啓発担当者のための、今、知っておくべき情報セキュリティ《オンライン》 コース詳細

日数 0.5日
受講料 20,000円 (税別)
コースの目的 担当者として就労者に周知させるべき情報セキュリティ対策を、自身も理解すると共に、就労者に伝えるべきポイントを認識する。
対象者・前提条件 ●対象:IT担当者、セキュリティ担当者、情報システム部門
●前提:Windowsなど、OSの日常利用ができる
学習内容 (1)事例紹介
不審なメールの見分け方、不正プログラム、情報漏洩、SNSなど
(2)具体的な対応
・IDとパスワードの管理
・不正プログラムへの対策
・アップデート
・情報の適切な取り扱い
・SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)
・スマートデバイス
・情報倫理
・内部統制
・体制と緊急時対応
※ 学習内容は時期によって異なることがあります。
その他 ■受講に必要な機材
・インターネットに接続できるPCをご用意ください。(Webカメラ付き推奨)
■推奨環境
・マイク、Webカメラ
  マイクが利用いただける場合は、研修中のご質問に関しては音声で行っていただけます。マイクやWebカメラがない場合でも、チャットでのご質問を受けることができます。
・ヘッドセット
 PCのスピーカーで聞き取りずらい場合はヘッドセットやイヤホン、スピーカーなどをご用意ください。
・受講環境
 研修に集中できる受講環境をご用意ください。
■その他
・テキストは使用しません。
・開催時間 14:00~16:30
 ・1回の所要時間は2.5時間です。
・高度な技術対策ではなく、日常運用の注意点を管理者視点で学ぶコースです。
 PPT投影を中心に、必要に応じて講師デモなどをまじえて説明いたします。
 その時期にあった直近の事例を中心にご紹介しながら、現状や脅威を認識し、どこに注意すればよいのかを意識してもらいます。職場ではカバーしきれない自宅などプライベートでの内容も多く含むことでより強く意識付けを促します。