SOLIDWORKS 機械設計  コース詳細

日数 3.0日
受講料 150,000円 (税別)
コースの目的 「SOLIDWORKS パーツ応用」および「SOLIDWORKS アセンブリ」の各コースから、機械設計に関する主要機能を抜粋し、短期間で習得します。
●到達目標
 ・マルチボディ、スイープ、カーブ、ロフトの基本を理解し、高度な部品を作成できる。
 ・トップダウンアセンブリモデリングおよびレイアウトベースのアセンブリモデリングを理解し、構想設計に役立てることができる。
 ・アセンブリ特有のエラー修復、構成部品のミラー、大規模アセンブリのパフォーマンスを向上させることができる。
対象者・前提条件 ●対象:機械設計、構想設計に携わる方。スイープ、ロフトの基本を習得したい方。
●前提:SOLIDWORKS 基礎 を修了した方、または同等のスキルをお持ちの方。
※講習内容をより深くご理解いただくために、基礎コース受講から2週間程度の復習期間を設けてからの受講をお勧めいたします。
前提条件の確認はこちら
学習内容 1. マルチボディデザインテクニック
2. スイープの概要
3. 3Dスケッチとカーブフィーチャー
4. ロフトフィーチャ―と境界フィーチャーの概要
5. 高度なロフトと境界フィーチャー
6. 高度な合致手法
7. トップダウンアセンブリモデリング
8. アセンブリフィーチャー、スマートファスナー、スマート構成部品
9. アセンブリの編集
10. アセンブリでのコンフィギュレーションの使用
11. 表示状態と外観
12. 大規模アセンブリ
13. 設備のレイアウト
※都合により内容を変更する場合がありますのでご了承ください。
コース詳細動画はこちら(CAD Japan.com)
その他 ※「SOLIDWORKS パーツ応用」コースと「SOLIDWORKS アセンブリ」コースのカリキュラムを基に、主要箇所を抜粋して解説いたします。関連機能をより広く習得されたい方は、単独開催しているコースのご受講をお勧めいたします。
※サーフェス作成は本コースに含まれておりません。
※データ管理手法は「SOLIDWORKS活用講座 ファイル管理編」コースでご紹介しております。
※実施バージョンはそれぞれパーツ応用は2018、アセンブリは2019となります。

お申し込み・スケジュール確認はこちら
コース一覧の確認はこちら