【注意喚起】コンピュータウイルス[EMOTET]のお問い合わせが増えています

連絡
お知らせ管理番号:
0000001548
公開日:
2022年3月28日

お客様各位
 

日頃より弊社サービスをご利用くださり、誠にありがとうございます。

現在、たよれーるコンタクトセンターでは、EMOTETのコンピュータウイルスに関するお問い合わせを多くいただいています。

よくあるお問い合わせを下記FAQにまとめていますのでご確認ください。
Emotet(エモテット)に関するよくあるお問い合わせ ~メールに添付された不審なファイルを開いてしまった~

最近の不審メールの傾向として、添付ファイル名が下記でメール本文にパスワードが記載されています。
<不審メールに添付されているファイル名>
  2022-02-04_xxxx.zip
  ※ファイル名の日付は変化します。xxxxは任意の数字が入ります。

本ウイルスは、取引先や知り合いとのメールの返信を装って、感染源となるOfficeファイルを添付しているのが特徴です。

感染すると、メールアカウントやパスワード、アドレス帳データ等が搾取されるだけでなく、搾取された情報を悪用してさらに感染を拡大するメールが送信される可能性があります。少しでも疑わしいと感じた場合、メールの添付ファイルを開かないようにしてください。

信頼できないメールに添付されたWord文書やExcelファイルを開いた時に、マクロやセキュリティに関する警告が表示された場合、「マクロを有効にする」「コンテンツの有効化」というボタンはにクリックしないでください。


EMOTETの詳細や、感染が疑われる場合の確認方法は 下記情報の確認をお願いいたします。 

●マルウエアEmotetへの対応FAQ(JPCERT/CC)

 https://blogs.jpcert.or.jp/ja/2019/12/emotetfaq.html
 

●EMOTETへの感染が疑われる場合の確認方法

疑わしい添付ファイルを誤って開いてしまった場合、上記サイトの「2. Emotet の感染有無を確認するためにはどうすればよいですか?」で記載されている「EmoCheck」というツール※1を利用してEMOTETに感染したかどうかを確認することができます。「EmoCheck」の実行と併せて、コンピュータにインストールされているウイルス対策ソフトで、ウィルスチェックの実行をお願い致します。
Emotetに感染した場合の対処は、上記サイトの「4. Emotet の感染を確認した場合どのように対処すればよいですか?」に記載されているように、感染した端末の初期化になります。

※1「EmoCheck」の実行方法は、警視庁のサイトでも公開されています。
   EmoCheckの使い方の手引き(PDF形式:805KB)

●FAQ

[ウイルス情報] EMOTET(エモテット)について

マルウェアEmotetの感染再拡大に関する注意喚起(JPCERT/CC)

●ウイルスに感染しないために

受信したメールを確認する際は、下記の点にくれぐれもご注意ください
1.zipファイルが添付されているときは慎重に
 ※メール本文にパスワードが記載されている場合は特に注意
2.添付されたファイルがWordやExcelの場合、「コンテンツの有効化」「編集を有効にする」
 「マクロを有効にする」をすぐにクリックしない
3.メール本文のURLをすぐにクリックしない


たよれーるコンタクトセンター

追記(2022/3/28 10:30)
下記リンクを追加。
Emotet(エモテット)に関するよくあるお問い合わせ ~メールに添付された不審なファイルを開いてしまった~