ビジネスお役立ち情報 > パソコンHowTo

パソコンHowToパソコンHowTo CADを利用して設計を行う際に必要なノウハウを紹介。

パソコンHowTo のトップへ

エクスプローラーを使いこなして
ファイル操作の達人に

ふだん使っているWindowsの「エクスプローラー」には、まだまだ知らない操作方法がいっぱいある。ファイル操作に関するさまざまな技をマスターし、ファイル操作の達人になろう。

[送る]で
ファイルを簡単コピー

ファイル名を右クリックすると表示される[送る]メニュー。ファイルを圧縮するときやメールを送信するときなどによく使われるが、ファイルのコピーもここで行うことができる。

設定方法はとても簡単だ。よく使うフォルダを[送る]メニューに登録しておけばよい。「SendTo」というフォルダに、そのフォルダのショートカットを入れるだけ。

Windows Vista/7の「SendTo」フォルダ
Windows VistaとWindows 7では、スタートメニューの検索バーに「shell:sendto」と入力して開くと、このようにフォルダが表示される

Windows XPの「SendTo」フォルダ
Windows XPでは「Documents and Settings\ユーザー名\SendTo」を開く(スタートメニューの「ファイル名を指定して実行」に「shell:sendto」と入力してもよい)

[送る]メニューにフォルダが追加される
[送る]メニューにフォルダが表示されるので、ここを選択すればコピーできる

複数のファイルに
連番を付ける

画像を整理するときに、不要なファイルを削除したあと、連番でファイル名を付けるケースがあるが、1つずつファイル名を入力していては大変だ。

ファイル名に連番を付けるのはエクスプローラーを使えば簡単にできる。まずは連番を付けたいファイルをすべて選択し、1つ目のファイル名上で右クリックし[名前の変更]を選択する。そして、ファイル名のあとに半角スペースを空け、「(1)」と入力して[Enter]キーを押す。これだけですべてのファイルに連番を付けることができる。

Windows XP/Vistaの連番名付け
Windows XPとWindows Vistaでは、1つ目のファイル名のあとに半角スペースを空け「(1)」と入力するとすべて連番になる

ログオフ時に開いていたフォルダを
自動的に表示

再起動したとき(ログオン時)に、前回終了時(ログオフ時)に開いていたフォルダが自動的に表示されると、継続的に行っている業務のファイルにアクセスしたいときなどに便利だ。

こちらも設定は簡単。エクスプローラーの[フォルダオプション]>[表示]タブで[ログオン時に以前のフォルダーウィンドウを表示する]にチェックを入れればよい。

Windows各バージョンでの設定方法
Windows VistaとWindows 7では[整理]>[フォルダーと検索のオプション]を選択。Windows XPでは[ツール]>[フォルダオプション]を選択する

フォルダをタスクバーに登録

よく使うフォルダのショートカットをデスクトップに貼っている人は多いと思うが、タスクバーに登録しておけば、ウインドウの下に隠れてしまうこともなくとても便利に使うことができる。エクスプローラーの操作ではないが、ここで紹介しておきたい。

Windows 7では、タスクバー上の何も表示されていない場所で右クリックして[ツールバー]>[新規ツールバー]を選択すれば設定できる。

Windows 7はタスクバーで右クリック

Windows XPとWindows Vistaでは、登録したいフォルダを上方にドラッグし、画面のそれ以上移動できないところでドロップすればツールバーが表示される。

Windows XP/Vistaは画面上までドラッグ&ドロップ


 エクスプローラーは、ファイルを開いたり、コピーや削除のためだけに使っている人も多いだろう。しかし、今回紹介した操作のほか、役立つ使い方はまだ数多くある。自分なりの使い方を見つけて、エクスプローラーの達人になろう。

(掲載:2010年9月)

関連リンク

企業のITセキュリティ講座