Civil 3D 基礎  コース詳細

日数 2.0日
受講料 80,000円 (税別)
コースの目的 3次元土木設計の手法を理解し、Autodesk Civil 3Dの一連の基本操作を習得します。
●到達目標
 ・3次元の現況地形(サーフェス)や計画道路モデルが作成できる。
 ・グレーディング機能による法面作成や土量算定ができる。
 ・平面線形や縦横断図などの2次元図面を作成し、3次元モデルとのデータ連携による更新ができる。
対象者・前提条件 ●対象者:Autodesk Civil 3Dを初めて使用する方で、一連の基本操作を覚えたい方。
●前提条件:AutoCAD/LT Stage1 作図編、Stage2 設定編、Stage3 活用編あるいはAutoCAD/LT 速習フル<3日間>を修了した方、または同等のスキルをお持ちの方。
前提条件の確認はこちら
学習内容 1. 地形サーフェスの基本操作
(等高線やポイントから作成、サーフェスの表示変更、土量算定)
2. 地形サーフェスの編集操作
(2次元図面の利用、計画線、境界、ブレークライン、基盤地図情報の活用)
3. グレーディング(造成)
4. 平面線形
5. 縦断図
6. アセンブリ(標準横断)とコリドーモデル
7. 横断図
※都合により内容を変更する場合がありますのでご了承ください。
コース詳細動画はこちら(CAD Japan.com)
その他 ※このコースはお得なパック対象です。
  詳細は下記ページをご覧ください。
   バリューパックはこちら

※土木知識(用語)に関する説明は含まれておりません。Autodesk Civil 3Dの機能を学習するコースです。
※Autodesk Civil 3Dをご利用いただくにはAutoCADの前提知識が必要となります。AutoCADの操作に不安がある方は、事前にAutoCADの基本操作コースのご受講をお勧めします。

AutoCADコース コース一覧の確認はこちら

Autodesk Civil 3Dコースのお申し込み・スケジュール確認はこちら