2021年11月

仕事効率を上げるパソコン手帖

WebブラウザーでPDFを手軽に編集できる「Acrobat web」を使いこなす

ライター/芝田隆広

「Acrobat web」はWebブラウザーで利用できるPDF編集ツールだ。無料で利用できるので「ちょっとだけPDFの加工や編集をしたい」「本格的なツールを購入するほどではない」といった場合にピッタリだ。今回はそんな「Acrobat web」の使い方について解説していく。

1. 無料で使える! WebベースのPDF変換/編集ツール「Acrobat web」

ビジネスで何かと利用することが多いPDF。内容を閲覧するだけなら無料の「Adobe Acrobat Reader」を使えばいいが、PDFの加工や編集を行うとなると通常は「Adobe Acrobat DC」が必要となる。

とはいえさほど本格的な作業をするわけでもなく、「ちょっとだけ編集したい」といった場面であれば、「Acrobat DC」を購入しなくても解決する手はある。それが2021年2月にAdobeが公開した無料のWebサービス「Acrobat web」だ。

「Acrobat web」は、Webブラウザーから利用できるPDF加工・編集用のサービスで、PDFの簡単な編集、Word/Excelなどほか形式のファイルをPDF形式に変換、PDF内のページ削除・並び替えなどなど、さまざまな作業を行うことができるツールが用意されている。しかもこれらのツールは、全て無料で利用可能だ。

「Acrobat web」はAdobe公式のPDF加工・編集用のサービス。無料で利用することができる

Adobe「【無料】PDFのオンラインツール」

例えば、出張先やテレワーク時など、オフィスのメインPC以外でちょっとだけPDFを編集したいといったときなどに非常に重宝する。またWebブラウザーから簡単に使えるので、本連載で2021年9月に紹介したChromebookでも、アプリのインストールなしでちょっとした編集作業を行うことが可能だ。

激安ノートパソコン「Chromebook」はビジネスで使えるか!?

目次へ戻る

2. Acrobat webの利用方法

「Acrobat web」を利用するには、まずWebブラウザーで「Acrobat Web」のWebサイト(https://www.adobe.com/jp/acrobat/online.html)を開く。サイトの上部にはログインボタンが並べられているが、一番下までスクロールすると「Acrobatオンラインツールを試す」という項目があるので、そこから利用したいツールを選択する。

「Acrobat web」のサイトの一番下に「Acrobatオンラインツールを試す」という箇所に、利用できる無料ツールの一覧が表示されている。ここで行いたい作業をクリックする

ここでは試しに「PDFに変換」を利用してみる。使い方は非常に簡単だ。PDF形式に変換したいWord、Excel、PowerPoint、もしくは画像ファイルをドラッグ&ドロップし、後は画面の指示に従って変換済みファイルをWebからダウンロードするだけだ。

「PDFに変換」を選択すると、このような画面が表示されるので、PDFに変換したいファイルをドラッグ&ドロップするか、「ファイルを選択」をクリックして指定する

ファイルの変換が行われ、PDFファイルが出来上がる。「ダウンロード」ボタンをクリックすれば、変換済みファイルをパソコンにダウンロードできる

「PDFを編集」では、PDFファイルに注釈やハイライト(マーカー)を入れたりすることが可能だ。こちらの場合は、ファイルをドラッグ&ドロップした後、Adobe・Google・AppleのIDのいずれかでログインを行うことで編集が可能となる。編集が済んだら、ダウンロードして自分のパソコンに書き戻せばよい。

「PDFを編集」など、一部の作業では、AdobeのIDもしくはGoogle・Appleのアカウントでのログインを求められる。Googleなどのアカウントを持っていればそれを利用するとよいだろう

「PDFを編集」では、PDFファイルに注釈を入れたり、テキストにハイライト(マーカー)を入れたりすることが可能だ

このほかにも、複数のPDFファイルを結合して1ファイルにしたり、PDFファイルを圧縮してファイルサイズを小さくしたり、PDFに署名を入れたりといった各種作業を、全てWebブラウザー上で行うことが可能だ。

目次へ戻る

3. 無料ながら十分な機能。本格的な作業をするなら製品を購入しよう

ここまで見てきたとおり、できることは簡易な作業に限られるものの、用途によっては十分に役に立つサービスだといえる。

ただし、PDF内の文章を直接編集・修正するといったことまではできない。もちろん「Acrobat web」を使ってPDFをいったんWordファイルなどに書き出して、Microsoft Officeで編集を行い、再度「Acrobat web」でPDFに変換しなおす……といったことはできるが、さすがにちょっと面倒だ。

また、各種セキュリティ関連機能など、本格的な作業を行うには「Acrobat web」だけではやはり力不足といえる。よりPDFを本格的に編集・活用したい場合は、製品版である「Adobe Acrobat DC」の導入を検討してほしい。

大塚商会「Adobe Acrobat(アドビ・アクロバット)」

PDF電子文書作成の通販(オフィス用品の通販サイト「たのめーる」が開きます)

目次へ戻る