ビジネスお役立ち情報 > パソコンHowTo

パソコンHowToパソコンHowTo CADを利用して設計を行う際に必要なノウハウを紹介。

パソコンHowTo のトップへ

格段に見やすくなる
ディスプレイの設定方法

最近のパソコンはディスプレイの大型化が進んでいる。日ごろ使っているこうしたパソコンのディスプレイは、その設定を少し変えるだけで格段に見やすくなり、そして目の疲れも低減することができる。そのポイントを解説する。

アイコンや文字を見やすくする設定

ディスプレイの大画面化やグラフィックスカードの高性能化によって、最近のパソコンはより広い画面で表示できるようになったが、そのぶんアイコンや文字が小さく見えるようになって、以前より読みにくいといった悩みを抱えている方も多いのではないだろうか。

以下のような手順で、アイコンや文字を見やすくすることができる。

  1. 「コントロールパネル」から「ディスプレイ」を選択(Windows XPは「画面」を選択)
    Windows 7は「ディスプレイ」を、Windows XPは「画面」を選択
  2. 「小」(既定)「中」「大」の3段階で文字の大きさを変えることができる(Windows XPは「デザイン」タブの「フォントサイズ」で変更)
    Windows 7は「小・中・大」で、Windows XPは「フォントサイズ」で文字の大きさを変更
  3. 「カスタムテキストサイズの設定(DPI)」をクリックすると、文字やアイコンの大きさを100%から500%まで自由に変更できる(Windows XPは「設定」タブの「詳細設定」をクリックし、「画面」の「カスタム設定」を選択)
    Windows 7は「カスタムテキストサイズの設定(DPI)」で、Windows XPは「画面のカスタム設定」で表示の大きさを変更

画面を一時的に大きく表示する

文字やアイコンを常に大きく表示したいときは前項の方法が便利だが、一部分だけを一時的に拡大したいときは「拡大鏡」という機能が便利だ。

拡大鏡の使い方は以下の手順で行う。

  1. 「コントロールパネル」−「ディスプレイ」画面で「拡大鏡」をクリック(Windows XPはスタートメニューの「すべてのプログラム」−「アクセサリ」−「ユーザー補助」から「拡大鏡」を選択)
    Windows 7は「コントロールパネルの拡大鏡」で、Windows XPは「アクセサリの拡大鏡」で画面の拡大
  2. 拡大鏡の「表示」ボタンをクリックすると、表示方法を選択できる(Windows XPは「固定」のみ)
    Windows 7は表示方法をさらに選択できる

目の疲れを少なくする設定

ディスプレイを長時間見続けていると目が疲れてくるが、その疲労を軽減できる方法がある。

目の疲れを引き起こす一番の要因は「輝度」(明るさ)の設定にあると考えられる。明るい画面、つまり高い輝度だと画面は美しく見えるが、実はこれが目の疲れにつながるのだ。

ディスプレイの出荷時は、通常、画面がきれいに見えるように輝度が高く設定されている。目の疲れを少なくするには、以下の方法で輝度を調整する。

なお、ディスプレイの輝度の調整方法は機種によって異なるので、説明書などで確認しよう。

  1. Wordなどで作成した書類を白いコピー用紙にプリントアウトし、ディスプレイの横に掲げる。ディスプレイには作成したそのファイルを表示する。
  2. 表示されたファイルの白地が、印刷されたものよりも明るい(白い)ときは、輝度を下げる。
    紙の白地と画面の白地の明るさを揃える

Windows 7のウイザードで画面を調整

Windows 7には、ディスプレイの表示を最適化する機能がある。「コントロールパネル」−「ディスプレイ」を選択し、「色の調整」をクリックするとウイザードがスタートする。画面を見ながら調整していけば、ディスプレイが正しく表示されるようになる。

Windows 7でのディスプレイ最適化


ちょっとした調整で、これまで使っていたディスプレイが見やすくなり、そして目の疲れも少なくなるはずだ。誰でも簡単にできるので、ぜひすぐに実行しよう。

(掲載:2010年12月)

関連リンク

  • マイクロソフト Windows7 移行支援サービス

    大塚商会では、お客様のスムーズなWindows7移行を支援するためWindows7 Deployment Factoryを開設しました。最適なPC機種選定から、企業内への導入・展開方法のご相談、仮想化ソリューションの活用、最新サーバソリューションとの連携までWindows7導入に関する横断的なサービスをご提供し、Windows7導入時の疑問点をまとめて解決します。


  • マイクロソフト デスクトップ導入計画サービス(DDPS)

    デスクトップ導入計画サービス (DDPS) は、お客様の環境に合わせて、最適なデスクトップ環境への移行や展開計画を支援するサービスです。最適な手法と最短のスケジュールで効率のよい移行と展開作業を行えるよう、実績豊富なDDPSパートナーの大塚商会が支援いたします。


企業のITセキュリティ講座