SOLIDWORKS Routing Piping and Tubing コース詳細

日数 2.0日
コースの目的 SOLIDWORKS Routing を使用して、チューブ、配管のルートシステムを作成する方法を習得します。
●到達目標
 ・SOLIDWORKS Routingの基本やルーティングファイルの位置と設定を理解する。
 ・配管ルート、管継手、チューブのルート、配管部品(エルボ、バルブなど)を追加できる。
 ・P&IDファイルをインポートし、ルートを構築するためのガイドとして使用できる。
対象者・前提条件 ●対象:チューブ、配管ルートの設計を行われている方。
●前提:SOLIDWORKS 基礎 を修了した方、または同等のスキルをお持ちの方。
※講習内容をより深くご理解いただくために、前提コース受講から2週間程度の復習期間を設けてからの受講をお勧めいたします。
前提条件の確認はこちら
学習内容 1. ルーティングの基礎
2. 配管のルート
3. 配管継手
4. チューブのルート
5. 配管とチューブの変更
6. ルーティング構成部品の作成
7. P&IDファイルの使用
8. 電線ダクト、ケーブルトレイ、HVACルート
9. 配管スキッド
10.SOLIDWORKS Contentの使用
※都合により内容を変更する場合がありますのでご了承ください。
その他 ※実施バージョンについては、別途お問い合わせください。実施バージョンによって、日数や金額、学習項目が異なる場合があります。
※企業様単位での開催となります。詳細はお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
コース一覧の確認はこちら