Inventor 2010 チューブ&パイプデザイン コース詳細

日数 2.0日
コースの目的 Autodesk Inventorにおけるリジットパイプ、ベンド チューブ、フレキシブル ホース、配管図面を作成するための基本的な概念と推奨のワークフローを学習します。
●到達目標
 ・パイプ、チューブ、ホースの作成と編集ができる。
 ・カップリングやユニオンのような継手を配置し、他のモデルや導管に接続できる。
 ・コンテンツセンターに継手や導管を追加や編集ができる。
 ・作成したチューブ&パイプ アセンブリを図面化できる。
対象者・前提条件 ●対象:チューブ&パイプ機能を有するAutodesk Inventorを導入済み、もしくは導入予定の方。
●前提:Inventor Stage2 活用編を修了した方、または同等のスキルをお持ちの方。
学習内容 1. チューブ&パイプの概要
2. ルートと配管を作成するためのセットアップ
3. ルートと配管
4. 継手とコンポーネント
5. チューブ&パイプ アセンブリのドキュメント化
その他 ※企業様単位での開催となります。詳細はお問い合わせください。

お問い合わせはこちら