i-Construction対応版 Civil 3D 基礎 コース詳細

日数 2.0日
コースの目的 Civil 3Dの基本操作に加え、i-Construction対応に向けたReCapでの点群編集、Civil 3Dでの点群データ活用の一連の流れを習得します。
●到達目標
 ・3次元の現況地形(サーフェス)や計画道路モデルが作成できる。
 ・平面線形や縦横断図などの2次元図面を作成し、3次元モデルとのデータ連携による更新ができる。
 ・点群データ読み込みやサーフェス作成、i-Constructionの出来形管理への活用方法を理解する。
対象者・前提条件 ●対象:AutoCAD Civil 3Dを初めて使用する方で、一連の基本操作を覚えたい方。
●前提:AutoCAD/LT Stage1 作図編、Stage2 設定編、Stage3 活用編あるいはAutoCAD/LT 速習フル<3日間>を修了した方、または同等のスキルをお持ちの方。
前提条件の確認はこちら
学習内容 1. 地形モデル(サーフェス)作成
2. 3次元計画モデル作成(平面線形、縦横断図、コリドー)
3. UAV写真からの点群データ生成
4. ReCap点群からの地形サーフェス作成と土量計算
5. UAVを用いた出来形管理要領(土工編)に準拠した出来形管理
※都合により内容を変更する場合がありますのでご了承ください。
その他 ※企業様単位での開催となります。詳細はお問い合わせください。

お問い合わせはこちら