【※再発生】【デバイスマネジメント】Apple Push証明書の新規登録/更新ができない事象について

障害
お知らせ管理番号:
0000002873
公開日:
2022年6月27日

本事象につきまして、7/4に再発生していることを確認しましたのでご連絡いたします。

該当のお客様におきましては、CSR証明書ファイルの拡張子を「signed_csr.txt」に変更の上、アップロードいただきます様よろしくお願いいたします。

------------------------------------------------------------------------------------------

Appleの対応により、ファイルの拡張子が「.dat」のままでも直接アップロードできる仕様に戻っております。

※拡張子が「.dat」のファイルアップロードにエラーとなる場合、キャッシュが残っている可能性がございます。ブラウザのキャッシュ削除を行うか、シークレットウィンドウでApple Push Certificates Portalにアクセスください。

------------------------------------------------------------------------------------------

お客様各位

平素は、たよれーる デバイスマネジメントサービスをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

Apple Push証明書の新規登録および更新ができない事象を確認しましたのでご報告いたします。
お客様にはご迷惑をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。

事象内容 Apple Push証明書の新規登録/更新において、「Apple Push Certificates Portal」画面にてCSRファイルをアップロードすると「Invalid file type」とエラーが表示され、アップロードできない
発生期間 2022年6月27日 ~ 2022年6月29日11時頃まで
影響範囲 Apple Push証明書の新規登録/更新が必要なお客様
※証明書が登録済みの状態であれば、通信、リモートワイプなどのたよれーるDMS上の動作に影響はありません。
発生手順 1.管理サイト サービス環境設定 > Apple Push証明書を開く
2.ダウンロードボタンより、署名済みの証明書要求(CSR)ファイルをダウンロードする
3.https://identity.apple.com/pushcert/を開き、ログインする
4.Apple Push Certificates Portal画面より、新規登録の場合は「Create a Certificate」を、更新の場合は「Renew」を押下する
5.ファイルを選択よりダウンロードしたCSRファイルをアップロードする
復旧方法 発生手順2.でダウンロードしたファイルの拡張子を、「signed_csr.dat」から「signed_csr.txt」もしくは「signed_csr.csr」に変更してApple Push Certificates Portal画面にてアップロードしてください。
※PC設定により、拡張子が非表示の場合は、拡張子を表示させてから変更をお願いいたします。