Revit 設備基礎 コース詳細

日数 2.0日
コースの目的 Autodesk Revitを使用して、RevitMEP機能の基本的なスキルを習得します。
●到達目標
 ・Autodesk RevitのMEP機能の基本操作を理解する。
 ・演習課題を通して、設備設計に活用できるスキルを身につける。
対象者・前提条件 ●対象:Autodesk RevitのMEP機能を初めて使用する方、または基本操作を習得したい方。
Autodesk Revitを使用して設備設計を行う方。
●前提:Windowsの基本操作(マウス操作やキーボード入力)ができる方。
学習内容 1日目にRevitの基本操作、2日目にMEP機能の基本的な技術を学んでいただきます。
2日目の講習では、空調設備、給排水設備、電気設備、設備ファミリ作成の4項目から2項目を選んで学んでいただけます。
<空調設備>
  1.冷暖房負荷計算の算出
  2.空調の機器を配置
  3.ダクトのルーティング、モデリング
  4.系統システム化
  5.集計表の作成
  6.空調の流れ・風量をチェック
  7.簡易図化
<給排水設備>
  1.給排水衛生機器の機器を配置
  2.系統システム化
  3.水の流れ・流量をチェック
  4.簡易図化
<電気設備>
  1.集計表の作成
  2.電気機器の配置
  3.回路負荷、配線サイズを確認、平衡化
  4.パネル集計レポートの表示
  5.タグの配置
  6.簡易図化
<設備ファミリ作成>
  1.ファミリの概念
  2.3D形状を作成
  3.共有パラメータの設定
  4.2D図面を活用
  5.設備用接続情報の追加
※都合により内容を変更する場合がありますのでご了承ください。
その他 ※Autodesk Revitの経験者の方は、2日目のMEP機能講習のみを受講いただく事も可能です。
※企業様単位での開催となります。詳細はお問い合わせください。

お問い合わせはこちら