ビジネスお役立ち情報 > パソコンHowTo

パソコンHowToパソコンHowTo CADを利用して設計を行う際に必要なノウハウを紹介。

パソコンHowTo のトップへ

パソコン操作をすばやくする
ショートカットキーの使いこなし

Windowsでは便利な「ショートカットキー」がいろいろと設定されている。これを覚えておけば、いつものパソコンの操作をキーボードだけで済ませられ、作業のスピードアップにつながる。

マウスで行うWindowsの操作を
ショートカットキーで一発処理

普段のパソコン利用として、テキストを入力する場合にはキーボードを使用しているだろう。しかしそれ以外のさまざまな操作、アイコンの選択や移動、メニュー項目を開いての選択などはマウスを使っているはずだ。実は、このマウス操作にキーボードを併用すると、さらに効果的に操作できる。それが「ショートカットキー」だ。

例えば、Windowsの基本操作として[スタートボタン]をクリックしてのメニューがある。これは、キーボードの[Windowsキー]を押せば同様の操作ができるのだ。なお、ノートパソコンなどでWindowsキーがない場合には[Ctrl+Esc]で代用できる。

さて、マウスを使ったほうが、画面上のマウスポインタの位置やクリックなどの動作が操作と直結するため、初心者にも操作が分かりやすく簡単にできる。ただし、画面上に表示されるクリック位置での機能しか実行できず、またマウスポインタの位置を合わせるためのマウスの移動は、キーボードとマウスを持ち替える手間もあってデメリットとなる。

対してショートカットキーを使えば、マウスでのクリックと比べて機能の実行が短時間で済むケースが多く、よりスピーディな操作が可能になる。ビジネスの現場では文書作成が多くなるが、文章を書くときに「コピー」や「貼り付け」「一部選択」などの機能を使うことが多い。この操作をショートカットキーを用いてキーボードだけで行えば、マウスに比べてはるかに効果的に作業することができる。

とはいえ機能に対応するキー操作を覚えておかなければならないため、最初はちょっと戸惑うかもしれない。しかし、全てのショートカットキーを習得しなければならないわけではない。テキストの選択、コピー、貼り付けを使いこなすだけでも、文書作成の効率はかなり上がるに違いない。

ここでは、Windows XPの代表的なショートカットキーを紹介しよう。なお、詳細な一覧は[F1]で表示されるWindowsヘルプから参照することができる。

機能 目的 ショートカットキー
表示関連 [スタート] メニューの表示と非表示 Windowsキー
デスクトップの表示 Windowsキー+D
マイコンピュータを開く Windowsキー+E
開いている項目の切り替え Alt+Tab
項目を開いた順に切り替え Alt+Esc
編集関連 全てを選択 Ctrl+A
一部を選択(範囲の指定) Shift+←/→/↑/↓
コピー Ctrl+C
切り取り Ctrl+X
貼り付け Ctrl+V
元に戻す Ctrl+Z
ファイルの保存 Ctrl+S
ファイル名、フォルダ名の変更 F2
入力中の文字をカタカナに変換 F7(全角)、F8(半角)

Internet Explorer、Word、Excel
キーボードで入力と操作を同時に

Windowsの基本操作だけでなく、Internet Explorer(IE)の操作もショートカットキーで行うことができる。情報収集などでインターネットを参照することも多いだろうから、便利になる場面は多いと思う。

また、いつもよく使っているソフトウェアにもショートカットキーの機能は備えられている。ここではビジネスで使う機会の多いWordとExcelのショートカットキーも紹介しよう。

Internet Explorerショートカットキー

機能 目的 ショートカットキー
操作関連 ウィンドウの新規作成 Ctrl+N
タブの新規作成 Ctrl+T
全画面表示 F11
リンクや入力への順移動 Tab
選択されたリンクを開く Enter、Shift+Enter(別窓)
前のページに戻る Alt+←、Backspace
次のページに進む Alt+→

Wordショートカットキー

機能 目的 ショートカットキー
ウィンドウの操作 文書ウィンドウの最大化 Ctrl+F10
次の文書ウィンドウへ移動 Ctrl+F6
ファイルの操作 文書の新規作成 Ctrl+N
文書を開く Ctrl+O
文書を閉じる Ctrl+W
文書を保存 Ctrl+S、Shift+F12
名前を付けて保存 F12
その他 印刷プレビュー Ctrl+F2
クリップボードの表示 Ctrl+C,C(Cを2度押し)
コメントを挿入 Alt+Ctrl+M
文章校正を実行する F7

Excelショートカットキー

機能 目的 ショートカットキー
セル移動 データ範囲の先頭行、末尾行、左右端列に移動 Ctrl+←/→/↑/↓
1画面上/下にスクロール PageUp、PageDown
1画面左/右にスクロール Alt+PageUp、PageDown
前/次のワークシートに移動 Ctrl+PageUp、PageDown
範囲選択 各方向に範囲を広げる Shift+←/→/↑/↓
同一行や列のデータが入力されている範囲の選択 Ctrl+Shift+←/→/↑/↓
表全体の選択 Ctrl+Shift+:(コロン)
データ範囲末尾まで選択 Ctrl+Shift+End
列全体を選択 Ctrl+Space
行全体を選択 Shift+Space
データの入力 入力を確定し、アクティブセルを下に移動 Enter
入力を確定し、アクティブセルを右に移動 Tab
セル内で改行 Alt+Enter
その他 今日の日付を入力 Ctrl+;(セミコロン)
現在の時刻 Ctrl+:(コロン)
検索 Ctrl+F
置換 Ctrl+H

マウスとキーボードの二刀流で
毎日の作業を効率よく

キーボードの操作に慣れてくると、手元を見ずに打つ「タッチタイプ」ができるようになってくる。文章入力が速くなるだけでなく、キーボードと手元を交互に見比べる必要がなくなり、姿勢を変えずに済むことで低疲労性も得られる。また、ディスプレイとは別に紙資料などを参照しながら入力することもできるメリットがある。

それに対してマウスでの操作は、どうしてもディスプレイを見続ける必要があるため眼が疲れやすい。また微妙な操作を長く行うと、腕や肩が緊張し続けるという面もある。

マウスでの操作にも利点は多くあるが、キーボードの操作にも慣れることによって「速く」「正確で」「疲れにくい」作業にすることができるだろう。タッチタイプを習得するには少し時間がかかるかもしれないが、覚えておくメリットはあるはずだ。

(掲載:2008年1月)

企業のITセキュリティ講座