ビジネスお役立ち情報 > パソコンHowTo

パソコンHowToパソコンHowTo CADを利用して設計を行う際に必要なノウハウを紹介。

パソコンHowTo のトップへ

Windows 7に搭載された
便利な機能の利用法

最新のOSであるWindows 7には、ユーザの利便性を高めるために新たに搭載された機能や、強化された機能がある。その中から、今回はデスクトップでの作業を効率化するものを取り上げ、その賢い使い方を解説する。

より使いやすくなった
タスクバー

Windows 7のタスクバーはWindows XPやWindows Vistaよりも幅を大きく設定でき、起動中のアプリケーションなどのボタンが大きなアイコンで表示できるようになった。これにより起動中のアプリケーションが一目で分かり、マウスでのタスク切り替えがより容易にできるようになっている。

よく使うアプリケーションのショートカットをスタートボタンの脇に登録しておける「クイック起動」も、タスクバーに統合された。タスクバーに常に表示しておくには、任意のショートカットをタスクバー上にドラッグ&ドロップするか、タスクバーに表示された実行中のアプリケーションアイコンを右クリックして[タスクバーにこのプログラムを表示する]を選べばよい。よく使うアプリケーションはどんどんタスクバーに登録し、すぐに起動できるようにしておこう。

起動中のアプリケーションやウィンドウのボタンが大きなアイコンで表示される
起動中のアプリケーションやウィンドウのボタンが大きなアイコンで表示される
(「タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ」で「小さいアイコンを使う」という設定も可能)

アプリケーションをタスクバーに登録するには[タスクバーにこのプログラムを表示する]を選択する
アプリケーションをタスクバーに登録するには[タスクバーにこのプログラムを表示する]を選択する

使い勝手の良い
ジャンプリスト

Windows 7のタスクバーに追加された新機能では、「ジャンプリスト」の使い勝手が特に良い。

Windows 7ではタスクバー上のアプリケーションアイコンを右クリックすると、ジャンプリストと呼ばれるメニューが現れる。ここには最近使ったファイルやWebサイト、再生したコンテンツの履歴などがリスト形式で表示され、選択すればアプリケーションが起動し、そのWebサイトやファイルなどに直接アクセスできる。

また、このジャンプリストの内容は編集でき、選択中の項目の横に現れる「ピン」ボタンをクリックすることで常に表示するように設定したり、右クリックメニューから不要な項目を削除することも可能だ。

タスクバー上のアイコンを右クリックするとジャンプリストが表示される
タスクバー上のアイコンを右クリックするとジャンプリストが表示される

「ピン」ボタンをクリックすると常に表示するように設定できる
「ピン」ボタンをクリックすると常に表示するように設定できる

スタートメニューからも
よく使うファイルにアクセス可能

スタートメニューは基本的にVistaと同じだが、終了のボタンが「シャットダウン」という分かりやすい日本語表示になったのがユーザにはうれしい。

左側のプログラム一覧には、最近開いたプログラムのショートカットが表示される。この中には上から順に使用頻度が高いプログラムが表示されているが、使用頻度に関係なく常にスタートメニューの左側に表示したい場合は、アイコンを右クリックし[スタートメニューに表示する]を選ぶ。

また、よく使うアプリケーションをタスクバーに登録させる方法を紹介したが、スタートメニューに表示されたアプリケーションにも最近使ったファイルの一覧が表示されるようになった。スペースの関係でタスクバーに登録していないアプリケーションがあっても、ここからすばやくファイルが開ける。

常時表示させたいときはアイコンを右クリックし[スタートメニューに表示する]を選ぶ
常時表示させたいときはアイコンを右クリックし[スタートメニューに表示する]を選ぶ

スタートメニューにもジャンプリストが表示される
スタートメニューにもジャンプリストが表示される

多彩なウィンドウ操作が行える
デスクトップ拡張

Windows 7では複数のウィンドウを開いているときに、ガジェット以外のウィンドウをすべて透明にすることができる。

これは簡単なマウス操作だけで行える。マウスポインタをデスクトップの右下隅へ置くだけで、すべてのウィンドウが透明になる。アイコンやボタンを操作するわけではないので気づかない人も多いだろうが、一度覚えるとすこぶる使い勝手が良い。

また、Windows 7では複数のウィンドウを開いているときに、使用するウィンドウ以外を簡単に最小化することができる。残したいウィンドウの上部をドラッグして左右に振ると、画面上のほかのウィンドウがすべてタスクバーに最小化されるのだ。そして、もう一度ウィンドウを左右に振ると、すべてのウィンドウが再表示される。

マウスをデスクトップの右下隅へドラッグするとすべてのウィンドウが透明になる
マウスをデスクトップの右下隅へドラッグするとすべてのウィンドウが透明になる

ウィンドウ上部を左右に振ると、ほかのウィンドウがすべてタスクバーに最小化する
ウィンドウ上部を左右に振ると、ほかのウィンドウがすべてタスクバーに最小化する

ドラッグして簡単に
ウィンドウの整列

Windows 7にはウィンドウの自動整列機能が備わっている。ウィンドウ上部をドラッグしてマウスポインタを画面の左端まで移動させると、画面左半分の大きさにウィンドウが自動調整されるのだ。

同様にウィンドウ上部を右端までドラッグすると右半分の大きさに表示され、2つのウィンドウが左右に並べられる。2つの文書を見比べるときや、Webブラウザを見ながら資料を作成するときなどに便利だ。

ウィンドウを左端までドラッグすると画面左半分の大きさになる
ウィンドウを左端までドラッグすると画面左半分の大きさになる

2つのウィンドウを左右に並べることができる
2つのウィンドウを左右に並べることができる

このように、Windows 7のデスクトップまわりの機能は大きく改良された。これらの機能をしっかりとマスターすれば、作業効率も大幅に高まるに違いない。

(掲載:2010年6月)

関連リンク

企業のITセキュリティ講座