SOLIDWORKS 意匠設計  コース詳細

日数 3.0日
受講料 150,000円 (税別)
コースの目的 「SOLIDWORKS パーツ応用」および「SOLIDWORKS サーフェス」の各コースから、意匠設計に関する主要機能を抜粋し、短期間で習得します。
●到達目標
 ・マルチボディ、スイープ、カーブ、ロフトの基本とオプションの使い方を理解し、高度で良質な部品を作成できる。
 ・ソリッドとサーフェスの違いを理解し、自由曲面を多用したモデリングができる。
 ・インポートしたデータの診断、修正、編集(面の貼り直し)を行うことができる。
対象者・前提条件 ●対象:自由曲面を多用する、高度なパーツモデリング操作を学びたい方。コンシューマ製品、医療機器の設計に携わる方。
●前提:SOLIDWORKS 基礎 を修了した方、または同等のスキルをお持ちの方。
※講習内容をより深くご理解いただくために、基礎コース受講から2週間程度の復習期間を設けてからの受講をお勧めいたします。
前提条件の確認はこちら
学習内容 1. マルチボディデザインテクニック
2. ソリッドボディの保存
3. スプラインによるスケッチの作成
4. スイープの概要
5. 3Dスケッチとカーブフィーチャー
6. ロフトフィーチャ―と境界フィーチャーの概要
7. 高度なロフトと境界フィーチャー
8. フィレットの詳細設定とその他のフィーチャー
9. サーフェスの理解
10. サーフェシングの概要
11. ソリッドとサーフェスのハイブリッドモデリング
12. インポートしたジオメトリの修復と編集
13. ブレンドとパッチ
14. 高度なサーフェスモデリング
※都合により内容を変更する場合がありますのでご了承ください。
コース詳細動画はこちら(CAD Japan.com)
その他 ※「SOLIDWORKS パーツ応用」コースと「SOLIDWORKS サーフェス」コースのカリキュラムを基に、主要箇所を抜粋して解説いたします。関連機能をより広く習得されたい方は、単独開催しているコースのご受講をお勧めいたします。
※実施バージョンはそれぞれパーツ応用は2018、サーフェスは2019となります。

お申し込み・スケジュール確認はこちら
コース一覧の確認はこちら