ビジネスお役立ち情報 > パソコンHowTo

パソコンHowToパソコンHowTo CADを利用して設計を行う際に必要なノウハウを紹介。

パソコンHowTo のトップへ

Windows 7を自分にあわせてカスタマイズ
ファイルの管理も自動化しよう

Windows 7の設定を見直して、自分の仕事のスタイルにあわせて変更することにより、その使い勝手はぐっと良くなる。操作がスムーズになることで、ビジネスの効率も向上するだろう。

Windowsを始めるなら[スタート]メニュー
表示や使い勝手をカスタマイズ

[スタート]ボタンをクリックすると表示される[スタート]メニューは、自分好みにカスタマイズできる。よく使うアプリケーションやショートカットを追加したり、「お気に入り」メニューなどを表示させて、より使いやすい[スタート]メニューにしよう。

  1. [スタート]ボタンの上で右クリックして[プロパティ]を選択する。
    [プロパティ]選択
  2. [スタート]メニューのタブを開き、[カスタマイズ]をクリックする。
    [カスタマイズ]クリック
  3. [スタート]メニューに追加したい項目にチェックを入れる。
    項目にチェック

操作のたびにアカウント制御の警告画面
表示を制御する

新たにアプリケーションをインストールしたり、またはアップデートプログラムを実行するときなどに「ユーザーアカウント制御」のメッセージが表示される。しかし、作業中にこのメッセージが頻繁に出現すると、わずらわしいと感じてしまうことも多いのではないだろうか。

この警告表示は無効にすることができる。ただし、この警告画面は意図しないシステム変更を防ぐためのセキュリティ機能であるため、無効にすることでセキュリティが低下することは注意しておこう。

  1. [コントロールパネル]から[ユーザーアカウント]−[ユーザーアカウントと家族のための安全設定]−[ユーザーアカウント]とクリックする。
    [コントロールパネル]から[ユーザーアカウント]
  2. ログオンしているユーザーの名前が表示されるので、[ユーザーアカウント制御設定の変更]をクリックする。
    [ユーザーアカウント制御設定の変更]クリック
  3. 画面左のスライドバーを一番下の[通知しない]に設定し、[OK]をクリックする。
    [通知しない]設定

ファイルの情報を示すポップアップ
必要がないならオフに

ファイルにマウスのポインタを重ねると、ファイルの種類やサイズなどの情報が自動的にポップアップ表示されるが、その表示の影に他のファイルや項目が隠れてしまい作業の邪魔になることがある。

このポップアップ表示をオフにするには、以下の手順で行う。

  1. [スタート]メニューから[コンピューター]を選択し、メニューバーの[整理]から[フォルダーと検索のオプション]をクリックする。
    [フォルダーと検索のオプション]クリック
  2. [表示]タブを開き、[詳細設定]にある[フォルダーとデスクトップの項目の説明をポップアップで表示する]のチェックを外し、[OK]をクリックする。
    [フォルダーとデスクトップの項目の説明をポップアップで表示する]チェック外し

ファイルの表示や管理を自動化
フォルダーの種類の設定

Windows 7は、画像の多いフォルダーを「ピクチャーフォルダー」、書類が多いフォルダーを「ドキュメントフォルダー」と、自動的に認識する。フォルダーの種類はこの他に「一般項目」「ミュージック」「ビデオ」が用意されており、あらかじめフォルダーを目的に合わせて設定すれば、ファイル管理の自動化が行われて便利になる。また、フォルダーごとに表示方法を変えることも可能だ。

フォルダーの種類を変更する

  1. 変更したいフォルダーを開き、何もないところで右クリックしてメニューから[このフォルダーのカスタマイズ]を選択する。
    [このフォルダーのカスタマイズ]選択
  2. [フォルダーの種類]から目的に合った項目を選択する。
    [フォルダーの種類]

ファイルの表示方法を変更する

  1. 画面右上の[▼]をクリックして、設定したい項目を選択する。
    設定したい項目を選択
  2. 同じ種類の別のフォルダーにも変更を適用するには、メニューバーの[整理]から[フォルダーと検索のオプション]をクリックし、[表示]タブから[フォルダーに適用]をクリックする。
    [フォルダーに適用]

(掲載:2011年5月)

関連リンク

  • マイクロソフト Windows7 移行支援サービス

    大塚商会では、お客様のスムーズなWindows7移行を支援するためWindows7 Deployment Factoryを開設しました。最適なPC機種選定から、企業内への導入・展開方法のご相談、仮想化ソリューションの活用、最新サーバソリューションとの連携までWindows7導入に関する横断的なサービスをご提供し、Windows7導入時の疑問点をまとめて解決します。


  • マイクロソフト ソリューションセンター

    マイクロソフトソリューションセンターは、大塚商会がさまざまな分野にかかわるマイクロソフト製品を中心とした「トータルワンストップソリューション」を提案します。お客様のご要望をヒアリングし、お客様に合わせた最適かつ柔軟なシステムソリューションを体験していただけます。


企業のITセキュリティ講座