AutoCAD/LT 2019 Stage3 活用編 コース詳細

日数 1.0日
コースの目的 AutoCADでの表作成、使用頻度の高い図形の登録と利用、図面のリンク、さまざまなレイアウト図面の作成方法を習得します。
●到達目標
 ・AutoCADの機能やExcelの表を活用してさまざまな表を作成できる。
 ・繰り返し使用する図形をブロック登録し、活用できる。
 ・図面のリンク機能を使用して、複数の図面がリンクした図面を作成できる。
 ・レイアウトの使い方を理解し、尺度が混在した図面を作成できる。
対象者・前提条件 ●対象:AutoCADをより活用し、効率よく図面作成する方法を習得したい方。
●前提:AutoCAD/LT 2019 Stage1 作図編、Stage2 設定編を修了した方、または同等のスキルをお持ちの方。
前提条件の確認はこちら
学習内容 1. 表(設定 / 作成 / Excelの表の貼り付け)
2. ブロック(登録 / 配置 / 更新 / ダイナミックブロック / 属性情報の付加)
3. 外部参照(他図面とのリンク / 編集 / 管理)
4. レイアウト(尺度が混在したレイアウトの作成 / 連続印刷)

コース詳細動画はこちら(CAD Japan.com)
その他 ※本コースは、AutoCADとAutoCAD LTの共通コースです。
※企業様単位での開催となります。詳細はお問い合わせください。

お問い合わせはこちら