【デバイスマネジメント】一部iOSアプリにおいて、管理配布によるアプリケーション配信後、端末がiOS14.2の場合に配布されたアプリケーションが起動できない事象について

障害
お知らせ管理番号:
0000001958
公開日:
2020年11月20日

下記情報を更新しましたのでご連絡いたします。

 

■事象

・対象OSがiOS 14.2であること

・COCOAなどのXamarinというツールを利用して制作したアプリを端末へ管理配布し、インストールが実施された後に該当アプリを起動すると、該当アプリが起動できずにホーム画面へ戻ります。

 

■原因

 AppleがiOSのバージョンアップにより挙動を変えたことにより発生しております。

 

■対応状況

 OSとしての対応予定の有無は現状未定であり、回避策としてXamarin側に手を入れて解決する方法が提示されています。アプリ開発者側が下記で提示された改修を行うことで復旧することが確認されています。※アプリ開発者向けに、Appleからも以下の対応策を通知しているとのことです。

https://github.com/xamarin/xamarin-macios/issues/10086#issuecomment-738237870

 

 本事象につきましては、MDM側に起因する問題ではないため、対処方法をご案内することが難しい状況ではございますが、弊社からご案内できる情報が確認された場合は、改めてご報告いたします。

-------------------------------------------------------------------------------------------

お客様各位

平素は、たよれーる デバイスマネジメントサービスをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

一部のiOSアプリにおいて、管理配布によるアプリケーションの配信後、対象の端末がiOS14.2の場合に配布されたアプリケーションが正常起動できない事象が発生しております。

また、本事象の原因、対処法については調査中です。
お客様にはご迷惑をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。

事象 iOS14.2の端末に対して管理配布されたCOCOAにて事象発生を確認しました。なお、他のアプリケーションでの発生有無については調査中です。
※管理配布とは、以下のいずれかの方法でアプリケーション配信することを指します。
・アプリケーション配信で「管理」のチェックを有効にしている場合
・VPPライセンスを付与してアプリケーションを配信している場合
影響範囲 管理配布された「新型コロナウイルス接触確認アプリCOCOA」
原因 調査中
対応状況 Apple 問い合わせ中
回避手順 App Storeから、ユーザー自身で対象のアプリをインストールしていただくことで、起動することを確認しています。