ビジネスお役立ち情報 > パソコンHowTo

パソコンHowToパソコンHowTo CADを利用して設計を行う際に必要なノウハウを紹介。

パソコンHowTo のトップへ

見栄えの良い文書は
フォント選びから

同じアプリケーションを使っているのに、なぜか見栄えが全く違う文書になるということがある。その原因はずばり、フォントの使い方にある。人とは差がつくフォントの活用方法を解説する。

フォントの使い分けで
見栄えの良い文書に

報告書や企画書など社内外のビジネス文書は、中身がいかに優れていても、見た目が悪いと印象は良くない。そこでフォント(書体)をうまく活用することで、出来栄えが大きく変わってくるのだ。しかし、むやみにいろいろな種類のフォントを使えば良いというわけでもない。重要なのは、目的や用途に応じてふさわしいフォントを使い分けることだ。

Windowsには、基本的な日本語フォントとして「MS 明朝」と「MS ゴシック」の2種類が含まれている。さらに書体は同じだが「MS P明朝」と「MS Pゴシック」というPの文字がついたフォントもある。

MS 明朝とMS ゴシックは等幅(とうはば)フォントと呼ばれ、例えば「わ」や「W」のような横に長い文字も、「く」や「I」のような細い文字も、1文字分の横幅は同じになる。これに対してMS P明朝やMS Pゴシックは「プロポーショナルフォント」と呼ばれ、横長の文字は横長に、細い文字は細い幅で文字が表現される。そのため等幅フォントよりも自然で、美しい文字の並びが表現できる。Wordなどのワープロソフトで作る文書の場合は、「P」がついたプロポーショナルフォントを使用した方が見栄えが良くなることが多い。

具体的なフォントの使い分けについては、報告書や企画書などのビジネス文書には、本文にMS 明朝などの「明朝体」、タイトルや見出しにMS ゴシックなどの「ゴシック体」を使うことが基本となる。書籍や雑誌の本文にも使われていることが多い明朝体は、美しく読みやすい書体のためビジネスレターの本文にも最適だ。一方ゴシック体の方は、文字の縦横の線の太さが均一で、明朝体よりも線が太い。文章のすべてにゴシック体を使うとかなり読みにくい印象になるが、タイトルや見出しなど、目立たせたい部分に使えば効果的だ。

ポスターやPOPなど文字が少ないものには、基本的にはゴシック体を使いたい。明朝体の文字を大きくしても、線が細いためインパクトに欠けるからだ。Office系のソフトにはポップ体や行書体、楷書体といったフォントも添付されているが、特に「HG創英角ポップ体」のような極太書体はポスターなどには最適だ。なお、筆文字のような行書体、楷書体は、年賀状のような特別の用途には良いが、一般的なビジネス文書には使わない方が無難だ。

いずれにしてもT.P.O.に合わせてフォントを選ぶことが重要になる。特にさまざまなフォントを秩序なく使うことは、文章が読みづらくなり、見た目にもまとまり感がないものになってしまうので絶対に避けたい。

キャッチコピーにHG創英角ポップ体を使用したポスター(PowerPointで作成)
キャッチコピーにHG創英角ポップ体を使用したポスター(PowerPointで作成)

関連記事

関連リンク

  • 外部の業者に頼らない媒体制作が可能となるDTPソリューション

    Microsoft Officeなどのビジネスソフトウェアにおけるグラフィック機能の強化は、一般職員にも「お知らせ」や「ご案内」などの簡単なチラシづくりを可能にし“ 自分の机で出版”というDTP(デスクトップパブリッシング)をより身近なものにしています。


企業のITセキュリティ講座