AutoCAD/LT 2017 Stage3 活用編  コース詳細

日数 1.0日
受講料 30,000円 (税別)
コースの目的 AutoCADでの表作成や活用、使用頻度の高い図形の登録(ブロック作成)と集計、ブロックへの情報付加、レイアウトでの異尺度混在図面等の作成方法を習得します。
●到達目標
 ・図面に部品表や建具表、表題欄などを作成できる。
 ・繰り返し使用する図形をブロック登録し、活用することができる。
 ・図面のリンク機能を使用し、効率的に図面を作成することができる。
 ・レイアウトの使い方(ビューポートの設定など)を理解し、異尺度が混在した図面を作成できる。
対象者・前提条件 ●対象:AutoCADをより活用し、効率よく図面作成する方法を習得したい方。
●前提:AutoCAD/LT 2017 Stage1 作図編、Stage2 設定編を修了した方、または同等のスキルをお持ちの方。
前提条件の確認はこちら
学習内容 1. 表
2. 部品(ブロック)の登録と活用
3. 外部参照
4. 図面レイアウトの作成
※都合により内容を変更する場合がありますのでご了承ください。
その他 ※このコースはお得なパック対象です。
  詳細は下記ページをご覧ください。
   セレクトパックはこちら

※実務での図面作成方法や効率化に繋がるテクニックを習得されたい方は、併せて「AutoCAD/LT Stage4 図面入力編<建設>」、または「AutoCAD/LT Stage4 図面入力編<製造>」コースのご受講をお勧めします。

コース選定に迷ったら

お申し込み・スケジュール確認はこちら