビュー表示付き画面やエクスプローラで編集したい画像を右クリックすると、[編集]という選択肢が表示される。これを選択すると、その画像が「ペイント」で開かれて、すぐに編集ができるのだ。

ペイントで行うことができる主な編集機能は以下の通り。

・画像サイズの拡大や縮小、変形
・上下左右の反転や色の反転、回転
・線や図形、文字の追加
・塗りつぶしや切り取り
・他形式での保存(bmp→jpgなど)


ただし、画像の明暗やコントラストの変更、色の置き換えといった高度な編集はペイントではできない。しかし、写真を適当にリサイズして文字を書き加える、といった用途であれば十分だろう。


右クリックして[編集]を選択すると「ペイント」が起動する


大きな画像は縮小してから送信

デジタルカメラで撮影した画像をメールに添付して送信する、といったケースはプライベートだけではなくビジネスのシーンでも多いだろう。しかし、入門機やコンパクトタイプのデジタルカメラでも、撮影した画像ファイルのサイズや容量はかなり大きくなる。そのため、そのまま添付して送信してしまうと、受け取る方としてはサイズが大きすぎてモニタに映りきらなかったり、縮小表示であまり美しく見えなかったり、またいくつも添付した場合などは容量オーバーにもなってしまう。メールを送った先でも見やすく画像を編集しておくことが、スマートな方法といえる。

ペイントでは、このようなサイズの縮小とともに、その画像をメールへ簡単に添付することができるので、一度お試しいただきたい。


「水平方向」「垂直方法」に同じ値を入力すれば拡大や縮小、違う値を入れれば変形ができる


一歩進んだ画像の加工

ペイントでは編集機能に限りがあるので、高度な画像編集をするには専用のグラフィックスソフトが必要になる。

市販ソフトで定評のあるグラフィックスソフトは以下のものがある。

Photoshop Elements
Paint Shop Pro
PhotoImpact


また、フリー(無料)で利用できるグラフィックスソフトも数多く出回っているので、以下のWebサイトなどからダウンロードして、実際に試しながら使いやすいものを探してみよう。

ベクター
窓の杜


カメラで撮影した画像は、多少暗かったり、フラッシュで目が赤くなっていたり、もしくはピントが合っていなくてボケていたりするものも少なくない。このような画像でも専用のソフトを利用して編集していけば、見栄えのいい画像に加工することができる。

Officeでも画像の編集ができる

マイクロソフトのOffice 2003には、「Office Picture Manager」という画像管理ソフトが搭載されている。これを使えば、画像の明暗を調整したり、トリミング、回転と反転、赤目修正といった画像編集や、登録しているフォルダ内のサムネイル表示などができる。先の専用ソフトのような高度な加工までは必要ないが、ペイントでは少々不足していると感じた方にとっては、これが十分な助けになるかもしれない。

Office 2003は、タイトルそのままにオフィス用アプリケーションとして、ExcelやWord、PowerPointなどに注目が集まるが、それだけではなく便利なソフトや機能も実は搭載されている。意外と気付かない場合が多いと思うが、宝の持ちぐされにしておくにはもったいない。


[自動修正]ボタンをクリックすると、最適な明るさや色に調整してくれる


(掲載:2007年5月)

企業のITセキュリティ講座