ビジネスお役立ち情報 > パソコンHowTo

パソコンHowToパソコンHowTo CADを利用して設計を行う際に必要なノウハウを紹介。

パソコンHowTo のトップへ

こうすれば疲れない
キーボード&マウスの操作方法

長時間のパソコン作業では、首や肩にも疲れがたまり、肩こりや眼精疲労の原因にもなる。それを改善する正しいキーボードとマウスの使い方や設定方法を解説する。

疲れにくい
正しいキーボードの使い方

パソコンを長時間利用している人にとっては、モニタを見続けることによる目の疲れが大きな悩みの一つだろう。けれどもパソコン疲れは目だけではない。キーボードやマウスを使用するときの操作方法や姿勢なども大きな原因となっているのだ。

ここではちょっとした工夫でパソコン疲れを軽減できる、キーボードの正しい使い方を解説しよう。

キーボードの置き場所を調整する

まずはキーボードの置き場所だが、キーボードとモニタの中心点を合わせて置いてしまっていないだろうか。これではホームポジションに指を置いたときに、体全体が左側に少し寄ってしまうのだ。キーボードの「G」と「H」のキーの間を中心にして置いてみよう。これで正しいホームポジションが体の中心に来るはずだ。

パソコン疲れを軽減するキーボード、モニタ、マウスの位置

キーボードとマウスを近づける

右手はキーボードとマウスを頻繁に移動する。マウスをキーボードと離れた場所に置いていると、右手の移動量が増えて疲労につながる。マウスはなるべくキーボードに近い場所で操作するようにしたい。また、テンキーの付いていない、あまり幅が長くないキーボードに交換するというのも、疲労を少なくする一つの方法だ。

手首を曲げずにキーボードを打つ

キーボードを打つときは、あまり手首を曲げないほうがよい。そして、より自然な動きを意識してみよう。ホームポジションに指を置き、最小限の動きで指を移動させるのだ。

なお、キーボードは奥が平坦に近いほど手首が真っすぐになり、負荷が軽減されるので、あまり角度を付けないほうがよい。キーボードに付いているチルトスタンド(立て足)は使わないことをお勧めする。

クッションを使う

キーボードの角度が合わず、手首を曲げて作業をしている方は、「パームレスト」と呼ばれるクッションを使ってみよう。手首が真っすぐになり、疲労感はかなり軽減されるはずだ。

ほとんどのノートパソコンはこのパームレストを設置したときと同じような設計になっており、疲れにくい設計となっている。長時間デスクトップのキーボードを使用している方は、ぜひパームレストを導入しみよう。

エルゴノミクス対応のキーボードを使う

「エルゴノミクス(人間工学)」デザインに基づいて設計されたキーボードも数多く販売されている。この商品の特長は、長時間使用しても疲れにくいようにキーの配列がカーブ形状となっていたり、傾斜が付いていることだ。手や腕も自然な位置に置くことができ、疲労軽減につながる。

エルゴノミクス対応のキーボードはさまざまなものがあるので、まずは自分でキーを打って試してみよう。通常のタイプと比べるとやや割高ではあるが、キーボード操作に疲れを感じている方はぜひ購入を検討してみよう。

エルゴノミクスデザインのキーボード
エルゴノミクスデザインに基づいて設計された「マイクロソフト Natural Ergonomic Keyboard 4000」

右手+左手?
疲れないマウスの使い方

マウスもキーボードと同様に使い方を工夫すれば、疲れを軽減することができる。

手のひらを密着して使用する

マウスもキーボードと同じように、手首を曲げないほうが疲れにくい。手のひらはしっかりとマウスに密着させて動かすようにしよう。なお、人差し指と中指は、マウスの先端のほうに乗せておくとよい。こうすればわずかな力でクリックできるので、疲れは少なくなる。

リストレストを使う

マウスはある程度の大きさがあるほうが、手のひらを密着して使用できるため疲れも少なくなるが、高さのあるマウスの場合は手首が曲がってしまうことがある。そのようなときは、「リストレスト」というクッションを置いてみよう。手の下に置くことによって、手の負担を軽減することができる。

複数のマウスを使い分ける

頻繁にマウスを使う人の場合、業務によっては左手用マウスを使用すると疲れもかなり少なくなる。通常の業務のときはメインの右手用マウスを使用し、Webの閲覧など細かい作業を要求されないときに左手用マウスを使用する。最初は慣れないかもしれないが、右手を休めることでパソコン疲れは大幅に軽減できるはずだ。

操作をより快適にする
設定や調整の方法

キーボードやマウスを快適に使用するには、Windowsの設定を調整するのも一つの手段だ。ちょっとした調整によって、パソコンを利用する際の疲れ方も大きく変わってくる。

キーボードの速度を調整する

「コントロールパネル」の「キーボード」では、キーを押してから文字を表示するまでの待ち時間を変えることができる。一般的に速度を速くしたほうがストレスは減るが、少し間があってから表示されるほうが快適だと感じる人もいる。自分にとって使いやすい表示速度を設定しよう。

「コントロールパネル」の[キーボード]で表示速度を調整できる

マウスのポインタを調整する

マウスの場合も、やはり「コントロールパネル」でポインタの動きなどを調整することができる。ポインタの速度を速くしたほうがマウスを動かす量も減るが、こちらもキーボードと同じように個人の好みがある。自分にとっての最適の速度を設定しよう。ダブルクリックの速度や、ホイールの操作を調整することもできる。

また、[ポインタを自動的に既定のボタン上に移動する]にチェックを入れると、ダイアログボックスなどが表示されたときに、[はい][いいえ][OK]などのボタン上に自動的にポインタが移動する。マウスの操作がかなり楽になるが、こちらも自分に合わせて設定すればよいだろう。

「コントロールパネル」の[マウス]でポインタの動きなどを調整できる

こうした設定の変更や調整だけでも、ぐんと使い勝手が良くなり、疲れを軽減できるようになるはずだ。ぜひ試していただきたい。

(掲載:2009年10月)

関連リンク

企業のITセキュリティ講座