ビジネスお役立ち情報 > 仕事効率を上げるパソコン手帖 > これでもう大丈夫。迷惑メールラクラク撃退法!!

仕事効率を上げる「パソコン手帖」仕事効率を上げる「パソコン手帖」

仕事効率を上げるパソコン手帖のトップへ

これでもう大丈夫。迷惑メールラクラク撃退法!!これでもう大丈夫。迷惑メールラクラク撃退法!!

日々増え続ける迷惑メール(スパムメール)。今や全世界で送られているメールの90%が迷惑メールともいわれているくらいだ。 受信するメール自体が少量なら、手作業で削除するのも苦にならないが、その数が数十通、数百通となると、業務に支障をきたす恐れもある。そこで、迷惑メールを撃退するための効果的な方法を考えてみよう。

学習型迷惑メールフィルタ機能を搭載した「Windows Live メール」学習型迷惑メールフィルタ機能を搭載した「Windows Live メール」

Windows Vista、Windows7に標準搭載されているメールソフトは「Windows Live メール」だ。Windows XPまで標準メールソフトだった「Outlook Express」(OE)の後継ソフトで、OEにはなかった学習型迷惑メールフィルタ機能が備えられている。

メールが届くたびにこのフィルタが迷惑メールかどうかを判定し、迷惑メールとして判定されると、受信トレイとは別に設けられた「迷惑メールフォルダ」へ自動的に振り分けられるという仕組みだ。

とはいえ、学習型フィルタのため、初期段階の精度はイマイチで、明らかな迷惑メールと認定されない限り、振り分けられない。

それを改善するためには、「処理レベル」を上げて、完全に迷惑メールと判定されなくても、疑わしいメールを迷惑メールとして処理するように設定し直す必要がある。ただし、この方法は、正規メールまで迷惑メールとして判定されるリスクが伴うので、それと同時に実際にメールを受け取ったことがある相手を「差出人セーフリスト」に登録しておくことをオススメする。

迷惑メールフィルタの処理レベルを上げる方法迷惑メールフィルタの処理レベルを上げる方法

メイン画面から[オプション]→[セキュリティオプション]の順でクリックする。

図

初期設定では「低」に設定されているが、それを「高」にする。

迷惑メールフィルタの処理レベルを上げる方法

「セーフリスト」に登録する方法「セーフリスト」に登録する方法

[セキュリティオプション]画面から「差出人セーフリスト」
タブを表示し、[追加(D)…]ボタンをクリック。

表示されるダイアログに、対象とするメールアドレスを入力し[OK]をクッリクする。

図

メッセージを選択した状態で右クリックし、[迷惑メール]→[送信者を【差出人セーフリスト】に追加(S)]を選択しても登録できる。

「セーフリスト」に登録する方法

迷惑メールフィルタ機能の精度を高めるには迷惑メールフィルタ機能の精度を高めるには

「処理レベル」を「低」の状態に保ちながら、迷惑メールの処理精度をアップさせるためには、フィルタ機能の精度を高めることが前提になる。定期的に迷惑メールフォルダをチェックして、迷惑メールではないメールは、前出した「差出人セーフリスト」に追加し、また受信トレイの中に処理されずに残った迷惑メールは「受信拒否リスト」に登録する。やや手間はかかるが、繰り返し学習させることで、その精度は確実にアップしていくので、長い目で見るとこれが一番効果的だ。

迷惑メールフィルタ機能の精度を高める方法迷惑メールフィルタ機能の精度を高める方法

図

初期段階では「受信トレイ」の中に「迷惑メール」が残っていることがある。対象メールを指定し、右クリックし[迷惑メール]→[差出人を【受信拒否リスト】に追加(B)する]の順でクリックする。

迷惑メールフィルタ機能の精度を高める方法

迷惑メールフォルダに正規メールが紛れ込んでいる場合は、対象メールを指定し、右クリックし[迷惑メール]→[送信者を【差出人セーフリスト】に追加(S)]の順でクリックする。

迷惑メールフィルタ機能の精度を高める方法

[コラム]こんな迷惑メール対策もある!![コラム]こんな迷惑メール対策もある!!

図

今回は「Windows Live メール」での迷惑メール対策を解説したが、それ以外にも迷惑メール対策はまだ色々ある。「Windows Live メール」よりも使い慣れたOEの方がいいという人には、OEにインターフェースが近く、学習型迷惑メールフィルタ機能がある無料のメールソフト「Thunderbird」がオススメだ。

また、Googleが提供するWebメールサービスのGmailを利用するのもいい方法だ。Gmailには高度な迷惑メールフィルタ機能が搭載されており、しかも面倒な設定もなく「迷惑メール」フォルダに分類されたメールは、30日を経過すると自動的に削除される。

現在契約しているプロバイダにメール転送サービスがあれば、転送先にGmailを指定すれば、Gmailのフィルタリング機能をそのまま使える。GmailはWebメールサービスだから、インターネット環境があるところではいつでもメールをチェックできるので便利だ。

これらのソフトやサービスを併用することで、さらに効率的に迷惑メールの受信数を減らすことができるのでぜひ試してほしい。

テキスト/松野孝司

企業のITセキュリティ講座
画像を拡大する 画像を拡大する 迷惑メールフィルタの処理レベルを上げる方法 迷惑メールフィルタの処理レベルを上げる方法 画像を拡大する 迷惑メールフィルタの処理レベルを上げる方法 画像を拡大する 画像を拡大する 「セーフリスト」に登録する方法 「セーフリスト」に登録する方法 画像を拡大する 「セーフリスト」に登録する方法 画像を拡大する 画像を拡大する 迷惑メールフィルタ機能の精度を高める方法 迷惑メールフィルタ機能の精度を高める方法 画像を拡大する 画像を拡大する OEとインターフェースが似たメールソフト「Thunderbird」。Mozilla提供のフリーのメールソフトだ。 普段使用しているメールをGmailに転送すれば、Gmailが迷惑メールを自動的に処理してくれる。