2019年 6月10日公開

読んで役立つ記事・コラム

【アーカイブ記事】以下の内容は公開日時点のものです。
最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

Excelの大きな表は見出しを固定して快適編集

執筆:できるネット

スクロールしても見出しが隠れない「ウィンドウ枠の固定」を活用する。
大きな表を編集していると、先頭にある見出しが画面外に隠れてしまうことがあります。そのようなときは、見出し部分が常に表示されるように固定する「ウィンドウ枠の固定」機能を使って、見やすくしましょう。

【お知らせ】がんばる企業応援マガジン最新記事のご紹介

1. 見出しが見えなくなってしまうと編集が大変!

たくさんのデータがある、1画面に収まらないような大きな表を、そのままで編集するのは大変です。例えば社員名簿に1行ずつデータを入力していくと、次第に行数が増えて、途中から見出し行が見えなくなってしまいます。また、表が横に長い(列が多い、列の幅が広い)場合は、先頭の列が見えなくなることもあります。

このままでは非常に不便です。表をスクロールしても見出し行や先頭の列がいつも表示されるようにして、編集しやすい状態にしましょう。

大きな表をスクロールすると見出しが消えてしまう

今回は、このような社員名簿を編集する場合を考えます。

編集するために表をスクロールすると、このように見出し行や先頭の列が見えなくなり、何の項目のデータか、誰のデータかが分からなくなってしまうことがあります。

このような場合に役立つのが、ウィンドウ枠の固定機能です。表の中で見出しに相当する行や列、または行と列の両方を固定してスクロールしないようにし、どれだけ大きな表でも常に見出しや先頭の項目が表示されるようにします。

ウィンドウ枠の固定機能は3種類あり、使いこなすには少しコツがいります。まずは簡単なものから、使い方を見ていきましょう。