Lotus Domino 8 アプリケーション開発:Webアプリケーションの開発 コース詳細

日数 2.0日
コースの目的 学習者がこのコースを修了した時点で、次のことができることを目標とします。
Lotus Domino Designer 8 を利用して、動的なWebアプリケーションを開発する手法を習得する。
 ・ Webに対応したLotus Dominoアプリケーションを設計、開発する際の基礎知識を習得する。
 ・ Lotus Dominoのフィールドおよびページレイアウトの設計要素をWebページで効率よく使用する方法を習得する。
 ・ JavaScriptとJavaのプログラミング機能を適用する方法を習得する。
 ・ Lotus Domino Web環境におけるセキュリティをアプリケーションに適用する   方法を習得する。
対象者・前提条件 ●対象:Lotus Domino Designer 8 を利用してWebアプリケーションを開発および設計する開発者
●前提:以下のコースのいづれかを受講済みか同等の知識を有すること。
 ・「Lotus Domino 8 アプリケーション開発:ファウンデーション・スキル」
 ・「Lotus Domino 7 アプリケーション開発:ファウンデーション・スキル」
 ・「Lotus Domino 6 アプリケーション開発1:ファウンデーション・スキル」
学習内容 1. Web用のフォームを作成する
 ・ Lotus Dominoのフォームを調査する
 ・ リンクの作成
 ・ Lotus DominoフィールドのINPUT TAGのカスタマイズ
 ・ Web上でのLotus Dominoフィールド活用
2. Webページのカスタマイズ
 ・ カスケーディングスタイルシートを使用する
 ・ Web上でのビュー設計
 ・ 表示用ビューの制御
 ・ ターゲットフレームの活用
3. フォームでJavaScriptを利用する
 ・ JavaScriptの展開
 ・ JavaScriptによるデータ検証
4. Webサイト機能のカスタマイズ
 ・ Webサイトでのエージェントの使用
 ・ ユーザー情報の保持
 ・ WebサイトでJavaを使用する
5. Webアプリケーションのセキュリティ
 ・ Webサイトへのアクセスについて
 ・ Webアプリケーションのアクセス制御
その他 ・コースの内容は、「Lotus Domino 6 アプリケーション開発:ダイナミックWebアプリケーション開発」、「Lotus Domino 7 アプリケーション開発:ダイナミックWebアプリケーション開発」と同一のものです。
・コース内容は予定であり、変更になることがあります。
開催会場について
このコースは臨時で水道橋会場以外で実施する場合があります。
水道橋会場以外はオプション会場となりますので、不定期開催になります。公開されている日程以外についてはお問い合わせください。