オンライン:AutoCAD/LT 2020 Stage3 活用編 (テレワーク対応) コース詳細

日数 1.0日
受講料 30,000円 (税別)
コースの目的 AutoCADでの表作成、使用頻度の高い図形の登録と利用、図面のリンク、さまざまなレイアウト図面の作成方法を習得します。
●到達目標
 ・AutoCADの表を活用してさまざまな表を作成できる。
 ・繰り返し使用する図形をブロック登録し、活用できる。
 ・図面のリンク機能を使用して、複数の図面がリンクした図面を作成できる。
 ・レイアウトの使い方を理解し、尺度が混在した図面を作成できる。
対象者・前提条件 ●対象:AutoCADをより活用し、効率よく図面作成する方法を習得したい方。
●前提:バージョン2018以降のAutoCAD または AutoCAD LT が起動可能なPCを用意できる方。
下記ページに記載の受講環境が用意できる方。
受講環境と注意事項はこちら
AutoCAD/LT 2020 Stage1 作図編、Stage2 設定編を修了した方、または同等のスキルをお持ちの方。
前提条件の確認はこちら
学習内容 1. 表(設定 / 作成)
2. ブロック(登録 / 配置 / 更新 / ダイナミックブロック / 属性情報の付加)
3. 外部参照(他図面とのリンク / 編集 / 管理)
4. レイアウト(尺度が混在したレイアウトの作成 / 連続印刷)
その他 ※本コースはWeb会議システムを用いた講習となります。お客様の環境によっては受講できない場合がございます。
※お申し込み後に受講可能な環境であるか確認させていただきます。
※「AutoCAD/LT 2020 Stage3 活用編」コースから一部カリキュラムを省略して進行します。
※本コースは、簡易的な演習を通して一般的に使用頻度の高い機能に絞った解説を行います。
※本コースは、AutoCADとAutoCAD LTの共通コースです。

コース選定に迷ったら

お申し込み・スケジュール確認はこちら