ビジネスお役立ち情報 > パソコンHowTo

パソコンHowToパソコンHowTo CADを利用して設計を行う際に必要なノウハウを紹介。

パソコンHowTo のトップへ

Windows Vista標準搭載「Windowsフォトギャラリー」
画像を見て、修整して、管理する多機能ソフトウェア

Windows Vistaには画像管理のソフトウェアとして「Windowsフォトギャラリー」が搭載されている。これは画像の管理だけでなく、ある程度の修整や加工も簡単にできる便利なものだ。うまく使いこなせば企画書に添付する画像にバリエーションを持たせたり、画像データの管理効率を上げたりできるだろう。

Windows XPの「Windows 画像とFAXビューア」から進化
Windows Vistaに搭載の「Windowsフォトギャラリー」

Windows Vistaに収録されている「Windowsフォトギャラリー」は、Windows XPに搭載されていた「Windows 画像とFAXビューア」が進化したアプリケーションになる。これまでの画像とFAXビューアは画像を見るためのもので、拡大縮小や回転、スライドショー、そして印刷などの機能も装備しており、画像のコピーや保存、削除など、ファイル操作についても行うことができた。

Windowsフォトギャラリーでは、こうした既存の機能のほかに、画像の補正機能、整理機能、共有機能が追加された。扱える画像形式も増えて「BMP」「JPEG」「TIFF」「PNG」「WDP」のほか、「ASF」「AVI」「MPEG」「WMV」形式の動画も表示できるようになり、アプリケーションとして使い勝手が向上している。それでは実際に検索のしやすさや画像修整の方法を見ていこう。

Windowsフォトギャラリー

写真や動画を撮影日やタグ付けで分類して
画像データのソートや検索を的確に行う

Windowsフォトギャラリーの起動は、スタートメニューから[すべてのプログラム]>[Windowsフォトギャラリー]で行える。なお、デジタルカメラで撮影した写真などを「写真」フォルダに保存している場合、このままではWindowsフォトギャラリーでは「写真」フォルダの画像を探し出して表示することはできない。まずは、画像のあるフォルダをWindowsフォトギャラリーで扱えるように追加する必要がある。

Windowsフォトギャラリーを起動して、メニューから[ファイル]>[ギャラリーへのフォルダの追加...]を実行、ダイアログから画像を保存しているフォルダを選択したら「OK」をクリックする。これで「写真」フォルダが追加され、フォルダ内にある画像が表示されるようになる。

とはいえ、これだけでは写真の一覧が表示されるだけで[エクスプローラ]と使い勝手は大きく変わらない。Windowsフォトギャラリーの使いどころは、コンピュータ上の画像を検索しやすいように、画像へ「タグ」を付ける機能が搭載されている点だ。タグを付けるために、まずはメニューの[情報]を実行する。するとウィンドウの右側に「情報」ウィンドウが表示され、選択している画像に関するタグや評価などの情報が表示される。ここで「タグの追加」ボタンを押し、タグを入力していけばよい。

「情報」ウィンドウを表示させて「タグの追加」

タグは複数入力することができるので、その写真の属性となる値、例えば撮影年月日、被写体となっている人物名、場所、写真の種類(スナップや風景など)、印象(赤い、青い、都会、自然など)をいろいろと設定しておけばよい。また複数の画像に同じタグを付けたい場合、それらの画像を複数選択して「タグの追加」を行えば、一括して入力ができる。

さて、タグを設定したら、次はタグが付いた画像を検索してみよう。ウィンドウ左に表示されているタグのリストから選択すると、そのタグが設定されている画像およびビデオが一覧として表示される。例えば、「夏」のタグが設定されていれば夏の写真を見ることができ、「車」と「赤」のタグが設定されていれば赤い車の写真を集めることができる。また、デジタルカメラで撮影した写真なら自動的に撮影日が記録されるため「撮影日」のリストから写真を検索することができる。

さらに、写真や動画のデータに星マークで表示されている評価をしておけば「評価」のリストからもソートを行うことができる。このように、さまざまな方法、切り口で映像データを検索することができるのが特徴となっている。

画像の補正やリサイズが苦手でもワンタッチで作業可能
もちろんカスタマイズでこだわりの微調整も

Windowsフォトギャラリーで新たに搭載された画像の修整機能には「自動調整」「露出の調整」「色の調整」「画像のトリミング」「赤目修整」などがある。特に注目したいのが「自動調整」機能だ。画像を補正する方法に詳しくない、慣れていない人でも、ボタン1つで写真の見栄えをよくできる優れものの機能だ。簡単に修整できるため、多くの画像を直したい場合にも役立つだろう。

もちろん自動調整で思い通りの画像にならない場合は手動で画像を修整することもできるし、まずは自動調整の結果をベースとして画像補正に慣れていくのもいいだろう。その他の項目、「露出の調整」では明るさとコントラスト、「色の調整」では色温度、濃淡、鮮やかさが細かく調整でき、「赤目修整」では撮影時に瞳が赤くなってしまったものをボタン1つで直すことができる。

「自動調整」と「露出の調整」「色の調整」そして「赤目修整」で画像を補正

画像サイズの変更も簡単にできる。例えば画像をメールに添付する場合、適切なファイルサイズに収める必要がある。最新のデジタルカメラやスキャナでは精細な画像が得られるが、それは同時に画素数が多いことにもなり、そのファイルサイズは画像1つだけで数MBになることもある。ここでメニューの[電子メール]機能を使えば、ワンタッチで適切なサイズに縮小できる。もしくは「画像のトリミング」機能を使って画像の一部を切り取ってもいいだろう。

画像サイズを「大」「中」「小」「最小」から選び電子メールで送信

このほかにもファイル管理機能としてデータをCD-RやDVD-Rへ直接書き込んだり、プリンタで手軽に印刷を行えるなど多くの機能を持っているので、いろいろと試して欲しい。

(掲載:2009年2月)

関連リンク

企業のITセキュリティ講座