公差設計の理論と活用  コース詳細

日数 2.0日
受講料 50,000円 (税別)
コースの目的 公差設計・解析の理論を基礎から習得し、3次元公差解析ソフト「TolAnalyst」を利用して3次元公差設計の有効性を確認していただきます。
●到達目標
 ・公差計算理論と判断基準を有して、正しい設計ができる。
 ・従来公差設計を実施していない会社には、大きなコストメリットを得ることができる。
 ・設計品質問題を理論的に未然に解決できる。
 ・他者の設計に対して、正しい評価ができる。(検図)
対象者・前提条件 ●対象:
 ・公差設計理論を、手計算ベースで基礎から学びたい方。
 ・公差解析ソフトの導入効果が得られていない企業の方。
 ・公差設計・解析の取組みを検討中、または運用中の企業の方。
 ・SOLIDWORKSアドインツールの3次元公差解析ソフト「TolAnalyst」を使って公差解析を行いたい方。
学習内容 1. 公差解析概要
・公差設計、解析の必要性
・公差とは
・公差解析のメリット
・公差設計の最新動向と成果例
2. 公差解析理論
・公差解析概論
・工程能力指数
・規準化
3. 公差解析演習
・演習問題
・グループ実習
4. 3次元公差解析ソフトの活用
・TolAnalyst、DimXpertの使い方
・TolAnalystを使用した実機演習
※都合により内容を変更する場合がありますのでご了承ください。
その他 ※関数電卓(√計算が可能なもの)と筆記用具をご持参ください。
※SOLIDWORKSやCAD未経験の方でもご受講いただけます。

お申し込み・スケジュール確認はこちら